3602件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2021-03-24 03月24日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

任命について    第5.議案第49号 農業委員会委員任命について    第6.議案第50号 農業委員会委員任命について    第7.議案第51号 農業委員会委員任命について    第8.議案第52号 農業委員会委員任命について    第9.議案第53号 農業委員会委員任命について    第10.議案第54号 農業委員会委員任命について    第11.議案第55号 農業委員会委員任命

敦賀市議会 2021-03-11 令和3年第1回定例会(第4号) 本文 2021-03-11

また、組織的にも港都つるがに農業協同組合漁業協同組合を加えれば、形的には同じような形になります。  一方で、まちづくり小浜中心市街地に限らず観光を軸にしたまちづくりを目指すというものでございますし、港都つるがの主目的中心市街地活性化でございます。その中で観光関係事業も行っているということでございます。

大野市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問、討論、採決-04号

◆8番(廣田憲徳君)  2項目目大野市の農業について。 一つ多面的機能支払交付金について。 農業施設長寿命化に対する交付金の減額が令和年度も発生しましたが、原因についてお聞きいたします。 二つ策定作業が進められている人・農地プランと、令和年度に改訂が予定されている越前おの型食農業農村ビジョンとの関連についてお聞きいたします。 

大野市議会 2021-03-09 03月09日-一般質問-03号

農業集落排水事業については、将来的な経営基盤強化を図るため、新年度から公営企業会計への移行に向けた準備を進めていきます。 公共施設については、新年度下山地区集会施設解体工事上庄堆肥センター解体に向けた実施設計を予定しているほか、本年度中に改訂する個別施設計画に基づき、既存施設維持管理コストを明確にした上で、必要な施設長寿命化を進め、ライフサイクルコストの低減を図ります。 

敦賀市議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会(第2号) 本文 2021-03-09

また、あくまで可能性ではございますが、例えば遠隔地の病院とのオンライン診療とかドローンやAIとかを使ったスマート農業など市内を対象エリアとした実証事業によりまして、最先端のサービスを市民が受けられまして利便性の向上にもつながるとともに、人手不足をはじめとする様々な地域課題解決にもつながるものと考えているところでございます。  

大野市議会 2021-03-01 03月01日-議案上程、説明-01号

最初に、農業と農山村振興について申し上げます。 国が算定した平成30年の推計値によれば、本市における農業産出額の66㌫をコメが占めています。 全国的に見てコメ需要人口減少に伴い毎年減少しており、今期は特に、新型コロナウイルス感染症影響により外食中心に大きく需要が減少したことで市場におけるコメの在庫が増加し、需給バランスが大きく崩れています。 

敦賀市議会 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第1号) 本文 2021-02-24

次に、農業振興について申し上げます。  農地の保全や担い手不足の解消を目的に、県が主体となり敦賀西部地区土地改良事業を進めており、新年度には新たに約25ヘクタールの圃場が完成します。  その営農を行う株式会社ミライスつる気比では、GPSによる自動操舵など情報通信技術等活用したスマート農業を目指しており、新たな農業スタイルの確立に向け、同社の農業機械の購入に対し支援を行います。  

鯖江市議会 2020-12-18 令和 2年12月第427回定例会−12月18日-04号

次に、農林水産業費農業費、新規就農者経営支援事業費150万円についてでありますが、理事者からは、鯖江市の認定審査会新規就農者として認定を受けた方の経営が、就農直後、不安定になるため、その所得を確保するための資金を交付するものであり、国の農業次世代人材投資事業活用する。今回の新規就農者は、果樹を育成し、それを活用した高付加価値製品の販売を目指しているとの説明がありました。  

大野市議会 2020-12-17 12月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

次に、農業者支援について申し上げます。 委員からは、コロナ禍での外食産業の低迷による米や野菜などの需要の低下に加え、今年は台風による被害がなく、秋を迎えても天候に恵まれ野菜や果物が豊作となっており、需要生産ミスマッチが生じるなど農業者を取り巻く厳しい状況を危惧する意見が出されました。 

勝山市議会 2020-12-17 令和 2年12月定例会(第4号12月17日)

            について 第 9 陳情第  3号 日本政府に「核兵器禁止条約」への賛同と批准を求める意見書             の提出に関する陳情 第10 陳情第  4号 75歳以上の医療費窓口負担2割化の検討中止を求める意見書             を国に提出することを求める陳情 第11 議案第 37号 令和年度勝山下水道事業特別会計補正予算(第2号) 第12 議案第 38号 令和年度勝山農業集落排水事業特別会計補正予算

福井市議会 2020-12-09 12月09日-04号

農福連携とは,障害者等農業分野で活躍することを通じて自信や生きがいを創出し,社会参画を促す取組であり,農業農村における課題福祉における課題,双方の課題解決と利益につながる取組だと理解しております。 まず,福祉の面からお伺いします。 素案には,障害者特性等に応じて幅広い分野で活躍できるよう,農業分野での雇用機会拡大を行うとあります。

敦賀市議会 2020-12-09 令和2年第6回定例会(第3号) 本文 2020-12-09

効果等、今説明されましたが、敦賀市においても防護柵の設置、捕獲した動物の処分費に年間約6500万円もの予算が投下されており、計画目的、期間、計画内容など分かりやすい説明が必要で、計画内容については個別ごと内容になっており、農業従事者だけでなく一般市民への分かりやすい説明の記載も必要と考えますが、伺います。

鯖江市議会 2020-12-08 令和 2年12月第427回定例会−12月08日-03号

具体的には新幹線開業を見据えた交通体系整備観光政策デジタル技術活用も視野に入れた地場産業農業後継者対策、また未来鯖江市を支える子どもたち教育、そしてハードソフト両面にわたる子育て環境整備高齢者や障がい者の皆さんが自分らしく生きるための福祉施策、そして子どもや孫にツケを回さない健全な財政運営など、多くの課題がございます。  

大野市議会 2020-12-08 12月08日-一般質問-03号

二つ目大野インターチェンジから大野東インターチェンジ区間は、多くの農地農道農業施設を横断しており、それらを仮設にて対応されているが、生産者への影響はあったのか。 また農地農道農業施設原状回復工事のスケジュールについてお聞きいたします。 三つ、道の駅越前おの荒島郷開駅に向けた集客やイベントについてお聞きします。 以上3点、明確なご答弁をよろしくお願いいたします。