56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

◆5番(福原敏弘君) 農林業センサスによりますと、鯖江が805人の従事者ということで、平均年齢はちょっと驚いたんですけど69.3歳ということで、農業って非常に重労働なわけなので、昔で言えば3Kに入るような仕事なんですけど、その中でやはり若い方々が就農していただくとなると、もう少し近代化していくか、働き方改革ではないんですけど、仕事量が近代化して軽量になる必要性があるわけなんですけど、今の部長が言われると

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

明治以降、近代日本士農工商身分差別が取り払われ、四民平等は高らかにうたわれましたが、男女平等は言われることなく、資本主義の利潤追求至上の世界が長く続きました。  1946年に、新しい憲法のもと女性参加選挙が行われ、その翌年には、参議院選挙で福井から奥むめお先生を初め、全国で10人の女性議員に当選されました。私も奥むめおさんの著書はバイブルにしております。

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

ものづくり、要するにめがねに限らず、いろいろな丹南地域の和紙も含めて、打ち刃物も含めて、本当に近代的なものづくりじゃなくても、昔から脈々と続いている、こういう伝統産業育成し、後継者を設けることが将来の地域の力というものが、一気にがんと落ちることなく、ぐっと成長することもあり得るというようなことを聞かせていただいたわけでございます。  

鯖江市議会 2015-09-14 平成27年 9月第402回定例会−09月14日-02号

また、大きな特徴は、近代化によって失われつつある伝統的な農村の共同活動や、直接的な稼ぎにはならない農耕と暮らしを成り立たせる仕事などが盛り込まれている。農業は、消費者食料供給するのみならず、水、緑、環境の維持や地域の再生を図る上でも、極めて重要だと思います。  そこで、多面的機能支払の現在の取組状況について、お伺いをいたします。 ○議長(末本幸夫君) 牧野市長。

鯖江市議会 2014-06-12 平成26年 6月第396回定例会−06月12日-02号

これは近代国家をつくっていこう。そして第二次世界大戦の敗戦。終戦からこの復興を目指そう。成長戦略と今言われておりますが、高度成長期の願望によって都市計画をつくっていこう。そしてもう一つは、昭和の中期から後期におきまして、安定的な経済情勢の中においての都市計画をつくっていこう。つまりバブル景気のときでございます。そして今度は一転いたしまして、平成の不況におきまして、平成の不況時における都市計画

鯖江市議会 2010-03-09 平成22年 3月第376回定例会−03月09日-02号

また、近代化された農法の普及や基盤整備により、自然環境が大きな影響を受ける中で、農地環境保全向上対策などの取り組みが進められており、望ましい環境像は、人と生き物が仲よく暮らせるまち、これが鯖江市の目指すものであり、物の豊かさから、心の豊かさを求めていくことへの価値観の転換を図ることが必要であると書かれてあります。

鯖江市議会 2005-03-15 平成17年 3月第350回定例会−03月15日-02号

そして、1872年の学制発布によって近代教育制度が整備をされ現在に至っています。以来、一貫して教育は「先生」という教え手と学校の「教室」という場を舞台に展開をされてきました。  今や、デジタルインターネットの時代になり、政府は、2001年に「e−japan戦略」を開始、2005年を目標年に世界最先端のIT国家実現を目指し、重点計画を毎年改定をしIT化に取り組んでおります。

鯖江市議会 2002-12-11 平成14年12月第331回定例会−12月11日-02号

また、中小企業者の方々が経営の安定と近代化を図るための相談業務等をする場合にもこの経営改善計画等相談事業にも商工会議所等にも補助を行っているところでございます。  以上に加えまして、今年度はさらに総合的な面での施策、または現状の打開をするために、眼鏡と漆器業界におきましては、今、ビジョンの策定をお願いしているところでございます。

鯖江市議会 2000-12-05 平成12年12月第320回定例会−12月05日-01号

トマト、そしてまたキュウリ、パプリカ、レタスなどが温室栽培によって年中栽培しており、家族経営主体ながらも日本の経営とは比較にならないほどの大規模で近代的な生産現場となっておりました。さらには、環境汚染にも厳しい規制がございまして、農薬肥料、廃水処理などの技術に学ぶべき事項が非常に多く、国を挙げて環境保全型農業に取り組む姿勢は、今後の鯖江型農業の目指すべき指標となるものでございました。  

鯖江市議会 2000-06-06 平成12年 6月第317回定例会−06月06日-01号

日本人明治の富国強兵以来、国民であったけれども住民ではなかった」と嘆いた言葉がありますが、このことは、国家を支える体制は整ったけれども、地域責任を持つ担い手が十分育たなかったことに近代日本の病理を見ていたと言われております。  変革の時代となっている今日、行政みずからが問題を提案し事業を推進するという時代は終わったと思われます。

鯖江市議会 1998-09-25 平成10年 9月第309回定例会−09月25日-03号

それともう一つは、ついせんだっての議会の中で採択をされました、いわゆる議会の要望決議、この中にも既に国立病院の欠陥としていろいろな機能であるとか、近代的な医療機器であるとか、そういうものが未整備で推移されてきておると、そのことを大きな要因として、いわゆる移譲を受け入れるということになっているわけです。

鯖江市議会 1998-06-30 平成10年 6月第307回定例会−06月30日-02号

また、診療機器という点から申しましても、ほとんど民間病院ならば置いてあるような近代的な医療設備、こういうものも必要最低限の予算化というものがなされてきませんでした。近年では、こうした政策が立ち枯れ政策だと、立ったまま枯れさせる、こういう政策だと特徴づけられるような意図的な予算措置あるいは人事管理、こういうものがやられてきたわけであります。

鯖江市議会 1997-09-02 平成 9年 9月第303回定例会−09月02日-01号

この(仮称)鯖江市文化の館が広く市民に親しまれ、多種多様な生涯学習の支援と近代的な映像メディア設備を利用したハイビジョン映像の観賞や市民芸術の発表など、小回りのきく文化振興施設として大いにご利用いただけるようソフト事業にも鋭意努力してまいりたいと考えておりますので、議員各位の格別のご支援を賜りたいと存じます。  

鯖江市議会 1997-03-19 平成 9年 3月第300回定例会−03月19日-04号

葬斎場の整備に係る補助制度等の創設に関する意見書  近年においては、地域住民から人生最後にふさわしく、やすらぎと尊厳性を備え、これまでの暗いイメージを一掃し、周辺の環境や修景も配慮した近代的な葬斎場が強く求められている。  このためには、用地の確保とともに膨大な経費を必要とし、さらにその管理運営費にも大きな負担を余儀なくされ、これが実現を困難にしているのが実情である。