13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2020-12-08 12月08日-一般質問-03号

コロナ禍でステイホームが続いたことにより、失業だけでなく家事育児、また介護による精神的、身体負担女性に偏ったことも影響しているのではないでしょうか。 家事育児女性がやるのが当たり前との無意識の偏見が、今なお社会に根強くあることも、残念ながら多くの女性が感じているところであります。 

小浜市議会 2019-12-12 12月12日-02号

介護保険サービスの一つでありますショートステイは、家族の病気や冠婚葬祭、出張等により一時的に介護をすることができない場合や、家族の精神的・身体負担軽減を図るために、短期間、施設に宿泊し、日常生活介護支援を受けられるサービスでございます。 介護者の中には、働きながら家族介護されている方も多く、精神的・身体負担が大きくなっている状況でございます。 

小浜市議会 2019-06-26 06月26日-02号

それでは次に、介護人材不足の主な要因でございますが、新規採用が難しい、それから離職率が高い、低賃金である、精神的・身体負担が大きい等が挙げられると思いますけれども、市としては何が要因考えておられるのか、お伺いをいたします。 ○議長今井伸治君) 民生部次長和久田君。 ◎民生部次長和久田和典君) お答えをいたします。 

勝山市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3号 3月 6日)

また、さまざまな子育て支援を活用することにより、身体負担精神的負担軽減を図り、育児講座などを通じて育児のコツを伝えるなど、地域ぐるみ子育て支援をすることによって、児童虐待防止につなげてまいりたいと存じます。  全てが児童虐待につながるものとは限りませんが、子ども、保護者親子からの何らかのSOSサインを見逃さないことが親子を救う第一歩です。

勝山市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会(第2号12月 6日)

このほど登校時のランドセルが重いことにより、児童身体負担がかかることが問題になって、文部科学省からその配慮について通達が出されました。市の教育委員会では、通達の趣旨を校長会で協議し、適切な対応を進めるようにしたところであります。  議員御指摘のとおり、指導要領の改訂のたびに教科書が重くなり、教材もふえ、学校で使用する学習用具が随分と多くなりました。

大野市議会 2018-09-10 09月10日-一般質問-02号

近年、学習指導要領の改定に伴う学習内容の増加や教科書大判化により、児童生徒の持ち物が重くなり、通学時の児童生徒への身体負担が大きくなっていることが問題となっております。 文部科学省では、児童生徒負担軽減を図るため、宿題で使わない教科書などを教室に置いて帰ることを認めるよう全国の教育委員会に通知する方針を示しております。 

越前市議会 2016-02-29 03月01日-05号

投薬とか検査など、身体負担が大きくかかります。そしてさらに、なかなか妊娠しないということで精神的負担がとても大きいことは皆さん御存じだと思います。そのためにも、ピアカウンセリングなどの体制づくりが必要だと思います。ぜひ県に委ねるのではなく市としての相談体制を充実してほしいと思いますが、この辺どうお考えですか。 ○議長城戸茂夫君) 渡辺市民福祉部長

敦賀市議会 2014-12-09 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 2014-12-09

陽子線治療は、身体機能を失われることなく、また副作用も少なく、患者身体負担が減るため、とても効果的な治療方法であると思います。また、がんは日本における死亡原因として最も多く、今後とも先進医療が推進されることにより、がんにより亡くなられる方が少しでも減少すること期待をしております。  

敦賀市議会 2013-12-10 平成25年第4回定例会(第2号) 本文 2013-12-10

その中で陽子線治療は、身体機能を失われることなく、副作用もなく、患者身体負担が減り日常生活が維持されるなど、高い治療効果があると注目されております。  先日の新聞にも取り上げられておりましたが、この治療各種がん治療対応できるのは当然ながら、特に小児がんに着目されて、周辺の骨や臓器への照射を避けることで成長や知能への障害発生を低く抑えられ、世界的に有用性が認められております。  

勝山市議会 2013-03-06 平成25年 3月定例会(第3号 3月 6日)

さらに長期の期間にわたる介護者の精神的・身体負担となる「高齢者介護」についても、男女を問わず参画し、地域全体で支え合う介護サービスの充実を図ってまいります。そのためには、労働時間の短縮や年次有給休暇の取得の促進、仕事と育児介護両立支援など、事業所の理解や取り組みは欠かせません。  

  • 1