55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2018-03-06 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号

したがって、そういう緊急事態が起こっているのかどうかということはやっぱりどこかでもって判断をしなきゃいけないわけです。  いわゆる高齢者以外といいますか、実際に除雪を依頼された方々の中で、役所職員が実際に現場に行って、そうした事態になっているのかどうかということを確認したところというのは何件ありますか。 ○副議長(木村愛子君) 畠中健康福祉部長

鯖江市議会 2017-03-24 平成29年 3月第408回定例会−03月24日-04号

これに対し、緊急事態時の対応はどうするのかとの質疑に対し、現在でも、気象情報などをもとに台風や降雪時等の緊急時には、宿直から担当課職員に速やかに連絡し、担当課で判断し対応している。また、Jアラート、全国瞬時警報システム防災行政無線等が入った場合は、直ちに関係部署と連絡がとれる体制となっているので、夜間管理業務を委託した場合も同じ体制をとることとするとの答弁でありました。  

鯖江市議会 2017-03-14 平成29年 3月第408回定例会−03月14日-03号

ただ、新教育長については、教育委員会での議論をやはりこれから委員会も全体を掌握する、あるいは、また、会務も総理することになりますので、二つの責任がつきまとってくるわけでございますので、とにかくそういった面では委員会を議論というものをできるだけやっていただきまして、その議論の中でいろんな緊急事態も緊急な要件もあるでしょうし、あるいは重大な課題等々あると思いますので、十分議論をしていただいて、私が教育委員会

鯖江市議会 2016-03-07 平成28年 3月第404回定例会-03月07日-02号

それと、もう一つは、今、広範に行われておりますけれども、例えば、独居老人であるとか、高齢者世帯であるとか、当然、こうした市のさまざまなサービスを通じて把握をして、緊急事態であるとか、異常、異変、こういうものをちゃんと把握をしていくと、その一環でもあると思うんです、こういう業務というのは。そういうものが、果たして遂行できるのかどうか、大変大きな疑問だと思います。

小浜市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月14日−03号

住民避難につきましては、まず発電所内で全ての交流電源の喪失が30分以上継続するなどの施設敷地緊急事態で、30キロ圏内の住民は屋内避難の準備を行うこととなります。  次に、事態が進展し原子炉の冷却機能が喪失するなどの全面緊急事態におきましては、住民は屋内避難を実施するということになります。

小浜市議会 2015-12-11 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月11日−02号

保育園児の事前学習につきましては、紙芝居や絵本などを用いまして年齢に応じたわかりやすい指導を行うことで、子供なりに緊急事態について理解できるように伝えております。  今年度は、全園で原子力災害に特化した屋内退避訓練を実施しておりまして、職員の動きや子供たちの誘導・避難がスムーズにいくようにすることを狙いとして取り組んだところでございます。  

福井市議会 2015-11-30 11月30日-05号

次に,中核市移行の問題点について委員から,中核市に移行することで向上する市民サービスは何かとの問いがあり,理事者から,身体障害者手帳の交付など市,県の2段階で行っている行政サービスの一元化や迅速化が図られること,母子保健相談等に保健所医師等が直接かかわることにより質の高いサービスが提供できること,感染症発生などの緊急事態に国から直接情報を得,市民への周知や初期態勢の整備を迅速に行うことができ,市民

鯖江市議会 2015-03-10 平成27年 3月第399回定例会−03月10日-03号

また、安全確保関係として、緊急事態消防署に通報できる緊急通報装置の貸与であるとか、ひとり暮らしの高齢者民生委員に定期的に訪問していただく、ひとり暮らし高齢者友愛訪問事業なども、継続して行う予定でございます。また、高齢者にとって、より元気で自分らしく生活していただけるよう、介護予防事業に取組も行います。

鯖江市議会 2014-06-12 平成26年 6月第396回定例会−06月12日-02号

総務部長兼危機管理監(加藤泰雄君) 今、本庁の2階にございます防災会議室が、その災害時にどう機能するかというようなことでございますけれども、原子力施設において異常事態が発生した場合、警戒事態、それから施設敷地緊急事態、また全面緊急事態などの、いろいろな事態の区分によりまして、市の原子力災害警戒本部、もしくは災害対策本部を設置して、その災害対策に関する重要な事項の協議を行うというようなところで、会議室

鯖江市議会 2013-12-09 平成25年12月第394回定例会−12月09日-02号

◎副市長(池田達昭君) 原子力災害時の情報伝達についてのお尋ねでございますが、まず、原子力施設において異常事態が発生した場合、環境への放出前の段階から、緊急事態区分を3段階に分けております。まず第1段階で警戒事態、第2段階として施設敷地緊急事態、第3段階として全面緊急事態の三つの区分に分けまして、屋内避難等の予防的な防護措置を準備し実施いたします。  

鯖江市議会 2013-09-10 平成25年 9月第393回定例会−09月10日-03号

それから2点目としまして、原子力施設において異常事態が発生した場合、放射能物質が放出し始める前から必要に応じた対策をとるために、原子力施設の状況に応じて緊急事態を3段階に区分しました。一つは警戒事態、それから施設敷地緊急事態、全面緊急事態の3段階に区分して対処することといたしております。  

鯖江市議会 2013-08-28 平成25年 9月第393回定例会−08月28日-01号

この改定の主な内容は、原子力災害対策重点区域の設定、緊急事態等の区分および体制、防護措置の基準、広域避難手段の確保、安定ヨウ素剤の予防服用体制、緊急時モニタリングの実施体制などとなっております。  本市においては、本日、第5回目の鯖江市地域防災計画原子力災害対策編策定委員会を開催し、改定された国の指針および県計画との整合性を考慮した鯖江市地域防災計画原子力災害対策編の素案を協議いたします。

鯖江市議会 2013-03-22 平成25年 3月第390回定例会−03月22日-04号

次に、議案第17号 鯖江市新型インフルエンザ対策本部条例の制定についてですが、これは、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき条例を制定していくものであり、新型インフルエンザ緊急事態宣言が発令された場合において、対策本部を設置しなければならないものであるとの理事者の説明を了とし、特段申し上げるべき質疑はございませんでした。  

小浜市議会 2012-10-05 平成24年  9月 定例会(第3回)-10月05日−05号

ただいま議題となっております平成23年陳情第7号緊急事態基本法の早期制定を求める意見書採択を求める陳情については、総務民生常任委員長より、今期定例会において結論は出しがたいので、小浜市議会会議規則第102条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。  平成23年陳情第7号については、総務民生常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ございませんか。      

鯖江市議会 2012-03-06 平成24年 3月第386回定例会-03月06日-03号

それが、一たんこうした大震災によって、有利即応といいますか、臨機応変さ、こういうものが一番求められるときに、そうした仕事のあり方が果たして日常の仕事のあり方がそうした緊急事態の中で一体どうなるのだろうと。スキルアップを図らなきゃいけないだとか、こういうことが言われておりますけど、やっぱり、日常の仕事がやっぱり僕は大事だというぐあいに思うんです。

鯖江市議会 2011-12-22 平成23年12月第385回定例会−12月22日-05号

次に、陳情第2号 「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書の提出についてでございますが、陳情者の趣旨に賛同するといった意見や、私有物の撤去や土地の収用などの個人財産権の侵害など法案の内容に疑義があることや、国会での議論が十分なされていないという意見、また現状の状況では結論を出すことは難しいなどの意見が出されました。  

小浜市議会 2011-12-22 平成23年 12月 定例会(第7回)-12月22日−04号

ただいま議題となっております陳情第7号「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書採択を求める陳情については、総務民生常任委員長より今期定例会において結論を出しがたいので、小浜市議会会議規則第102条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。  陳情第7号については、総務民生常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付すことにご異議ございませんか。