1213件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会(第3号 6月15日)

社会経済情勢の変化に対応するため、本年度福井県は20年ぶりに企業誘致補助制度のリニューアルを行いました。  従来の補助制度の長所を維持しつつ、女性や若者が働きたくなる環境整備に対する上乗せ支援等オプションメニューを充実しています。  また、私たち市町と協力した企業誘致支援するサテライトオフィス誘致制度を新たに創設されました。  

勝山市議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会(第2号 6月14日)

県の補助制度活用勝山市独自の産業振興助成金制度税制面での優遇制度等企業に対してのアピールはどの市町も大なり小なり試みていることと思われます。  また、県もこのほど新制度を打ち出して企業誘致の後押しをしてくれています。県は従来の補助制度を維持しつつ、別制度で新たに地域経済牽引事業枠を創設しています。  

勝山市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第2号 3月 3日)

現在、市の補助制度にございますのは、自主防災組織補助金の中の備品購入補助といったメニューがございまして、これは防災資機材の国の費用の3分の2を補助するもので、ただし限度額がございまして、一組織当たり限度額を20万円としているものでございます。そのため、この20万円を使い切られた場合、現在補助制度はないといったことでございます。  

大野市議会 2021-03-01 03月01日-議案上程、説明-01号

また市内企業生産と雇用の拡大に向けて、国県なども含めた補助制度についての情報提供や、人材確保に向け関係機関連携した施策の実施など支援を進めていきます。 次に、「くらし環境分野 豊かな自然の中で快適に暮らせるまち」について申し上げます。 最初に、大野市水循環基本計画について申し上げます。 

敦賀市議会 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第1号) 本文 2021-02-24

また、嶺南地域急性期医療を担う医療機関対象とした県の補助制度活用し、エックス線撮影装置生化学自動分析装置等整備することとし、医療器械購入費を新年度予算に計上いたしました。  今後も急性期医療救急医療、周産期医療など地域が必要としている医療を提供しつつ感染症医療を継続してまいりますので、市民の皆様をはじめ議員各位の御理解、御支援をお願いいたします。  

勝山市議会 2021-02-24 令和 3年 3月定例会(第1号 2月24日)

農林業関連では、特産作物の栽培に取り組む生産者対象に、農業機械導入に対する補助制度を拡充し、道の駅等への積極的な出荷を促してまいります。  新たな取組として、若手農家農業男子農業女子を積極的にPRし、新規就農者増加につなげてまいります。また、森林・作業道等維持管理獣害対策のために、山際や集落内の茂み用の草刈り機を市民に貸し出す制度を新設いたします。  

大野市議会 2020-12-17 12月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

これに対し、理事者からは、国や県の補助制度活用しつつ市の単独による支援を含め対応していきたいとの説明がなされました。 水循環における農業の果たす役割や道の駅の直売所における魅力づくりなど農業者の力は欠かせませんので、しっかり取り組まれたいと存じます。 次に、住宅施策移住定住について申し上げます。 

小浜市議会 2020-12-15 12月15日-03号

市といたしましても、ICT導入介護ロボット活用し、業務の負担軽減を図ることは、介護職員離職防止定着促進にもつながることから、ICT導入等支援に関する補助制度周知を行うとともに、県と連携をしながら活用促進支援していきたいというふうに考えております。 以上でございます。 ○議長(今井伸治君) 2番、東野浩和君。

敦賀市議会 2020-12-10 令和2年第6回定例会(第4号) 本文 2020-12-10

このうち御質問のサービス促進事業のほうにつきましては、福井県の補助制度との重複等もあり、11月末時点で5件のお問合せをいただいておりますが、現時点での実績はゼロということでございます。  敦賀商工会議所とともに、引き続き活用の働きかけをしてまいりたいというふうに考えております。  

おおい町議会 2020-12-09 12月09日-02号

農林水産課長奥治房君) 現在、有害捕獲された獣については、その有効活用を図るため、加工施設整備などに対する国の補助制度も創設されております。 議員御案内のように、町内においてもNPO法人が開発した野鹿バーガー飲食業者が開発したジビエ肉コロッケイノシシ丼など、ジビエ肉消費拡大への取組が展開されているところでございます。 

鯖江市議会 2020-12-08 令和 2年12月第427回定例会−12月08日-03号

一方、全国的にも支援制度を始める自治体が毎年増加してきていることも明白であり、本市のお母さんから、補助制度を有する他市町のことなどを例に挙げ、インフルエンザワクチン予防接種に対する補助を求める声が、これまで以上に私の耳に届いてきております。  任意の予防接種であり、接種費用も3,500円ぐらいかかります。

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

住宅用太陽光発電設備については一定程度普及が進んだことから,国,県が補助制度を終了したことに伴い,本市においても平成28年度補助制度を終了しましたが,公共施設については改修時に合わせて太陽光発電設備の設置など再生可能エネルギー活用を検討してまいります。 今後とも,環境フェアなどのイベントや環境講座などを通して再生可能エネルギーの紹介など普及啓発に取り組んでまいります。