445件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小浜市議会 2020-09-11 09月11日-03号

そのほか、給付金補助金等支援制度利用につきましては、国の持続化給付金や県の休業要請協力金などを利用されていましたが、無担保保証融資制度利用につきましては、コロナ禍がいつ終わるか先も見えず、借りても返済のめどが立たないということで、ほとんどの方が利用されていない状況でした。 そこで、7月1日から8月7日に実施された、ふくいde泊りキャンペーンが好評だったとお聞きしております。

鯖江市議会 2020-09-01 令和 2年 9月第426回定例会−09月01日-03号

現在、資金繰りという点におきましては、実質利子、無担保の有利な融資制度を国、県、市が一体となって用意しているところでございますし、また、8月からは国が事業所財務体制強化を図る上で、劣後ローンの適用も始めているところでございます。そういった資金を活用しながら、資金需要に備えていただきたいなというふうに考えてございます。  

小浜市議会 2020-06-19 06月19日-03号

これら二つの融資制度申込金額合計は22億円に迫っておりまして、平成21年のリーマンショックの際の年間融資金額合計額の約12億円を既に大きく上回っている状況でございます。 以上でございます。 ○議長今井伸治君) 9番、佐久間博君。 ◆9番(佐久間博君) さきの県議会での知事説明で、県制度融資申請が4,200件、900億と、昨年度の20倍近いと発表がございました。 

小浜市議会 2020-06-18 06月18日-02号

このほか、市内金融機関を訪問し、取引先事業所の現状や「経営者の声」の聞き取りを行ったほか、融資制度などの事業者支援必要性についての話合いも行ったところでございます。 また、4月18日に設置しました市の電話総合窓口におきまして、様々な事業者市民方々からの声をお聞きするとともに、市内誘致企業伝統産業などの製造業に対しても直接聞き取りを行ってきたところでございます。 

勝山市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会(第2号 6月15日)

また、市内事業者新型コロナウイルス感染症による売上げ減少への経済対策として、無利子・無担保融資制度を受ける際には、申請者売上げ等を前年同月と比べて、そこから算出されます減少率要件を満たしているかどうか、そこにつきましては市町が認定をしています。  勝山市では、例年10件未満の認定数のところ、今年度は現時点で既に100件を越え、申請者の業種も多岐にわたっています。  

おおい町議会 2020-06-09 06月09日-01号

まえた町民へのマスクの配布や資機材の備蓄など、また生活支援として、国の緊急対策特別定額給付金子育て世帯臨時特別給付金に加え、感染症拡大による各家庭の経済的な影響緩和するため町独自に町民応援給付金支給などを、さらに大きな影響を受ける地域経済への対策として、県の中小企業休業等要請協力金への町の負担や、町からの依頼に応じて休業等を行う事業者に対する町独自での協力金支給、さらには中小企業振興資金融資制度

福井市議会 2020-06-09 06月09日-03号

そして,減収に対する緊急措置として,昨年同月と比較して概算で報酬を支払う概算払いや,新たな融資制度の枠をつくるなど,医療機関介護施設現金が枯渇しない支援策を早急に講じることを政府に求めるべきと考えますが,どうでしょうか。 また,福井市としても市内医療機関介護施設給付金を出すべきではないでしょうか。答弁を求めます。 感染防護を進めるために頑張ってくれた保健所の職員体制も検証が必要です。

鯖江市議会 2020-06-05 令和 2年 6月第424回定例会−06月05日-02号

政策経営部長斉藤邦彦君) 市民生活地域経済を支えるために、これまで市が実施してまいりました2度の補正予算に掲げた事業について、どのような思いで企画をし、市民の求めに迅速に的確に対応できているのかというお尋ねでございますが、緊急事態宣言の発令などで市民生活が一変する中、国の1次補正や県の補正予算において融資制度拡充特別定額給付金持続化給付金休業協力金などの現金給付が進められております。

大野市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問、討論、採決-04号

BCPに関しては、本当に重要性を感じておりまして、例えば今回、コロナウイルス、これだけまん延していますけれども、拡大防止のためにいろいろと活動していただいてまして、昨日までのご答弁を聞いていますとですね、融資制度緩和であったりとか、補償内容緩和であったりとか、そういった資金繰りのことばっかりがですね、答弁の中であってですね、本来だとこういったBCP、こういったものをですね、こういったものも前倒しをしてしっかりと

勝山市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第2号 3月 3日)

勝山市は、2月6日に記録的な少雪による地域経済影響対策について情報交換会を開催し、報道では、水上副市長融資制度条件緩和利子補給の延長も考えられると述べたようです。  しかし、私たちは、こうした緊急対策だけでなく、地球温暖化影響を考慮した中長期的な対策を検討すべきだと考えますが、市長の見解を伺います。 ○副議長(乾 章俊君) 伊藤総務部長。