2748件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井市議会 2022-07-11 07月11日-05号

観光振興などについて調査を行う特別委員会が今定例会で設置される予定でもあるため,そこでの議論を踏まえた上で事業を進めていったほうがよいのではないのかとの意見がありました。一方,新たに設置される特別委員会観光振興などを議論していくためには情報収集も必要であるとの意見も出され,挙手採決の結果,賛成少数で原案は否決されました。 

福井市議会 2022-06-24 06月24日-01号

これを機に,県や勝山市,関係団体連携を図りつつ,これら文化遺産情報発信活用を進め,広域観光推進地域活性化にしっかりとつなげてまいります。 それでは,6月補正予算案について御説明申し上げます。 このたびの補正予算案は,国,県の補助金内示等に対応するもののほか,各種施策推進するために予算措置が必要になったものについて予算を計上いたしました。 

越前市議会 2020-12-09 12月19日-06号

また、別の委員からは、来館者増加傾向にあるとのことだが、まだ比較的少ないと感じる、観光という面からも、しらやまいこい館コウノトリPR館についてもっと情報発信していただきたいとの要望がなされました。 次に、商工費中、工業振興費に計上された新事業チャレンジ補助金について、委員からは、今年度の申請状況についてただされました。 

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

次に、同じく観光費に計上された地方創生推進交付金活用した訪日外国人誘客にかかわる調査事業委託料について、委員からは、昨年度に事業計画書を作成したとのことだが、その後事業は順調に進められているのか、ただされました。 理事者からは、昨年度作成した計画書をもとに今年度当初から有識者の方に内容の精査をしていただき、ブラッシュアップして具体的な事業内容を決定した。

福井市議会 2020-11-01 11月01日-01号

────────────────────── ○議長堀川秀樹君) 次に,日程7 観光振興歴史文化活用対策特別委員会付託案件についてを議題とします。 去る9月定例会において継続調査となりました観光振興歴史文化活用対策特別委員会付託案件について,経過報告を求めます。 観光振興歴史文化活用対策特別委員長 30番見谷喜代三君。 

福井市議会 2020-09-11 09月11日-04号

このサービスは,駅や観光地,ホテルなどにステーションと呼ばれる携帯型バッテリーを複数備えるものです。従来ですと,こういった充電器は据置型の充電器であり,充電中は移動することができませんでした。今後急速に拡大していくとされるモバイルバッテリーシェアリングサービスにおいては,ステーションから小型の充電器を抜き出すことができ,移動しながら,例えば観光しながら充電をすることができます。

福井市議会 2020-09-10 09月10日-03号

観光の分野では,本市を代表する観光地である一乗谷朝倉遺跡,まちなか,越前海岸における観光素材磨き上げ魅力発信に取り組んできました。そのかいもあって,本年5月20日に一乗谷朝倉遺跡福井城址養浩館庭園などが日本遺産として文化庁に認定されたところです。 4,学び成長するまちでは,将来を担う子どもたちに安全で良好な学習環境を提供するため,学校施設計画的な更新,改修を進めました。 

福井市議会 2020-09-02 09月02日-01号

────────────────────── ○議長堀川秀樹君) 次に,日程3 観光振興歴史文化活用対策特別委員会付託案件についてを議題とします。 去る6月定例会において継続調査となりました観光振興歴史文化活用対策特別委員会付託案件について経過報告を求めます。 観光振興歴史文化活用対策特別委員長 30番見谷喜代三君。 

福井市議会 2020-07-01 07月01日-02号

現在,27の構成文化財の一つである美濃街道を通した交流人口拡大を目指す越前美濃街道広域観光交流推進協議会,共通の客層を有し地理的にも隣接する福井永平寺周遊滞在型の観光創出を促す福井永平寺周遊滞在観光推進委員会インバウンド観光誘客目的とした北陸国際観光テーマ地区福井地区推進協議会など,それぞれの目的エリアに応じた広域連携を行っております。

大野市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

次に、観光戦略について申し上げます。 理事者からは、春の観光入り込み客数については、1月から4月までの入り込み客数が前年同月比で57.4㌫減となったことや、おおの城まつりなど集客イベントの中止に関する説明がありました。 今、観光事業者は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け大変な状態に陥っています。