43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-12-18 12月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

また、大野市和泉診療所設置条例の一部を改正する条例案大野市休日急患診療所設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例案は、診断等の手数料値上げする内容になっています。 市内医療機関よりも高い項目もあり、大野市が率先して値上げすることにより、市内医療機関もそれに倣い値上げしてくるのではないかとの懸念もあり、この値上げには反対です。 

大野市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

そしてまた、ほかには診療所診断交付手数料やホテルの宿泊料値上げなども出されておりますが、これ市民が納得いくでしょうか。 納得いく説明を求めたいと思います。 ○議長梅林厚子君)  野村さんの2項目目質問に対する理事者答弁を求めます。 総務課長加藤さん。 (総務課長 加藤嘉一君 答弁席へ移動) ◎総務課長加藤嘉一君)  野村議員のご質問にお答えします。 

大野市議会 2019-12-02 12月02日-議案上程、説明-01号

次に、 議案第93号 大野市和泉診療所設置条例の一部を改正する条例案につきましては、大野市和泉診療所手数料の見直しに伴い、死亡診断交付手数料を1通につき3,000円から3,200円に改定するなど、診断及び証明書等交付に係る手数料を改定するものでございます。 施行期日は、令和2年4月1日としています。 

敦賀市議会 2019-09-06 令和元年第5回定例会(第1号) 本文 2019-09-06

次に、第87号議案 敦賀市休日急患センター設置及び管理に関する条例の一部改正の件について、主な質疑として、どのような使用料等消費税がかかるのかとの問いに対し、診断等の文書料に係る使用料に課税されるとの回答がありました。  討論では、反対の立場から、消費税増税ということで市民の負担がふえるので反対であるとの意見がありました。  採決の結果、賛成多数で原案どおり認めるべきものと決定しました。  

敦賀市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-06

当初、いろいろな場で御説明いただいたとおりかなということで確認はさせていただいたんですが、例えば、前回9月においては、次の質問にも通ずることなんですが、9月議会に設置条例制定における議案説明とかそのほかの説明の中で、市民が本当に利用しやすいのかどうかといった点がいろんな議員の皆様からも質問等あったと記憶しているんですけれども、そういったことに関して、例えば事前登録でありますとか医師診断でありますとか

小浜市議会 2018-09-06 09月06日-03号

障がい者雇用水増し問題が25県と5政令都市で、市長部局や教育委員会警察本部で、障害者手帳診断を確認せずに雇用率に算入していたケースがあったと明らかになりました。 小浜市の障害者雇用状況についてお伺いをいたします。 ○議長下中雅之君) 総務部次長檀野君。 ◎総務部次長檀野清隆君) お答えいたします。 

敦賀市議会 2018-08-21 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-08-21

次に、利用許可のあらかじめ登録ということだったかと思いますけれども、あらかじめ市長の許可を得なければいけないという文言の中身ですが、こちらは、病児保育を受けるに当たって、後で出てこようかと思いますが医師診断やはりこちらの病児保育所でもいただいて、保育所に預けていいかどうかという判断をいただくことを予定しております。  

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

先ほども議員がおっしゃるとおり、法的なことを言いますと、現行の道路交通法では、75歳以上の運転者免許証更新を受けようとするときには、公安委員会が行う高齢者講習のほか、認知機能検査が義務づけられておりますけれども、来年の3月11日から施行される改正法では、検査の結果、認知症のおそれがありと判断された場合には、医師診断提出、また信号無視などの一定違反行為をした際には、臨時認知機能検査や、臨時高齢者講習

福井市議会 2016-06-13 06月13日-02号

次に,医療機関との連携ですが,園では必ず医師診断または指示書に基づいてアレルギー対応を実施し,各主治医連携をとりながら緊急時の詳細なマニュアルを個別に作成しております。 緊急時における保育士応急処置方法については,園長,主任,担任が個人ごと対応マニュアルを把握し,誤食した場合の投薬や救急車要請等について複数の職員が迅速に対応できる体制をとっております。 

敦賀市議会 2016-03-22 平成28年第1回定例会(第5号) 本文 2016-03-22

この議案は、敦賀市休日急患センター使用料及び手数料について医療機関との料金の均一化を図るとして、特殊診断、特殊証明書を1通1500円から3000円に、普通診断、証明書を1通500円から1000円にそれぞれ文書料を2倍にするというものです。  敦賀市休日急患センターは、今から38年前、休日における地域の住民の急病患者医療を確保するためとして敦賀市が設置したものです。

敦賀市議会 2016-02-25 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 2016-02-25

まず、第5条第1項及び第2項中において「使用料及び手数料」を「手数料等」に改めるなどの文言の整理と、文書料につきまして、特殊診断または特殊証明書「1,500円以内」を「一通につき3,000円」に、普通診断または普通証明書「500円以内」を「一通につき1,000円」に改めるもので、同第3項は消費税に関する規定でございます。  

福井市議会 2015-03-02 03月02日-02号

75歳以上の高齢者ドライバーに対する認知機能検査を強化し,認知症疑いがあれば医師による診断提出を義務づけるというものです。疑いがないとされた人でも,特定の違反をすれば臨時検査を課し,運転免許証更新時を待たずに検査や診察の機会をふやし,発症者を確実に見つけ出すというものです。 高速道路の逆走に限らず,75歳以上による死亡事故の割合が年々増加している実態があるための改正案としております。