227件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2021-03-11 令和3年第1回定例会(第4号) 本文 2021-03-11

次に、港都つるがの役割強化についてでございますが、港都つるがは、現在、中心市街地既存ストック活用に取り組むとともに、敦賀Rハッカソン開催等による人材の発掘、育成、まちづくりに資する事業に積極的に取り組んでおりまして、一定の成果を上げているというふうに認識しております。  

越前市議会 2020-02-26 02月27日-03号

次に、外国人ガイド育成内容の詳細をお知らせください。(「議長」と呼ぶ者あり) ○議長三田輝士君) 小泉産業環境部長。 ◎産業環境部長小泉陽一君) 外国人ガイド育成につきましては、観光に来られたお客様方外国人の方に外国語の通訳ができる方を募集いたしまして、研修を行っていくという内容でございます。(「議長」と呼ぶ者あり) ○議長三田輝士君) 吉村美幸君。

鯖江市議会 2019-12-09 令和 元年12月第422回定例会−12月09日-02号

また、個社向け支援策といたしましては、市内中小企業の新技術開発、新事業創出、国内外への販路開拓、そして人材育成の取組を促すことを目的補助金制度を設けております。また、経営の安定や設備近代化工場建設等資金需要に対しまして低金利での融資が受けられる制度融資市内金融機関と協調して行っております。  

越前市議会 2019-09-10 09月20日-06号

また、芸術文化に対する造詣が深く、全国大学造形美術教育教員養成協議会、福井県総合美術展覧会など数多くの学会に所属し、芸術文化における豊富な知識を生かした人材育成に御活躍をされています。今回教育委員会委員の任命に当たり、人格が高潔で教育に関し高い識見を有しておられることから、まことに適任であると存じまして御提案をいたしたものであります。よろしく御同意を賜りますようお願い申し上げます。

敦賀市議会 2019-05-24 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文 2019-05-24

第2条は、各部の分掌事務でありまして、まず第5号、産業経済部につきましては、本年度で産業団地の造成が完了予定であることから企業誘致活動との連携を強化するため産業経済部内に産業団地整備課に関する業務を移管するとともに、敦賀西部地区土地改良事業の進捗に伴い生産組織育成、担い手対策を重点的に推進していく必要があるため、農林水産振興課業務産業経済部に移管するものであります。  

小浜市議会 2019-03-14 03月14日-03号

おばまと連携を密にして、新たなNPO法人立ち上げ支援市民活動団体育成に努めてまいりたいと考えております。 先ほどご答弁させていただきました島根県の江津市では、市、NPO商工会議所、商工会、信用金庫等地域全体が連携して、それぞれが適切な支援が行える体制構築し、創業支援等で成功されております。

敦賀市議会 2019-03-07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文 2019-03-07

この観点から、先ほども申し上げましたとおり、昨年の8月6日に同社敦賀市を中心とする水素サプライチェーン構築に関する基本協定を締結し、研究開発事業単体推進のみならず、その後を見据えた水素サプライチェーン構築に向け、技術開発地域産業育成を実施することを定めたところであります。  

福井市議会 2019-02-25 02月25日-02号

当初予算では,産業施策として圏域内中小企業者等が行う新技術・新製品の開発や新たな販路開拓企業の成長を支える人材育成に対して支援するマーケット開発支援事業,また圏域内農林水産物加工品認知度向上圏域内外への販路拡大を図るため,市町や生産者加工品製造業者連携した販売会等開催やPR,マッチングを行う農林水産物「ふくいブランド構築事業などを掲げております。 

小浜市議会 2018-12-13 12月13日-02号

また、その必要な人材確保技術の継承といいますのは、他の自治体でも共通の課題となっているということから、広域連携によります人材育成についても今後検討していかなければならない必要があるということでございます。 また、簡易水道につきましては、平成32年の4月から地方公営企業法を適用いたしまして、特別会計から企業会計へ移行するとともに、水道会計との会計統合というものを行う予定であります。

福井市議会 2018-09-04 09月04日-03号

この中で,日本文化観光資源としての魅力も高めるなどしながら世界に発信し,地方創生地域活性化担い手育成につなげるとして,従来の文化行政の範囲に閉じることなく,外交,観光産業まちづくりなどさまざまな関連分野との連携を強化し総合的に施策推進するとしています。オリンピック同様,国体もスポーツの祭典であるとともに,文化祭典でもあります。

敦賀市議会 2018-08-21 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-08-21

この協定は、相互に協力しながら地域を支える新たな水素インフラ設備実用化に向けた新技術開発と、これに伴う地域産業育成を図ることを目的としております。  今後は、同社との具体的な連携を検討し、本市を中心とする水素サプライチェーン構築を目指してまいります。  次に、公共交通利用促進について申し上げます。