543件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2020-12-18 令和 2年12月第427回定例会−12月18日-04号

初めに、議案第87号 令和2年度鯖江市一般会計補正予算(第8号)のうち、当委員会所管分についてでありますが、まず、労働費労働諸費のふれあいみんなの館・さば施設維持補修費36万7,000円についてでありますが、委員から、この補正は、ふれあいみんなの館・さばえの空調設備修繕費用であるとのことだが、耐用年数を過ぎ老朽化した空調設備修繕し続けるよりも、設備更新を考えるべきではないかとの質疑があり、

おおい町議会 2020-12-15 12月15日-03号

質疑耐用年数は。 答弁、5年であるが、それ以上の使用を考えている。 以上のほか、質疑議案各般にわたり、極めて熱心に審査が行われ、それぞれ答弁がありました。 こうして質疑を終了し、議案討論に付しましたが、討論は行われませんでしたので、討論を終結し採決を行った結果、議案第80号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 

福井市議会 2020-12-09 12月09日-04号

文部科学省が出している,GIGAスクール構想実現標準仕様書を見てみますと,学習者用コンピューターモデル仕様は,マイクロソフト社グーグル社アップル社が提供しているOSが提示されておりまして,本市においてはアップル社iPadの購入を検討しているとのことですが,アップル社iPadに決めた理由と,その耐用年数,リースではなく購入することとした理由についてお伺いします。 

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

次に,本館整備ロードマップについてですが,これまで計画的に,また必要に応じて設備等修繕更新を実施してきたところですけれども,現在,耐用年数を経過し老朽化している設備も存在します。このため,今後は2050年までの30年を見据えながら,受変電設備空調設備,エレベーターなど主要な設備更新について適宜計画的に実施することで適切な維持管理に努めてまいります。 

越前市議会 2020-11-26 12月01日-02号

また、耐用年数を超過した住宅については、現在の入居状況を考慮し、今後の対応を検討してまいります。 市営住宅入居の資格については、公営住宅法に基づき条例で定めており、住宅に困窮し、収入が一定基準以下であることなどが条件となっており、住宅に困窮する低所得者に対して低廉な家賃で住居を提供し、生活の安定と社会福祉の増進を図っています。 

おおい町議会 2020-09-24 09月24日-03号

質疑施設耐用年数が来た場合の考え方は。答弁施設が適切に稼働する場合にはできるだけ延命化を図りたいと考えるが、リニューアルしたほうがコストを抑えられる場合もある。そのことを念頭に置いて管理運営に取り組む。 以上のほか、質疑議案各般にわたり、極めて熱心に審査が行われ、それぞれ答弁がありました。 

越前市議会 2020-09-09 09月23日-06号

理事者からは、特別な保守費用は必要ないと考えているが、端末については通常耐用年数は5年から10年とされているため、更新時期を見ながら適切に対応していきたいとの答弁がなされました。 これに対し、委員からは、これから運用するに当たりトラブルのないよう進めていただきたいとの要望がなされました。 

福井市議会 2020-09-08 09月08日-03号

設備投資額は3億円ほどかかりますが,利用,耐用年数を10年間とすれば年間3,000万円です,今回の指定管理料増額分が5年間で2億円,年間では4,000万円であることを考えればそれほど難しくないと思いますが,いかがでしょうか。 (3)担当者や,担当し責任を持つ部署を変更する。所管自然史博物館から変更し,観光文化局長が直接責任を持つのがよいかもしれません。

小浜市議会 2020-03-23 03月23日-06号

議案第17号令和2年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計予算では、歳出、第1款漁業集落環境整備事業、第1項漁業集落環境整備事業費、第1目漁業集落排水管理費機能保全計画策定事業予算額1,960万円について、委員から、計画策定後の整備に対する国・県の補助内容、各施設耐用年数を踏まえた今後の計画や、修繕等に要する財源についてを問う質疑があり、それに対して、今回の計画策定同様、整備等に対しても国50%

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-23

一方、近年の人口減少に伴う水需要の低下により水道事業収益が減少する中、水道給水区域を大幅に拡張し、全体の40%を占める昭和50年以前に建設された管路、上水道、建物などの水道施設は、建設から40年以上が経過し、法定耐用年数の超過あるいは老朽化が進んでおり、これまでも漏水発生状況施設重要度などを考慮しながら順次更新を行っているところでありますが、今後、令和10年までの更新計画においては約68億円の

福井市議会 2020-03-04 03月04日-04号

しかしながら,市庁舎についてはまだ耐用年数が残っており,県庁舎についてもまだ年数があると聞いております。 今後,城址の将来の在り方や活用に向け,県と市,有識者や経済界などの関係者による懇話会や,県民,市民から幅広く意見を聞くワークショップを開催することとなっており,これらの検討を重ねていく中で庁舎の移転を含めた福井城址活用方向性が具体化していくものと考えております。 

福井市議会 2020-03-02 03月02日-02号

一方,水道管法定耐用年数は約40年で,これを超えた水道管は,全体の約17%に当たる約250キロメートルに及んでいるといいます。厚生労働省によると,全国に張り巡らされた水道管約71万キロメートルの多くは,昭和50年前後の高度経済成長期までに布設。当時から更新されていないものも多く,平成29年度時点では16.3%が法定耐用年数を超えているとのことです。