1449件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2020-11-28 12月03日-02号

本市では農業担い手を確保するために、国の施策である集約化農業法人認定農業者集落営農組織振興を図っておりますが、越前市の農地は小さい区画農村部、中山間地域を抱えており、効率的な農業推進することが極めて困難な地域が多くあります。これらの地域での農業継続は非常に厳しいものであり、農地が毎年にわたって耕作放棄地となり増加してきております。

大野市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

委員から、工事に伴い仮設となった農地用排水路について、いつ頃きちんと整備されるのか説明を求めたところ、現地を確認し農作業に影響の出ないよう国土交通省とも協議を行い対応したいとの理事者からの説明がありました。 農業は、本市基幹産業でありますので、理事者におかれては、道路工事の進捗と合わせて農作業等にも支障の出ないように対応されたいと存じます。 

福井市議会 2020-06-12 06月12日-04号

皆様御存じのとおり,今日の農業情勢は,農業者高齢化に加え後継者不足担い手不足,その上遊休農地発生等々,非常に厳しい状況になっております。そういう中で農業委員会委員の日々の活動は,大いに期待されているところもあるわけでございます。 こうした中で,皆様方と一緒に福井市農政推進農業振興に精いっぱい全力で取り組んでまいりたいと思い,またこの重責を果たしていこうと考えております。

大野市議会 2020-06-08 06月08日-一般質問-02号

次に、地域経済分野につきましては、農林業商工業など、さまざまな産業における後継者担い手、働き手の確保、働きやすい環境の整備、若者の希望に沿った働く場所の創出、農地や山林の保全などが課題として挙げられました。 また魅力的な地場産品や商品が少ない、観光資源不足短期滞在観光客が多いなどのご意見もございました。 

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-23

次に、農作物有害獣農地侵入防止事業費について、有害獣侵入防止柵整備を進めていると思うが、どの程度進んでいるのかとの問いに対し、現在、有害獣侵入防止柵必要箇所は54.6キロメートルであり、そのうち整備済み箇所は45.5キロメートルである。割合にすると約83%が整備済みとなっているとの回答がありました。  

おおい町議会 2020-03-23 03月23日-03号

質疑、農地利用集積奨励金見直し、また農地中間管理事業経営転換協力金地域集積協力金のそれぞれの内容は。答弁、令和元年度までの農地の貸し手に一律に交付された農地利用集積奨励金は廃止する。経営転換協力金は、農地中間管理機構へ貸し付けて経営転換、またはリタイアする農業者に交付され、地域集積協力金は、農地集積集約に取り組む集落に交付されるものである。 

大野市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問、討論、採決-04号

人・農地プランについては、市長の提案理由説明によれば、農地中間管理機構制度化により、農村集落カルテが人・農地プランに移行し、プラン作成からこれまでの間に、地域状況変化や新たな課題も生じたとのことですが、どのような課題が見えてきたか質問するものであります。 さらに今回、農政基本計画見直しというのが、食料・農業農村基本法に基づく基本計画見直しを進めています。 

大野市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

まず、1点目の人・農地プラン見直しで目指す大野型農業についてお答えします。 人・農地プランとは、地域農業者高齢化後継者不足により耕作者減少する中、農業者の話し合いに基づき、地域ごとに将来の地域農業在り方担い手となる農業者などを定めたプランです。 現在、127農村集落のうち、124集落で99のプランが作成されています。 

大野市議会 2020-03-09 03月09日-代表質問、一般質問-02号

本市は、平成29年3月に改訂した越前おの型食農業農村ビジョンに基づき、越前おの型農業の新たなる展開を基本理念として、農業と農山村の活性化対策、多様な経営体の共生による農業振興農林産物の総ブランド化推進農地の適正な管理農業基盤整備推進鳥獣害のない里づくり推進の五つの基本方針に沿って、各種施策を展開しています。 

福井市議会 2020-03-04 03月04日-04号

私が暮らしている美山地区は中山間地域であり,平地が少なく,多くの農地が傾斜地や谷筋に分散して存在しているため,平野部農地に比べると営農条件は決してよくありません。そのため,農作業効率化農地集積化圃場の大区画化などはなかなか進んでいない状況であります。 また,中山間地域高齢化人口減少が進んでおり,農業者減少のみならず農村集落機能そのものが弱体化しております。

大野市議会 2020-03-02 03月02日-副議長の選挙、議案上程、説明-01号

次に、人・農地プランについて申し上げます。 本市におきましては、地域農業者高齢化後継者不足により耕作者減少する中、地域ごとに将来の地域農業在り方などを取りまとめた農村集落カルテ平成21年度に作成しました。 その後、農地中間管理機構制度化により、平成24年度から農村集落カルテを人・農地プランへと移行し、現在、127農村集落のうち124集落で99のプランが作成されています。 

敦賀市議会 2020-02-25 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 2020-02-25

こうした中、沓見、莇生野、金山地係の約150ヘクタールの農地について、県が主体となり、敦賀西部地区土地改良事業を進めており、本年5月には3ヘクタールの新たな圃場営農が開始されることとなりました。また、その営農を行う株式会社ミライスつる気比では、事業規模拡大に伴い、新規就農者の雇用を計画しております。  

勝山市議会 2019-12-18 令和元年12月定例会(第4号12月18日)

しかも、農地の5,000平米は民間売買であり、これを除くと産業団地は2万300平定となり、そのうち農家レストランの用地は3,000平米に限り、その比率は産業団地全体のわずか19.8%にすぎません。  他の議員から、今決めないとこの事業に影響するなどと、この事業理由にして全体計画を進めるべきだとの意見がありましたが、これには道理がありません。

小浜市議会 2019-12-13 12月13日-03号

例えば、最近の動きといたしまして、農業におきましては、スマート農業農地集積、また土地改良事業等推進し、稼ぐ力を持つ経営体の育成が着実に進んできております。また、水産業におきましては、小浜よっぱらいサバが順調に規模を拡大し、鯖街道起点小浜の看板としての知名度を高めており、鯖街道でつながる京都での地産外消、また小浜を訪れる観光客による地産訪消のよい流れができつつあるというふうに感じております。