29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大野市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問、討論、採決-04号

その際には若者の雇用の創出に主眼を置き魅力ある企業誘致することが大切であるため、市が指定する区画を2区画以上取得し、投下固定資産20億円以上かつ20人以上の新規雇用者を雇い入れた場合とします。 また富田産業団地への誘致を最優先とするため、土地取得及び工場等建設を伴わない改良工事助成対象事業から除外します。 

小浜市議会 2020-09-10 09月10日-02号

財務書類におきましては、ほかの自治体などと比較するために各種の指標がございまして、本市の特徴を示している指標といたしましては、市民1人当たり資産市民1人当たり負債額、将来世代負担比率がございます。 市民1人当たり資産につきまして、県内のほかの8市は100万円から200万円であり、類似団体平均も220万円でございますが、本市は290万円と、市民1人当たり資産が多くなっております。 

福井市議会 2020-03-03 03月03日-03号

また,補助要件は,投下固定資産80億円以上,雇用者数30人以上,補助対象経費土地取得費建設費など,補助率は25%以内で20億円以内となっております。 この補助制度に加えて,杉本知事が直接相手先に出向くなど積極的に誘致に取り組まれたことが,本市中心市街地への世界的高級ホテル進出につながったと考えております。 

越前市議会 2018-09-03 09月06日-02号

この制度平成34年3月末日までに着工される投下固定資産3億円以上、新規雇用者数3人以上を最低条件としたものでございます。今後の宿泊施設に対する支援でございますが、平成35年春の(仮称)南越駅開業もにらみ観光振興プラスまちづくりの観点から必要に応じて制度を検討していきたいというふうに考えております。(「議長」と呼ぶ者あり) ○議長川崎悟司君) 清水一徳君。

越前市議会 2017-12-04 12月06日-03号

具体的には、持続的発展生産設備増設等事業補助金というメニューを創設いたしまして、機械設備更新費用を新たに対象に加え補助要件である投下固定資産新規雇用要件について大幅に緩和を図ったところでございます。現在まで11件の補助対象企業指定申請がございまして、今回の12月補正予算でそのうち3件について予算を計上したところでございます。(「議長」と呼ぶ者あり) ○議長前田一博君) 中西眞三君。

越前市議会 2016-12-02 12月06日-03号

産業環境部長増田順司君) 企業によって若干違うんですが、基本的にはまず一般製造業のほうで申しますと、投下固定資産が1億円以上かつ新規雇用者数が10人以上というものがございます。 また、指定区分として先端技術産業というものがございますので、これについては投下固定資産が10億円以上かつ新規雇用者数が10人以上というような要件がございます。

越前市議会 2015-12-04 12月07日-04号

それを踏まえ、企業立地促進補助金では対象業種の拡張ではなく製造業における、特に中小・小規模事業者に対して従来からの新設増設に加え機械設備等更新を新たに対象に加えまして、また投下固定資産新規雇用者数などの要件緩和するなど、こういう交付要件を拡充しておるところでございます。 ○議長城戸茂夫君) 吉田啓三君。

小浜市議会 2013-03-14 03月14日-03号

指定要件では、投下固定資産2,000万円以上および新規雇用が5名以上となっておりまして、現在3名の雇用となっておりますが、今年度中には要件を満たすものと思われます。助成額は3,000万円を予定しております。 また、株式会社木田屋商店植物工場については、平成24年6月22日に助成交付対象事業指定指定要件は、投下固定試算額3億円以上および新規雇用10名以上となっております。

鯖江市議会 2013-03-11 平成25年 3月第390回定例会−03月11日-02号

また、これらの要件となります用地、建物面積をなくすということ、また投下固定資産の下限、これを1億円から5,000万円に半減するというような条件緩和も持っていきたいと思うんですけれども、これにかわるものとしまして、市民新規雇用につきましては、業種、業態的にも新規雇用が可能な業種でもございますので、新たに現行の2倍に設定をしていきたいと思っております。

勝山市議会 2012-12-07 平成24年12月定例会(第3号12月 7日)

それから増設についてもお金が出るんですけれども、増設については投下固定資産5,000万円以上で5人以上だったんです。それを3,000万円以上で2人以上というふうに要件緩和して、このおかげでこの5年間に50人近くだったね、それぐらい採用というか雇用が確保できました。そういったことで、雇用というのが一番大事だということを考えております。

小浜市議会 2011-03-14 03月14日-03号

しかしながら、現状の市の企業振興助成金制度では投下固定資産ですとか新規雇用者に係る要件を定めておりまして、企業既存事業の中において新たな取り組みを実施していただいても対象になりにくいというような状況でございます。 県におかれましても先端技術産業とか健康長寿産業特化をいたしました企業立地促進補助金を設けておりますが、このいずれもが要件のハードルは高いものがございます。

  • 1
  • 2