53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

おおい町議会 2020-06-24 06月24日-03号

答弁、当町の入札における最低制限価格については県の最低制限価格計算に準じて設けており、町は公表していないが県では最低制限価格実施要領を公表している。事業者はそれに基づき計算を行った結果、最低制限価格を予測して応札されたものと認識している。 質疑電子入札同額となった場合の抽せん規程はどのようになっているのか。

越前市議会 2019-12-03 12月05日-03号

◆(吉村美幸君) まずは、なぜ令和2年度から令和13年度までの長期にわたる債務負担行為で計上する根拠と計算をお知らせください。 また、この行為は市民の皆様に役立っているのかをお伺いいたします。(「議長」と呼ぶ者あり) ○議長(三田村輝士君) 小泉産業環境部長。 ◎産業環境部長小泉陽一君) 今回、債務負担行為で4社、合計12億5,098万円を計上しております。

敦賀市議会 2019-03-19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文 2019-03-19

ただし、昭和49年6月28日以前の工場については国の工場立地法準則経過措置として緩和措置計算が規定されており、計算面積率に本条例案緑地及び環境施設面積率を置きかえて計算する形になるとの回答がありました。  討論では、反対の立場から、工場公害等から環境を守るという意味で当時定められたものであり、緩和措置を図ることについては賛成できないとの意見

敦賀市議会 2019-02-21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文 2019-02-21

2つ目経過措置についてですが、環境施設面積緑地面積の整備が求められることになる昭和49年以前に設置された特定工場につきまして、段階的に現行法に近づくための計算がありますが、その際に用いられる計算数値を今般、本市で定める準則数値を準用することを規定しているところでございます。  

おおい町議会 2017-12-19 12月19日-03号

答弁近傍同種の家賃の算定は、法令に基づいた計算にそれぞれの基礎数値を当てはめて計算するものである。建てかえ後の基礎数値については、現在精査中である。 質疑収入超過者等に関する認定で、入居者配偶者以外の同居者がいる場合、合算する所得金額が124万8,000円を超えれば、誰であろうと対象になるのか。答弁、そのとおり、対象となる。 

小浜市議会 2017-03-10 03月10日-04号

まず、統合しない場合と、統合し、小浜市の小学校を開校した場合とで、どのくらいお金がかかるかというこの計算も随分変わってきたんじゃないかなと思います。 

小浜市議会 2016-06-16 06月16日-02号

という数字も余りにも少ないというふうに私は思うんですが、以前この場で質問させていただいて、日本地下水学会というところが出しております地下水量計算がございます。非常に専門的な数値ですので、私が無理でしたので、当時の上下水道課にお願いしまして、計算、最初は渋っとったんですけれども、計算した結果、67万トンかなという数字が出ております。

勝山市議会 2016-03-08 平成28年 3月定例会(第2号 3月 8日)

臨時財政対策債元利償還金公債費であり、またその元利償還金の全額が実質的に算入されている地方交付税は経常的に収入される財源として取り扱われておりますことから、経常収支比率計算においては分母及び分子にそれぞれ同額が加わることになります。よって、臨時財政対策債元利償還金が多くなるということは、その分経常収支比率を高める要因となります。  

鯖江市議会 2015-12-09 平成27年12月第403回定例会−12月09日-04号

先ほど言いましたように、計算はあれですし、使用料の単価につきましては、全体の使用料金を有収水量で割って、今現在167円ということでございますし、会計の処理方式が変わるだけでございますから、そのあたりの考え方計算が変わるわけではないので、変わることはないと思ってございます。 ○議長(末本幸夫君) 菅原義信君。

鯖江市議会 2015-03-11 平成27年 3月第399回定例会−03月11日-04号

それら全部合わせて3年間で163億余、それを一定計算でやって3年間の介護保険加入者数、年間1万8,000強ですので、3年間で5万5,700人ぐらい、割り返して平均を出すと5,800幾らになったわけです。そこに第5期で繰り越している基金が1億3,000万ありますので、それを財源として入れた関係で5,650円におさまったわけです。

鯖江市議会 2015-03-10 平成27年 3月第399回定例会−03月10日-03号

その一定計算に従いましてやりましたところ、取り崩し前であると、1人当たりの基準月額は、5,847円が必要というふうに推計をしたところでございます。 ○議長(末本幸夫君) 水津達夫君。 ◆17番(水津達夫君) 基金の取り崩す前の基準月額は5,847円だと。そうすると、今、基金が1億3,000万ありましたですね。

おおい町議会 2014-09-26 09月26日-03号

答弁、費用対効果分析算定方法が変更となり、妥当投資額損失額、総事業費を用いた投資効率計算である。 質疑ホームページ運営事業の町長へのメール町民限定のものか。答弁運用方法町民限定で、意見を受ける窓口である。町民が登録してパスワードを発行した後に、メール利用となる。 質疑住民基本台帳ネットワークシステムは、番号制システムで、そのメリットとデメリットは。

おおい町議会 2014-02-21 02月21日-01号

これは普通交付税につきましては昨年7月の交付額決定計算どおりの額が入っておりまして、九十何万というのは恐らく調整額じゃないかと思います。 それで、私が聞きたいのは特別交付税です。どういう目的で自治体に入るのかというのが非常に不透明でブラックボックスとも言われている特別交付税。この自治体、県から市町に配分される額っていうのは、これは県は公表してないということらしいです。