106件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第2号 3月 3日)

そのようなところ、昨年夏過ぎにテレビで識者の方から、今はコロナ対策で大変で大事なことだが、コロナの陰に隠れて各自治体が今後インフラを初め公共施設維持管理が膨大に膨らみ、早急に対応していかないとつぶれる自治体が生じることが懸念されると言われるのを聞いて、私もずっと思っていたことですので、言われていることに納得しました。  

勝山市議会 2020-12-17 令和 2年12月定例会(第4号12月17日)

まず、議員定数については、新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、開催を見合わせている識者を招いての学習会団体等との意見交換会の概要について、具体的な議論をいたしました。  今後も精力的に議論を重ねる中で、議会機能強化等についても勘案し、定数については総合的に判断することといたします。  また、タブレットについては、導入に向け詳細な取決めが必要なことから、運用規定などを策定いたしました。  

勝山市議会 2020-09-28 令和 2年 9月定例会(第4号 9月28日)

まず、議員定数については、新型コロナウイルス感染症の流行のため開催が遅れている識者を招いての学習会、そして団体等との意見交換会について再度協議を行い、状況に留意の上、進めることを確認し、今後の予定を協議しました。  今後は、議会機能強化等についても精力的に議論を重ねる中で、定数について総合的に判断することといたします。  

鯖江市議会 2020-08-31 令和 2年 9月第426回定例会−08月31日-02号

そして、コロナ禍が突きつけた日本社会の問題について、ある識者の言でありますけれども、コロナ禍日本社会が抱える問題を可視化してくれたと語っており、まさしくそのとおりだと私も思うところであります。  市民生活経済活動、行政が行う事業に至っても、これまでとは違った工夫をしながら、つまり新しい生活様式を取り入れながら進めていく必要性が生じております。

大野市議会 2020-06-09 06月09日-一般質問-03号

従来型のはんこを必要とする業務形態をはじめとして、文明の力に頼らず紙を中心とした仕事のやり方がテレワークを妨げていると多くの識者が指摘をしている。 今後もコロナウイルスの第2波が来ないという保証はないし、職員が風邪やインフルエンザにかかり肉体的には職務遂行は可能だが登庁が許されないケースも予想される。 

鯖江市議会 2020-06-05 令和 2年 6月第424回定例会−06月05日-02号

人類の歴史とは一面、感染症との闘い歴史だと語る識者がおられます。今回の新型コロナウイルス感染症拡大は、ワクチンと有効な治療法が確立するまでの長い闘いになるとも言われており、市民一人一人が正しく恐れることと、新しい生活様式を意識し、感染予防に徹していくことが大切なことでございます。  

勝山市議会 2020-03-23 令和 2年 3月定例会(第5号 3月23日)

今後は、関係法令条例等を十分確認し、識者を招き学習会開催するとともに、市民等からさまざまな意見を聴取し、さらに議論を交わしながら、報酬等を含めて総合的に判断することといたします。  また、議会内や理事者側との情報共有ペーパーレス化などを目的として、タブレット導入に向けて、デモの実施や先進地の状況などを学習するなど、種々研究を重ねていくことといたします。  

福井市議会 2019-11-13 11月13日-04号

この何年に一度という表現は,過去の統計から割り出した数字ですので,ここ最近の地球温暖化の影響もあって亜熱帯のような気候になってきている日本においては,むしろ毎年,100年,200年に一度の災害が起こってもおかしくはないという識者もおられます。 そこで,このような災害が起こった際の業務継続に関して幾つか質問させていただきます。 

鯖江市議会 2019-05-31 令和 元年 6月第418回定例会−05月31日-03号

ですから、今、SDGsなんかでも、持続できる自治体経営というものが大きな課題になっているんですが、果たして、自治体が、この人口減少期の中で持続できるかというと、もう識者が言われているように、半数の自治体はだめになるんでしょう。恐らく、それはもう自明の理だと思います、このまま行ったら。  

福井市議会 2018-02-28 02月28日-04号

東京一極集中の是正は,都市と地方の格差是正ではなく,人間性喪失からの救済であるという識者の声も聞かれるようになった昨今であります。 2015年の国勢調査では5年前より96万3,000人が減ったということでありますが,これは1920年,100年前の調査開始以来初めてのこととなりました。総人口は約1億2,700万人になったとのことであります。

大野市議会 2017-12-04 12月04日-一般質問-02号

さらに平成28年11月、国は同社に対し、違法な長時間残業が全社的に常態化していた疑いが強まったとして、強制捜査に乗り出し、本年10月に東京簡易裁判所が罰金50万円を言い渡し、事実上終結しましたが、遺族や識者からは、過労死をなくすための法整備や労働時間削減に向けたさらなる社会的議論を求める声が上がりました。  

福井市議会 2017-09-11 09月11日-02号

たち議会には,その都度識者専門家の方々の御意見を十分承ったということを伝えて,反対できない形をつくってから議会の御意向はどうかとおっしゃっているようで,そもそも論がなく,現実としては何か非常にもやもやとしたように感じます。理事者責任転嫁と言っても,これも一つ当たっているのではないか。そういう責任転嫁と言われる諮問の形については,少し考えてみてはどうかということを申し上げておきます。 

福井市議会 2016-09-05 09月05日-02号

果たして,福井市は今後どのような交通政策をとられるのか,地域を走るコミュニティバスデマンドタクシー幹線バス,鉄道とのリンク,過疎地域でのフリー乗降区間設置など,多種多様な議論はこれからなのだろうと思いますが,福祉部門外部識者,専門家なども交えてしっかりとよいものをつくり上げていただきたいと思います。 

福井市議会 2016-06-15 06月15日-04号

ある識者は,どんな人にも多少の得手不得手があるように,発達障害といってもそのあらわれ方や程度はさまざまで,それはその人なりの個性とも言えるものだ。それが現状では,発達障害か否かという診断を下すことで区別をすることが主となってしまって,逆に差別化を助長してはいないかといった趣旨のことを発言され,警鐘を鳴らしておられます。 確かに発達障害児を預かることで手間がかかります。

小浜市議会 2016-03-10 03月10日-03号

また、一部識者におきましては、地域経済ふるさと納税による受注に依存してしまうことで、産業自立性を奪い、結果的には産業が衰退するのではないかという主張がなされておりますが、しかし、現在のところ本市におきましては、事業者におきまして自社の商品返礼品として選んでいただけるよう新商品を開発したり、PRの方法を工夫したりという動きが出てきておりまして、依存とは反対の、事業者自立性、成長を促す効果が出てきているというふうに