2664件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2020-12-06 12月09日-05号

国交省は、未就学児が巻き込まれる交通事故を防ぐために防護柵設置や車のスピード抑制対策などに取り組む自治体財政支援を強化しております。自治体などに本年9月末までに保育園や幼稚園周辺安全点検を要請しておりますが、本市の現状はどうなっているのか、お聞きをしたいと思います。 ○議長三田輝士君) 出口市民福祉部理事

越前市議会 2020-12-05 12月06日-04号

建設部長伊藤邦明君) 吹きつけアスベストの解体撤去費補助に関しましては、これまでの回答の繰り返しになりますが、県を初め県内どの自治体も現在補助を行っていない状況でございます。今後、国や県、他の自治体の動向を踏まえながら研究してまいりたいと考えています。 ○議長三田輝士君) 砂田竜一君。 ◆(砂田竜一君) わかりました。 

大野市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

また、中部縦貫自動車道の残る和泉・油坂区間や国道158号の早期整備に向けての要望活動については、関係する自治体や団体との連携を強化するとともに、インターネットを活用して市民の声を直接伝えられるような新しい形の活動を展開してはどうかとの提案がなされました。 次に、観光戦略について申し上げます。 

大野市議会 2020-06-09 06月09日-一般質問-03号

特に市町村などの基礎自治体においては、住民基本台帳情報税情報などの個人情報を必要とする事務を数多く取り扱うことから、情報セキュリティの確保に懸念があり、セキュリティを確保したシステム構築にコストが掛かることや市民生活を支える現場で働く職員も多く、一様にテレワークを導入することが難しいことなどが想定されます。 

福井市議会 2020-06-09 06月09日-03号

この定義について,国立感染症研究所ホームページ内の定義変更等に関するQ&Aのページでは,感染しないことを保証する条件はよく分かっていない,行政が行う積極的疫学調査に当たっての基準の運用については自治体ごとの判断としています。 自治体丸投げの政府の対応はどうかと思いますが,判断自治体に委ねられた以上,市民の不安に応える立場に立った運用が必要です。

福井市議会 2020-06-08 06月08日-02号

7,国からの新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金は,自治体財政力感染症状況に基づいて算定されるようですが,本市には幾ら交付され,どのような事業に充てられるのか。また,このたび2兆円が増額されることになり,本市独自の支援事業を期待しますが,交付される金額と使い道をどのように考えているのか,お伺いします。 

福井市議会 2020-03-24 03月24日-05号

まず,高度情報化時代への対応について委員から,市民サービス向上職員負担軽減に向け,全国の一部自治体では人工知能導入され始めているが,本市としては今後どのように取り組んでいくのかとの問いがあり,理事者から,令和年度からは,窓口への問合せに人工知能対応するAIチャットボットや,ふくい嶺北連携中枢都市圏事業において定型業務を自動化するRPAを導入し,市民サービス向上事務効率化を図る予定となっている

勝山市議会 2020-03-23 令和 2年 3月定例会(第5号 3月23日)

さらに、妊産婦の医療費無料化県内自治体では2番目の実施となり、このほかにも子育て支援制度が拡充されたことや、雪に強いまちづくりとして国の交付金制度を活用して、克雪住宅に50万円の助成をすることも、雪国としての特色ある事業として評価します。  また、議会の指摘により改善を約束された事業については適切な対応を期待します。  

大野市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問、討論、採決-04号

地域おこし協力隊は、平成21年度総務省が創設した制度で、地方自治体が3大都市圏をはじめとした都市在住者地域おこし協力隊員として受け入れ、各種の地域協力活動に携わっていただき、当該地域への定住を図る取り組みです。 まず1点目、隊員の途中退任の原因と追加募集状況についてお答えいたします。