1290件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会(第3号 6月15日)

まずは1点目の新型コロナワクチン接種についてですが、いろいろお答えいただいたんですが、5月28日に菅首相が64歳以下を6月中にも開始せよということ、また河野行政改革担当相が、高齢者接種率上位5県にはワクチンを傾斜配分すると、6月1日に発表しました。いやが応でも、自治体ランク付けを意識させているのかなと思います。  13日の段階では、福井県は14位となっていました。  

大野市議会 2021-03-08 03月08日-代表質問、一般質問-02号

その結果を、外部委員で構成される大野行政改革戦略会議に諮り、会議での意見を各所管と共有して施策事業改善を図っています。 委員からは、子育て支援以外の施策についてのパッケージ化や今後の地域づくりについて議論を深めることの提案、道の駅で売り出す農林水産物や商品の充実大野の歴史などの魅力発信充実高齢者の幅広い活躍の必要性などについて意見を頂きました。 

勝山市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会(第2号 3月 3日)

国の総合調整を担う河野太郎行政改革担当大臣が、現在のワクチン確保量接種計画必要量の間には桁違いの開きがあり、4月に一斉に始める想定だった高齢者接種実現には遠く及ばないし、短期間に大勢に接種する国家プロジェクトは序盤からつまずきかねず、河野大臣は焦りの色を強めていると報道しています。

大野市議会 2020-12-08 12月08日-一般質問-03号

同じように行政改革、財政改革も積極的に推進してこられていると思いますが、その進捗(しんちょく)と成果をお尋ねいたします。 ○議長(梅林厚子君)  髙岡さんの質問に対する理事者答弁を求めます。 市長石山さん。 (市長 石山志保君 答弁席へ移動) ◎市長石山志保君)  髙岡議員のご質問にお答えします。 

敦賀市議会 2020-12-08 令和2年第6回定例会(第2号) 本文 2020-12-08

このような中、去る11月14日、政府予算執行の無駄や効果を有識者らが点検する秋のレビューが開催され、河野太郎行政改革担当相日本原子力研究開発機構──原子力機構でありますが、廃炉作業中の新型転換炉ふげんの使用済核燃料海外搬出に関し、直接処分したほうが安いのであれば直接処分ができるまでどこに保管するのかを決める。

鯖江市議会 2020-12-07 令和 2年12月第427回定例会−12月07日-02号

国の行政改革で、地方の元気を骨太方針で打ち出されています。国の概算要求のメニューには、期待できそうな事業などあるように思います。先の見通しを持って、職員は自分の仕事として、補助金の採択に向けた努力も必要だと思うところであります。県、国と連携した行政運営など、市長自ら先頭に立って動かれるのか確認をさせていただきます。  また、市内のコロナ感染症による影響は大きい。

大野市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

また外部委員で構成される大野行政改革戦略会議においては、行政改革について識見を有する委員の方々から意見を求め、その内容については各所管と共有し、施策事業改善を図っています。 本年度は、令和年度成果などについて施策評価を行い、11月にその内容を公表しました。 施策評価を実施する上で最も重要なことは、評価事業の見直しにつなげ、予算に適切に反映していくことであります。 

越前市議会 2020-12-03 12月04日-04号

そして、次の計画プログラムⅤにおいては、これまでの不断行政改革取組により、プログラムⅣで定めている目標数値平成30年度末において全て達成している状況にありますと書かれました。目標数値を変えといて、この表現はないのではないかなというふうに思うところです。 不断努力で達成しているというふうに書かれましたが、数字を変えたところで越前市の財政状況が変わるわけではないんです。 

大野市議会 2020-11-30 11月30日-議案上程、説明-01号

1990年代半ば以降、新自由主義的手法による地方分権改革行政改革の下で、平成合併と言われている市町村合併民営化が進められ、職員の非正規化施設統廃合などが進み、住民の命、暮らしのとりで、住民福祉の担い手であった自治体が変質されてきました。 保健所削減等はその典型であり、コロナ禍感染拡大に追い付かず、職員さんがそれこそ過労死レベルの労働を強いられている所も多くあると聞き及んでいます。 

小浜市議会 2020-09-10 09月10日-02号

従来の御答弁では、国の行政改革方針にのっとり、調理員正規採用をしていないとのことですが、県内でも越前市のように、毎年少しずつ正規採用を増やしているところもあります。 今の小浜市の学校給食を維持したい、そのためには調理員正規採用をという確固とした姿勢を示せば、市民の合意を得ることができるのではないでしょうか。 繰り返しになりますが、本市の自校直営学校給食市民全体の宝です。 

大野市議会 2020-08-31 08月31日-議案上程、説明-01号

まず、大野行政改革推進プランについて申し上げます。 7月28日に、大野行政改革戦略会議を開催し、大野行政改革推進プランの策定の考え方についてご意見を頂きました。 本プランは、第六次大野総合計画前期基本計画に位置付けられる施策基本として新たに定めていきます。 次に、デジタル化推進について申し上げます。