1348件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

次に、門前町多目的広場整備事業費について、現時点で考えている駐車可能台数と、大型観光バス駐車可能なのか。また、イベントの際にはイベント会場と駐車場を一緒にできるのかとの問いに対し、駐車台数は普通自動車17台を見込んでいる。土地の形状やアーケードの設置状況等から大型の観光バス駐車は物理的に困難と考えられるため、大型バスは予定していない。

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 名簿

         23番 立 石 武 志 君   12番 中 野 史 生 君         24番 林   正 男 君  2.職務のため議場に出席した事務局職員   局 長    池 田 啓 子 君  次長補佐   松 浦   毅 君   次 長    土 手 雅 弘 君  係 長    林   竜 宏 君  3.地方自治法第121条により説明のため出席した者   市 長    渕 上 隆 信 君  観光部長

敦賀市議会 2019-06-27 2019.06.27 令和元年第4回定例会(第4号) 名簿

24番 林   正 男 君   12番 中 野 史 生 君  2.欠 席 者   17番 和 泉   明 君  3.職務のため議場に出席した事務局職員   局 長    池 田 啓 子 君  次長補佐   松 浦   毅 君   次 長    土 手 雅 弘 君  係 長    林   竜 宏 君  4.地方自治法第121条により説明のため出席した者   市 長    渕 上 隆 信 君  観光部長

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 本文

そういう意味からすると、市民の皆さんが集い楽しみ、そして学ぶことを礎とした観光政策。結論からいいますと、市民のための観光政策という視点でないといけないのかなと。そうでなければ敦賀市が持続的に発展していくための真の観光政策にならないのではないかというふうに考えております。  

敦賀市議会 2019-06-26 2019.06.26 令和元年第4回定例会(第3号) 名簿

24番 林   正 男 君   12番 中 野 史 生 君  2.欠 席 者   21番 馬 渕 清 和 君  3.職務のため議場に出席した事務局職員   局 長    池 田 啓 子 君  次長補佐   松 浦   毅 君   次 長    土 手 雅 弘 君  係 長    林   竜 宏 君  4.地方自治法第121条により説明のため出席した者   市 長    渕 上 隆 信 君  観光部長

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 名簿

         23番 立 石 武 志 君   12番 中 野 史 生 君         24番 林   正 男 君  2.職務のため議場に出席した事務局職員   局 長    池 田 啓 子 君  次長補佐   松 浦   毅 君   次 長    土 手 雅 弘 君  係 長    林   竜 宏 君  3.地方自治法第121条により説明のため出席した者   市 長    渕 上 隆 信 君  観光部長

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

そのため、観光に特化した組織としまして観光部を設置し、観光部局、各種団体等と連携しながら敦賀開業に向けての受け皿づくりの強化、スピードアップを図るものでございます。  以上でございます。 ◯15番(豊田耕一君) 観光部、松葉部長のもと頑張っていただきたいなというふうに思います。  

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会 目次

──  59  (質 疑)  第75号議案 ────────────────────────────────  59 ○日程第2 代表質問  市 政 会  福 谷 正 人 君 ─────────────────────  61   1.市長の施政方針について   2.予算編成及び財政運営について   3.原子力政策について   4.教育政策について   5.ハーモニアスポリス構想について   6.観光戦略

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会(第1号) 名簿

         24番 林   正 男 君  2.職務のため議場に出席した事務局職員   局 長    池 田 啓 子 君  次長補佐   松 浦   毅 君   次 長    土 手 雅 弘 君  係 長    林   竜 宏 君  3.地方自治法第121条により説明のため出席した者   市 長    渕 上 隆 信 君  産業経済部長 吉 岡 昌 則 君   副市長    片 山 富士夫 君  観光部長

鯖江市議会 2019-06-10 令和 元年 6月第418回定例会−06月10日-04号

まず、款7商工費、丹南広域観光議会等負担金について、事業内容が変更されたことによる減額補正とのことだが、事業が後退したことによるものではないのかとの質疑があり、本事業は平成30年7月から丹南地域5市町にて開始した5カ年事業であり、平成30年度においては、観光客向けの体験商品、パンフレットの作成を予定していた。

鯖江市議会 2019-05-31 令和 元年 6月第418回定例会−05月31日-03号

一遍ごらんになっていただけるとわかると思いますけれども、これは産業あり、文化あり、観光あり、そして自分たちが思う鯖江の課題、こういったものを発表しているんですね。これは動画もありますし、英文、あるいは英語での訳、そういったものもされておりますので、高校生としては大変すばらしいできばえになっているんですね。

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

自転車活用推進法が2年前に制定され、2018年には自転車交通の役割拡大による良好な都市環境の形成、また、サイクルスポーツの振興等による活力ある健康長寿社会の実現、サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現、自転車事故のない安全で安心な社会の実現を目標とした自転車活用推進計画も閣議決定をされております。  

敦賀市議会 2019-05-24 2019.05.24 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文

第1条は、部の設置でありまして、敦賀駅から気比神宮、金ケ崎周辺といった中心市街地の観光資源の活用、磨き上げを一元的に行うとともに、敦賀の魅力を全国に発信する体制を強化するため、産業経済部から観光部門を独立させ観光部を設置し、関係部局、各種団体等と連携しながら敦賀開業に向けての受け皿づくりの推進、スピードアップを図るものでございます。  

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

日  俊 雄 君    教育委員会  山 田  靖 子 君   部   長                事 務 局長   消 防 長  松 本  耕 治 君    結 の 故郷  真 田  正 幸 君                        創 生 室長   総 務 課長  山 田  明 美 君    財 政 課長  吉 田  克 弥 君   福祉こども  山 田  徹 夫 君    商工観光振興

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

その市民の皆さんの日々の生活を豊かにするためにも新幹線開業を土台として、生活に必要な道路などのインフラ整備を進めていくこと、また多くの観光客に敦賀に来てもらい外貨を稼ぐ、その外貨で市民生活に密着した施策を行っていくということをしなければ、人口は減っていく、それに伴って税収は減っていく時代の中では、やりくりできません。

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

本  耕 治 君    結 の 故郷  真 田  正 幸 君                        創 生 室長   財 政 課長  吉 田  克 弥 君    和泉支所長  三 嶋  政 昭 君   市 民 生活  笠 松  健 男 君    福祉こども  山 田  徹 夫 君   課   長                課   長   健 康 長寿  松 本  邦 章 君    商工観光振興

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

地元産業の振興や観光の底上げ、農林業、商工業における後継者不足、小中学校再編など、個別具体の課題として認識している人は多くいますが、人口減少という時代の中でどう取り組んでいくのか、大野市の方向性が見えなければ、施策の方向性も優先順位も付けられません。  次の世代にメッセージとして届いていません。  不安ばかりが募っています。