運営者 Bitlet 姉妹サービス
11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-06-09 越前市議会 平成29年 6月第 2回定例会-06月09日−01号 議長はその職責上どの委員会にも出席する権限を有しているほか、可否同数の際における採決権など議長固有の権限を考慮するとき、1個の委員会に委員として所属することは適当ではなく、また行政実例でも議長については辞任が認められているところでありますので、議長の常任委員辞任については許可をしたいと思います。  これに御異議ありませんか。 もっと読む
2014-05-20 福井市議会 平成26年 5月20日 議会改革特別委員会-05月20日−01号 行政実例の抜粋でございます。  まず、その行政実例の位置づけですが、地方議会については地方自治法に基本的な事項が、また会議規則や委員会条例などに詳細な運用がそれぞれ規定されております。行政実例は、議会の制度、運営について総務省が示した公式見解で、それらを補完するものとなっております。 もっと読む
2011-03-15 小浜市議会 平成23年  3月 定例会(第2回)-03月15日−04号 また、民生委員・児童委員の身分につきましては行政実例で都道府県の特別職の地方公務員に当たるとされているところでございます。本市としても民生委員法に基づいて地域福祉を支えていただく特別職の地方公務員として、生活相談や子どもから高齢者の安否確認などの活動に今後も協力していただく所存でございます。   もっと読む
2002-03-03 敦賀市議会 2002.03.11 平成14年第1回定例会(第3号) 本文 かろうじてそのよりどころとなっているものは、昭和28年、私が生まれた5年後、当時の内閣法制局第一部長 高辻正巳氏による任用基準なるものが行政実例として示され、以後50年を超えて外国人の公務員採用に関し門戸が閉ざされてきたのであります。  私は、もちろん国家公務員は国籍が必要だと思っています。 もっと読む
2000-12-14 敦賀市議会 2000.12.14 平成12年第5回定例会(第2号) 本文 この根拠は法律に明記をされたものではなく、昭和28年当時に内閣法制局第1部長 高辻正己氏による公権力の行使、または公の意思形成の参画に携わるためには日本国籍を必要とするという公務員の任用基準が示され、そのことが以後、50年間近くにわたって行政実例として示され、外国人の公務員採用に関して門戸が閉ざされてきたのであります。  この50年間、いろんな議論が巻き起こりました。 もっと読む
2000-12-12 敦賀市議会 2000.12.14 平成12年第5回定例会(第2号) 本文 この根拠は法律に明記をされたものではなく、昭和28年当時に内閣法制局第1部長 高辻正己氏による公権力の行使、または公の意思形成の参画に携わるためには日本国籍を必要とするという公務員の任用基準が示され、そのことが以後、50年間近くにわたって行政実例として示され、外国人の公務員採用に関して門戸が閉ざされてきたのであります。  この50年間、いろんな議論が巻き起こりました。 もっと読む
1998-03-11 越前市議会 旧武生市議会 平成10年 3月第 1回定例会-03月11日−06号 行政実例によりますと、公権力の行使、または地方公共団体の意思決定の参画に携わる者につきましては、日本国籍を有しない者を任用することはできないとされております。 もっと読む
1998-03-09 越前市議会 旧武生市議会 平成10年 3月第 1回定例会-03月09日−04号 ◎総務部長(川口誠治君) 〔登壇〕現業職員から一般職員の登用についてでありますが、特に現業職員を一般職員とする場合に関して申し上げますと、行政実例等から判断をいたしまして昇任に該当することになります。 もっと読む
1997-03-12 敦賀市議会 1997.03.12 平成9年第2回定例会(第2号) 本文 そもそも国籍条項とは、公務員法で明記されたものではなく、昭和28年に公権力の行使、または公の意思形成の参画に携わるためには、日本国籍を必要とするという公務員の任用基準が、当時の内閣法制局第一部長 高辻正己氏によって行政実例が示され、今日まで44年間、法律でもない自治省官僚によって示されました行政実例が生きている時代錯誤にすべてが起因していると言わざるを得ません。 もっと読む
1997-03-03 敦賀市議会 1997.03.12 平成9年第2回定例会(第2号) 本文 そもそも国籍条項とは、公務員法で明記されたものではなく、昭和28年に公権力の行使、または公の意思形成の参画に携わるためには、日本国籍を必要とするという公務員の任用基準が、当時の内閣法制局第一部長 高辻正己氏によって行政実例が示され、今日まで44年間、法律でもない自治省官僚によって示されました行政実例が生きている時代錯誤にすべてが起因していると言わざるを得ません。 もっと読む
1996-06-11 鯖江市議会 平成 8年 6月第295回定例会−06月11日-02号 このことについては、地方税法等の訓示規定がございまして、行政実例がございます。この中でこの決定については有効か無効かということでございますが、これにつきましては有効であるという行政実例がございますので、1件だけ今申し上げたような手続きをいたしております。  以上であります。 ○副議長(橋本常夫君) 12番、菅原君。 もっと読む
  • 1