23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

越前市議会 2019-09-05 09月06日-03号

 多様な森づくりについて市長 関係部局長2 食と農の創造ビジョンについて市長 関係部局長17吉 村 美 幸1 女性目線から考える越前市の諸問題市長 関係部局長2 次世代のスクールネットワーク構想について市長 関係部局長3 家族介護者対応について市長 関係部局長4 瓜生産業団地のその後市長 関係部局長18近 藤 光 広1 北陸新幹線南越駅(仮称周辺まちづくり計画について市長 関係部局長2 産業観光

福井市議会 2018-12-04 12月04日-03号

そこで,観光政策のうち,まず観光まちづくり推進事業についてお伺いします。 観光誘客事業のこれまでの成果と今後の展開をお聞かせください。また,観光担い手育成事業の内容とこれまでの取り組み,今年度の成果,また今後どのようにしていくのかお答えください。 次に,地域観光資源活用事業について,福井永平寺周遊滞在型観光推進事業成果と今後の展開をお聞かせください。

福井市議会 2017-12-06 12月06日-04号

具体的には,越前海岸エリア観光まちづくり組織である福井越前海岸盛り上げ隊と連携し,ナイトシュノーケルたこかご漁武周ヶ池沢登りなどの体験メニューづくりに取り組んでいます。 そのほか,大学生連携した観光資源掘り起こしや,こしの水仙まつりを初めとするイベントへの支援県外の鉄道駅への海水浴ポスター掲出などを行っています。 

福井市議会 2017-12-05 12月05日-03号

この中では,文化芸術社会の基礎に据えることを明確にし,文化芸術観光まちづくり,国際交流福祉教育産業などの施策と有機的に結びつけていく必要性を強調しています。また,新たに食文化文化芸術の範囲に加えています。そして,第7条の2では,都道府県及び市区町村の長は,その地方の実情に即した文化芸術推進に関する計画を定めるよう努めなければならないとなっています。 

福井市議会 2017-09-13 09月13日-04号

具体的には,越前海岸エリア観光まちづくり組織である福井越前海岸盛り上げ隊と連携し,ナイトシュノーケルたこかご漁武周ヶ池沢登りなどの体験メニューづくりに取り組んでおります。そのほか,大学生連携した観光資源掘り起こしや,こしの水仙まつりを初めとするイベントへの支援県外の駅への海水浴ポスター掲出などを行っております。 

大野市議会 2015-06-15 06月15日-一般質問-02号

平成25年3月に作られた本計画で、検討委員会が立ち上げられ、安全・安心、健康・レジャー観光まちづくりをキーワードに議論を重ねられ作成されたことと思います。 その中の自転車走行空間ネットワーク図では、大野市の郊外に初級・中級・上級のサイクリングコースが標されております。これは一般道路、車道を利用しているように思います。 

おおい町議会 2015-03-11 03月11日-02号

今後の展望といたしましては、試行錯誤を重ねながらもそのビジョンを実行、実践していくことになろうかと考えており、現段階ではまだ流動的な部分もございますが、新年度におきましてスポーツと健康を軸とした観光まちづくり事業と銘打ち、プレーパーク大飯を会場にスポーツを通じて企業が集まるわかさゲームズを開催すべく、所要の経費を予算案に盛り込んでいるところでございますので、御理解賜りますようお願い申し上げます。

大野市議会 2015-03-11 03月11日-一般質問-05号

次に「市民の意見や考え方の取り入れ方」についてでございますが、地方人口ビジョン地方版総合戦略策定にあたりましては、国から提供される地域経済分析システムを活用するとともに、市内産業観光まちづくり、教育文化医療福祉のほか、大学金融機関など多種多様な関係者で構成致します、仮称ではございますが、大野市人口減少対策会議を構築することとしております。 

大野市議会 2015-03-09 03月09日-代表質問、一般質問-03号

なお、これらの計画策定に当たりましては、国から提供されます産業人口社会インフラなどのデータ分析ができる地域経済分析システムを活用するとともに、市内産業観光まちづくり、教育文化医療福祉関係のほか、大学金融機関などで構成します、仮称ではありますが、大野市人口減少対策会議を構築し、できるだけ幅広いご意見をお聞きしながら進めてまいりたいと考えております。 

大野市議会 2013-06-10 06月10日-一般質問-02号

地域活性化の切り札として観光に対する期待は大きく、全国各地地域主体観光まちづくりへの取り組みが進んでいます。 観光まちづくりは、地域づくりの面から見ると、道路整備景観整備などのインフラ整備とともに、文化財、まちなみ保存、自然、里山、食文化伝統行事スポーツイベントなどいろいろな分野の地域の特色が観光資源として活用できます。 

福井市議会 2012-09-11 09月11日-03号

一乗谷朝倉遺跡では,歴史と自然をポイントに朝倉遺跡時代衣装パフォーマンス事業のほか,新たな取り組みといたしまして復原町並に違った角度から景色を楽しんでもらおうと復原町並ぐらの設置でありますとか,地元高校生によります和楽器演奏書道パフォーマンスお茶会,大道芸など日ごろの成果を披露しながら観光客交流していただく取り組みおもてなし事業の中で展開するとともに,旧街道でつなぐ東郷地区と連動した観光

福井市議会 2011-03-01 03月01日-02号

また,県議会の中でも交通や経済,観光まちづくりなどプラス・マイナス両面の課題を分析し,最大限活用できるよう対応策検討を急ぐとしておりますけれども,県都福井市としましても,こういった県と連携をしながら,その対策を練っていく必要性があると思いますけれども,これについても御所見をお伺いしたいと思います。 続いて3点目,経理適正化に関する自主調査についてお伺いいたします。 

  • 1
  • 2