203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

したがいまして、10月からの消費税増税は中止すべきだという立場からの請願は、ぜひ採択をすべきだということを強くお訴え申し上げたいと思います。  以上でもって討論を終わりたいと思います。 ○議長(佐々木勝久君) ほかに討論はありませんか。              (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(佐々木勝久君) ないようでありますので、討論を終結いたします。  これより採決いたします。  

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

一方、南那須地区広域行政事務組合等6団体とは現在も福井地方裁判所で係争中であり、引き続き本市の訴えが認められるよう取り組んでまいります。  また、今後の維持管理につきましては、早期の安定化に向け、引き続き県と共同して取り組んでまいります。  次に、男女共同参画社会の推進について申し上げます。  

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

いじめ事案への対処、「教員は、いじめの訴えがあった場合やいじめの兆候を発見した場合には、いじめられた児童生徒の立場に立って適切に対応するとともに、特定の教員が抱え込むことなく速やかに情報共有します」。  読んでいると、本当にこの基本方針どおりのことが学校の中で実際に実行されていましたら、いじめは起きないでしょうし、不登校にならなくても済んだことだと思います。

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

開示してほしいという市民訴えを。  そして審査会が、保護審査会はちゃんと開示しないとあかんと言ったんでしょ。  それをまた却下したんでしょ。  だからその司法に委ねたわけではないです、教育委員会が。  それは違うでしょ。  違うんですか、教育長どうですか。 ○議長(山崎利昭君)  教育長、久保君。 ◎教育長(久保俊岳君)  お答えします。  

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

引き続き本市の訴えが認められるよう全力を挙げて取り組むとともに、まだ費用負担をいただいていない団体に対しても支払いに向けて協議を行ってまいります。  次に、市立敦賀病院について申し上げます。  市立敦賀病院では、地域包括ケアシステムの実現に向け在宅医療の推進に取り組んでおり、本年4月からは訪問診療を、また先月1日からは訪問看護事業を開始しました。

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

それがきちっとできるように、市としてはどのような努力をなされてきたのか、県にどんな訴えをしてきているのか。そこをお聞きしています。 ◯教育長上野弘君) 先ほどの答弁と重なりますけれども、市といたしましては、県に対して、人格、識見ともにすぐれた方で当該学校免許を有する方の配置をお願いしているというところでございます。

敦賀市議会 2017-12-07 2017.12.07 平成29年第4回定例会(第3号) 本文

◯3番(北川博規君) 例えば、そういう研修を受けたとしても、公務員の場合、職場や勤務についての訴えとかSOS、それを発信しようとした場合、どこにどのように発信していけばいいのか。その点を確認したいんですけれども。 ◯総務部長(刀根茂君) まずは職場の上司に相談するなど所属内での取り組みが必要であると考えているところでございます。

敦賀市議会 2017-11-28 2017.11.28 平成29年第4回定例会(第1号) 本文

引き続き、本市の訴えが認められるよう全力を挙げて取り組んでまいります。  次に、教育相談支援体制の充実について申し上げます。  文部科学省の「平成28年度問題行動・不登校調査」の公表結果において、県内のいじめの認知件数及び不登校者数の現状が明らかとなり、市内の各小中学校からはカウンセリング時間の拡充の要請があったところです。

敦賀市議会 2017-06-26 2017.06.26 平成29年第2回定例会(第5号) 本文

草案は、前文で、核兵器使用の犠牲者(被爆者)や核実験による被害者の苦難を心にとめるとうたい、被爆者の核兵器廃絶の訴え日本と世界の反核平和運動の願いを正面から受けとめる条文となっています。また、いかなる核兵器使用国際法上の原則に反すると宣言し、核兵器の開発、生産、製造、取得、所有、貯蔵、移転、受領、使用核爆発実験などを禁止しています。  

大野市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会-06月21日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

議案第34号 高規格救急自動車売買契約締結について  議案第35号 専決処分承認を求めることについて(平成28年度大野市一般会計補正予算(第6号))  議案第36号 専決処分承認を求めることについて(大野市税賦課徴収条例の一部を改正する条例)  議案第38号 専決処分承認を求めることについて(福井県市町総合事務組合組織する地方公共団体の数の増加及び同組合規約の変更について)  議案第39号 訴え

大野市議会 2017-06-05 平成29年  6月 定例会-06月05日−議案上程、説明−01号

次に、条例議案では大野市過疎対策のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例案のほか3議案を、そのほかといたしましては、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定による売買契約締結議案が1議案、専決処分承認議案が3議案と訴えの提起についての6議案についてご審議をお願いするものであります。  

敦賀市議会 2017-02-23 2017.02.23 平成29年第1回定例会(第1号) 本文

また、抜本対策工事等に係る費用負担問題につきましては、現在も係争中ですが、引き続き本市の訴えが認められるよう全力を挙げて取り組んでまいります。あわせて、まだ費用負担をいただいていない団体に対しても、支払いに向けて引き続き協議をしてまいります。  一般廃棄物処理事務の広域化について申し上げます。  

敦賀市議会 2016-12-09 2016.12.09 平成28年第4回定例会(第4号) 本文

先ほど来お伝えしておりますけれども、子供たちがいじめられたと認知した場合、つまり訴えた場合ということにつきましては、当然アンケート調査とか個別面談とか日ごろの顔色または態度等について担任の先生が当然把握しておりますし、子供たちの訴えというふうな部分でも掌握しているところでございます。  

敦賀市議会 2016-09-28 2016.09.28 平成28年第3回定例会(第5号) 本文

ところで、樫曲地区民間廃棄物最終処分場における抜本対策事業等、費用の負担問題に関しまして、今会議初日に訴えの提起に係る議決をいただいたところでありますが、対象となる7団体のうち筑西広域市町村事務組合につきましては、去る13日に本市が請求する全額を支払う旨の通知を受理いたしました。同組合におかれましては、本市の考えに御理解をいただきましたことに対し、心より感謝申し上げる次第であります。  

敦賀市議会 2016-09-06 2016.09.06 平成28年第3回定例会 目次

センター設置及び管理に関する条例の一部改正        の件 ─────────────────────────────  12  第81号議案 敦賀市公民館設置及び管理に関する条例の一部改正の件 ──────  13  第82号議案 総合運動公園プール競泳用自動審判計時装置及び競技処理コン        ピュータシステム購入の件 ───────────────────  13  第83号議案 訴え

敦賀市議会 2016-09-06 2016.09.06 平成28年第3回定例会 資料

──────────┤ │第 82 号議案│総合運動公園プール競泳用自動審判計時装置及び│文 教 厚 生   │ │       │                      │          │ │       │競技処理コンピュータシステム購入の件    │9/28 可  決  │ ├───────┼──────────────────────┼──────────┤ │第 83 号議案│訴え

福井市議会 2016-08-29 08月29日-01号

             (高規格救急車) 日程11 第77号議案 財産の取得について             (軽デッキバン消防車) 日程12 第78号議案 市道の路線の認定について 日程13 第79号議案 第七次福井市総合計画の策定について 日程14 第25号報告 債権放棄の報告について 日程15 第26号報告 専決処分の報告について             (市営住宅使用料等の支払請求及び明渡請求に係る訴え

敦賀市議会 2016-02-25 2016.02.25 平成28年第1回定例会(第1号) 本文

引き続き、本市の訴えが認められるよう全力を挙げて取り組んでまいります。  あわせて、他の費用負担に同意が得られていない団体への対応として、環境省にお願いし、今月15日に環境省主催の関係府県連絡会議を開催していただいたところであります。今後も環境省及び関係府県の御協力を得て、支払いに応じていただけるよう新たな手段も検討しつつ強く働きかけてまいりたいと考えております。