運営者 Bitlet 姉妹サービス
22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会会議内容
2017-06-09 越前市議会 平成29年 6月第 2回定例会-06月09日−01号 どの委員会にも出席する権限を有しているほか、可否同数の際における採決権など議長固有の権限を考慮するとき、1個の委員会に委員として所属することは適当ではなく、また行政実例 もっと読む
2014-05-20 福井市議会 平成26年 5月20日 議会改革特別委員会-05月20日−01号 行政実例の抜粋でございます。   もっと読む
2014-05-20 福井市議会 平成26年 5月20日 議会改革特別委員会-05月20日−01号 行政実例の抜粋でございます。   もっと読む
2013-09-30 大野市議会 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月30日−05号 地方自治法第231条の3第2項に規定する公法上の歳入に係る延滞金の額については、地方税法の規定による税の延滞金の額との均衡を失しないよう措置することが適当とする行政実例 もっと読む
2013-09-03 大野市議会 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月03日−01号 地方自治法第231条の3第2項に規定する公法上の歳入に係る延滞金の額については、地方税法の規定による税の延滞金の額との均衡を失しないよう措置することが適当とする行政実例 もっと読む
2008-05-12 大野市議会 平成20年  5月 臨時会(第2回)-05月12日−01号 ◎企画部長(赤嶺信武君) 追加説明で、そこの公共団体の解釈につきましては、私立学校の設置を目的として設立された学校法人公共団体に含まれるというふうに行政実例 もっと読む
2007-06-20 大野市議会 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月20日−03号 先ほど質問の中でもありましたが、いわゆる収入役の辞職といいますか、そういう手続については、地方自治法の規定が置かれておりませんが、行政実例では、収入役が有効に辞職 もっと読む
2007-06-13 大野市議会 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月13日−01号 これ、昭和38年の行政実例でありますけれども、その中に議会に報告する場合の経営状況を説明する書類とは、事業年度開始前のものとして事業計画、それから予算等の書類、事業年度終了後 もっと読む
2007-03-08 大野市議会 平成19年  3月 定例会(第1回)-03月08日−02号 以上のことから、行政実例では、議員が附属機関の委員に就任することは適当でないと明記されているものと考えますが、執行機関の附属機関たる審議会のあり方について、見解を もっと読む
2005-09-15 大野市議会 平成17年  9月 定例会(第2回)-09月15日−01号 例えば、昭和45年の行政実例では、父母、子、孫、兄弟姉妹等が取締役社長、理事長、その他会社、公社等において常時支配力を有する地位にある会社と市とが条例で議会議決をする もっと読む
2005-07-15 大野市議会 平成17年  6月 定例会(第1回)-07月15日−06号 昭和25年6月7日、行政実例がございます。   もっと読む
2005-06-27 大野市議会 平成17年  6月 定例会(第1回)-06月27日−02号 一方、損失補償については、行政実例等によれば、法人に対する政府の財政援助の制限に関する法律第3条の規定するところではないとし、会社その他の法人に対し、地方公共団体 もっと読む
2005-06-23 大野市議会 平成17年  6月 定例会(第1回)-06月23日−01号 されないということのみで損失補償される債務者が破産したか、そこまでに至らなくても客観的に債権の回収が、ほとんど見込みがないという最悪の事態に損失補償しなければならないわけであり、行政実例 もっと読む
2005-05-23 大野市議会 平成17年  5月 臨時会(第1回)-05月23日−04号 制限に関する法律第3条の規定するところではないということで、会社やその他の法人等に対して、地方公共団体が損失補償契約締結することができるというふうな、大変古い行政実例 もっと読む
2002-03-03 敦賀市議会 2002.03.11 平成14年第1回定例会(第3号) 本文 かろうじてそのよりどころとなっているものは、昭和28年、私が生まれた5年後、当時の内閣法制局第一部長 高辻正巳氏による任用基準なるものが行政実例として示され、以後 もっと読む
2000-12-14 敦賀市議会 2000.12.14 平成12年第5回定例会(第2号) 本文 高辻正己氏による公権力の行使、または公の意思形成の参画に携わるためには日本国籍を必要とするという公務員の任用基準が示され、そのことが以後、50年間近くにわたって行政実例 もっと読む
2000-12-12 敦賀市議会 2000.12.14 平成12年第5回定例会(第2号) 本文 高辻正己氏による公権力の行使、または公の意思形成の参画に携わるためには日本国籍を必要とするという公務員の任用基準が示され、そのことが以後、50年間近くにわたって行政実例 もっと読む
1998-03-11 越前市議会 旧武生市議会 平成10年 3月第 1回定例会-03月11日−06号 行政実例によりますと、公権力の行使、または地方公共団体の意思決定の参画に携わる者につきましては、日本国籍を有しない者を任用することはできないとされております。 もっと読む
1998-03-09 越前市議会 旧武生市議会 平成10年 3月第 1回定例会-03月09日−04号 総務部長(川口誠治君) 〔登壇〕現業職員から一般職員の登用についてでありますが、特に現業職員を一般職員とする場合に関して申し上げますと、行政実例等から判断をいたしまして もっと読む
1997-03-12 敦賀市議会 1997.03.12 平成9年第2回定例会(第2号) 本文 、昭和28年に公権力の行使、または公の意思形成の参画に携わるためには、日本国籍を必要とするという公務員の任用基準が、当時の内閣法制局第一部長 高辻正己氏によって行政実例 もっと読む
  • 1
  • 2