20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

敦賀市議会 2018-03-20 2018.03.20 平成30年第1回定例会(第5号) 本文

よって、昨年の8月から「総合資源エネルギー調査基本政策分科会」及び「エネルギー情勢懇談会」で議論が進められ、今年度中にも方向性を出すと言われている「第5次エネルギー基本計画」の見直しにあたり、敦賀市が今後も国策である原子力政策協力していくためにも、下記の事項について強く要望する。           

敦賀市議会 2018-03-07 2018.03.07 平成30年第1回定例会(第2号) 本文

昨年8月から、第5次エネルギー基本計画見直しについて総合資源エネルギー調査基本政策分科会や世耕大臣の私的諮問機関でありますエネルギー情勢懇談会で議論が始まっていますが、全原協、立地協あるいは敦賀市として、新増設のことについて国に対し先ほど市長が意見を述べていただいたということで大変ありがたいと思っております。

敦賀市議会 2018-02-22 2018.02.22 平成30年第1回定例会(第1号) 本文

また、今月20日には、国の総合資源エネルギー調査原子力委員会に出席し、立地地域への支援について全原協会長として意見を述べてまいりました。原子力関連産業は今後も立地地域経済の基軸でありつつも、産業の複軸化は全ての立地地域が求めるところであり、財政的な支援だけでなく、その実現に向けたプロセスにおいても積極的にかかわるよう求めてまいりました。

敦賀市議会 2017-09-05 2017.09.05 平成29年第3回定例会(第1号) 本文

一方、要請と同日には総合資源エネルギー調査基本政策分科会が開催され、エネルギー基本計画の見直しの本格的な議論がスタートしております。もんじゅの廃止措置への移行に伴い、核燃料サイクルの実現性に大きな懸念が生じていることから、エネルギー基本計画の見直しの中で徹底的に議論し、核燃料サイクル政策の道筋を明確に示すことが必要であると考えております。  

大野市議会 2012-06-11 平成24年  6月 定例会-06月11日−一般質問−02号

昨年の東日本大震災以降、エネルギー供給の在り方が全国的に問われており、経済産業省においては、エネルギー政策の見直しを議論するため「総合資源エネルギー調査基本問題委員会」で2030年時点の目指すべき原発依存度について、ゼロから25㌫の計4案の選択肢とする報告書がまとめられました。  

敦賀市議会 2009-09-14 2009.09.14 平成21年第4回定例会(第2号) 本文

Ss、基準地震動800ガルの妥当性については、先日、8月31日の総合資源エネルギー調査原子力安全保安部会耐震・構造設計委員会地震津波、地質・地盤合同ワーキンググループCサブグループ会合で、断層モデルによりSsの見直しについて説明がありましたけれども、委員からは特に異論なく、近い将来、敦賀半島の既設原子力発電所に対して耐震安全性評価が国から妥当と判断されるものと私も考えておりますし、この点についても

敦賀市議会 2009-03-10 2009.03.10 平成21年第1回定例会(第3号) 本文

県内原発の耐震安全性を再評価する総合資源エネルギー調査原子力安全保安部会の地震津波、地質・地盤合同作業部会のサブグループ会合が3月3日に行われ、想定される最大地震の大きさである基準地震動について、日本原電、日本原子力研究開発機構関西電力の3事業者が、耐震の新指針に基づく昨年の報告より、さらに最大で1.3倍近く引き上げる見直し案を示しました。  

敦賀市議会 2006-03-13 2006.03.13 平成18年第1回定例会(第2号) 本文

また、国においても原子力政策大綱策定にあわせて経済産業省資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査原子力部会が昨年7月より4年ぶりに開催され、FBRの2050年度の実用化に向けてシナリオを議論し、先ごろ高速増殖原型炉もんじゅの後継となる実証炉ポストもんじゅを2030年ごろに建設するという計画を示しました。

敦賀市議会 2002-09-13 2002.09.13 平成14年第4回定例会(第1号) 本文

日本原電敦賀3・4号機の増設計画につきましては、去る7月12日に総合資源エネルギー調査電源分科会において国の電源開発基本計画に組み入れることが了承され、8月2日には経済産業大臣がこれを正式に決定いたしました。  なお、今後の手続であります日本原電に対する安全協定の事前了解については、今回の不祥事に対する国や事業者の対応を見きわめ、慎重に対処してまいりたいと考えております。  

敦賀市議会 2002-06-17 2002.06.17 平成14年第2回定例会(第1号) 本文

知事におかれては、13日に電源開発基本計画組み入れに異存がない旨の意見書を総合資源エネルギー調査に提出されたところであります。  今後とも市民安全、安心の確保と恒久的地域振興を基本に、議会の意向を尊重し慎重に対応してまいる所存でありますので、御理解を賜りたいと存じます。  

敦賀市議会 2002-03-08 2002.03.08 平成14年第1回定例会(第2号) 本文

このように敦賀3・4号機増設計画は粛々と手続が進められておりますが、先月開催されました県議会本会議の冒頭で栗田知事は、この増設計画の今後の進め方について、今後は電源開発基本計画に組み入れることについて総合資源エネルギー調査から知事意見が求められることになるが、増設計画の判断に当たっては、原子力3原則を基本に国や事業者の取り組みを十分見きわめながら、県議会の議論や地元敦賀市の意見などを踏まえ、慎重に

  • 1