2650件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-25 大野市議会 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号 総務課関係については、住民主体の行政ではなく、行政関係者の範囲内を誇示する行政が先行されている感が拭えませんでした。   もっと読む
2019-03-13 大野市議会 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号 ただ、その全てが行政に届いているか、疑問も感じました。  私は、今回、市議会議員選挙に当選させていただきました。  この機会を生かし、こうした市民の方の声を行政に届け、より良い大野市のまちづくりに努めていきたいと考えております。  1年生議員であり、まだまだ至らぬところもありますが、大野市民のために一生懸命頑張りたいと考えております。  今後、よろしくお願いいたします。   もっと読む
2019-03-12 大野市議会 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号 市民と行政の距離を縮め、地域での議論を経て、そこで出た声を行政に届け、施策に反映させていく。  変化の激しい時代、その変化に対応し、行政も議会も、変えるべきところは怖がらずに仕組みを変えていく。  そのために政治が果たす役割は大きいことから、その一翼を担っていきたい、そう思っております。  新人であり、初めての一般質問ということで、何かと不手際などあると思います。   もっと読む
2019-03-11 大野市議会 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号 イキイキと暮らすについては、市民の皆さまが心身共に健やかで生活できることが行政の本来の目的であること、また今後も増加が見込まれる医療費に対し、行政として根本的な対応を行う必要があることから、予防に重きを置いた健康増進事業に取り組むことが重要であると考えています。   もっと読む
2019-03-08 敦賀市議会 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文 検討を進める中で、庁内だけでなく有識者や市民の力をかりまして、行政のみの限られた知見と常識に縛られない有効な検討を進める必要があると考えております。   もっと読む
2019-03-07 敦賀市議会 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文 ◯11番(山崎法子君) 今お答えいただきました第3期における成果については策定委員会の中でまた議論をしていくということでありますけれども、行政側として、第3期、100%できたものとか全く手をつけられなかったもの、もしくは中途のもの、そういったことに関しては、行政側としては、策定委員会に諮る前にきちっとそこは点検をしておく必要があると考えますけれども、その点について、今のお答えの中にどのぐらいの時期に もっと読む
2019-03-06 敦賀市議会 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文 それでは、まず第1点目、原子力行政と地域振興についてであります。  まず1点目は、もんじゅ廃炉の影響ということで、私が一般質問をさせてもらった20年前、大体6万9000だったんですね。 もっと読む
2019-03-04 大野市議会 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号 平成27年3月に策定した第七次大野市行政改革大綱において、施設の使用料については、消費税率の引き上げを見据え見直すこととしています。   もっと読む
2019-03-01 大野市議会 平成31年  3月 定例会-目次 2 和泉地区統合施設と行政サービスの変更について ○ 平成31年度当初予算に、和泉地区統合施設の整備予算に2億円余りが計上されてい  る。本施設の内容や行政サービスの変更について、和泉地区住民にどのような方法で  周知されてきたのか。 もっと読む
2019-03-01 越前市議会 平成31年 3月第 1回定例会 本件の採決に当たりましては、委員からは、連携中枢都市である福井市に人、物、仕事の集積が促進される結果、周辺連携市町の空洞化が危惧されること、また越前市は連携中枢都市圏の形成を通じた行政サービスの提供及び水準の維持を図るものではなく独自の施策の拡充、発展強化によってそれぞれの課題に対応していくべきものであるとの考えから反対するとの討論がなされました。  もっと読む
2019-02-26 大野市議会 平成31年  2月 臨時会-02月26日−議席の指定、議長・副議長の選挙−01号 また、団塊の世代が後期高齢者となり、超高齢化社会を迎える2025年問題への対応が目前に迫る中、地域の特色を生かした行政の推進がなお一層求められており、本市独自の創意工夫が重要となっております。   もっと読む
2019-02-21 敦賀市議会 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文 次に、原子力行政について申し上げます。  もんじゅにつきましては、昨年8月から実施していた燃料体取り出し作業を先月28日で終了し、その結果、86体の処理にとどまることとなりました。目標としていた100体の処理には届きませんでしたが、残りの体数については今後の工程の中で吸収でき、平成34年度の燃料体取り出し作業完了という全体計画に影響はないとのことであります。 もっと読む
2019-02-21 敦賀市議会 2019.02.21 平成31年第2回定例会 目次 ────────────────────────────────  39 ○日程第8 請願第1号〜請願第4号(委員会付託) ──────────────  40  第2号(3月6日) ○日程第1 第2号議案〜第9号議案(委員長報告から採決まで) ────────  43 ○日程第2 一般質問  19番 北 條   正 君 ─────────────────────────  45   1.原子力行政 もっと読む
2019-02-01 大野市議会 平成31年  2月 臨時会-目次 …………… 6会期の決定……………………………………………………………………………………………………… 6副議長の選挙…………………………………………………………………………………………………… 6各常任委員会委員の選任……………………………………………………………………………………… 8議会運営委員会委員の選任…………………………………………………………………………………… 8大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員 もっと読む
2018-12-21 鯖江市議会 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号 そしてこの協議会において、行政代執行や補助、再利用など、空き家等対策については今後協議していくものであるとの説明がありました。   もっと読む
2018-12-18 敦賀市議会 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文  平成30年度敦賀市一般会計補正予算(第6号)では、市有資産利活用推進事業費について、公園を売却することとなった理由や経緯はとの問いに対し、事業者からの提案や、近隣に津内緑地等を初めとした多くの公園が隣接し、また今回の土地は公園としての利用も少ないこと、公園としての維持管理費もかかること等を踏まえ、有効な土地活用の観点から、地元住民への説明会で同意をいただいた上で、平成26年度に公園の用途を廃止し行政財産 もっと読む
2018-12-12 鯖江市議会 平成30年12月第416回定例会−12月12日-04号 連携中枢都市圏は何を目的にしているかとのお尋ねでございますけれども、連携中枢都市圏構想は人口減少、少子高齢化社会におきまして、地方公共団体が柔軟に連携し、地域の実情に応じた行政サービスを提供するためのものでございまして、その圏域としての政策を継続的に安定的に推進するというものでございます。 もっと読む
2018-12-12 大野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 指定管理者制度が陥りがちな行政の私物化に対しては、十分な注意を払った継続審議を求めておくものであります。 ○議長(山崎利昭君)  榮君に申し上げます。  本会議における討論については、会議規則第51条第1項の規定により、事前に通告を行うこととなっております。  よって、通告なしの討論は、差し控えていただきますようお願いをいたします。  榮君。 もっと読む
2018-12-11 鯖江市議会 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号 市民が単なる行政サービスの顧客にとどまるのではなく、まちづくりの主役となることを通じ、全員参加型のまちづくりを目指し、条例制定にも関与した市民主役条例推進委員会の皆様を初めとした市民と、これまで行政が二人三脚で事業を推進されてきたものと承知をしているところであります。  この鯖江市民主役条例が制定され、約9年が経過いたしました。 もっと読む
2018-12-10 鯖江市議会 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号 市役所の最大の目標は、第一に市民の皆さんが鯖江に住んでよかったと思っていただけるようなまちづくりであり、子育てがしやすい、歳をとっても生活がしやすい、近くに働く場所がある、様々な行政支援が充実しているなど安心安全な理想的なまちづくりの実現ではないでしょうか。  しかし、少子高齢化や公共施設の老朽化など、今後避けては通れない行政コストの増加が見込まれ、行政運営はさらに厳しい現実が予想されます。 もっと読む