335件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小浜市議会 2020-12-14 12月14日-02号

現在、第8期、令和3年から令和5年の介護保険事業計画策定に向けて、介護予防日常生活圏域ニーズ調査および在宅介護実態調査の結果を参考策定作業を進められていると思いますが、第7期、現在の平成30年度から令和年度計画に基づく実績見込みと、第8期の介護保険事業計画方針などを順次お伺いをさせていただきますが、まず、コロナ禍におきまして介護サービスを控えるなど、介護事業所影響はないか、お伺いをさせていただきます

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

ところで,本市総合計画は現在の第七次総合計画計画期間令和年度までとなっており,本来であれば令和年度を初年度とする次期総合計画策定作業に着手している時期だと考えます。 しかし,今年に入ってからは新型コロナ感染症という未知のウイルスにより危機的な状況に直面し,当初予定していた策定スケジュールは大幅な変更を余儀なくされたと推察いたします。 そこで,お尋ねいたします。 1点目です。

大野市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

3点目、人口減少対策について、市では現在、第2期大野総合戦略策定作業が進んでいますが、四つある柱の一つに、移住定住の促進を明確に位置付け、住まいや仕事の確保、地域での受け入れ環境整備情報発信やきめ細かなサポートなどを行っていく方向性を打ち出しています。 本市人口は、これからの10年間で4,500人減少する予測が出されています。 

福井市議会 2020-09-07 09月07日-02号

このように先行きが極めて不透明な中で適切な目標を設定することは難しいことから,計画策定作業につきましては一旦中断しておりますが,令和年度審議会を開催し,新型コロナウイルス感染症影響を踏まえた今後の対応についても御意見をいただく中で,来年度中に次期総合計画策定してまいりたいと考えております。 

大野市議会 2020-08-31 08月31日-議案上程、説明-01号

基本構想に掲げる10年後の本市の将来像を実現するため、令和年度までの5年間を計画期間とする第六次大野総合計画前期基本計画について策定作業が進んでいます。 将来像、人がつながり地域がつながる住み続けたい結のまち実現のための六つの基本目標ごと幹事会専門部会を設けて施策の検討を行っており、今月12日には審議会において基本施策計画構成素案について協議いただきました。 

小浜市議会 2020-03-11 03月11日-04号

この基金の活用につきましては、北陸新幹線敦賀および小浜開業等を見据えまして、高速交通時代に適応した嶺南地域を創生するための施策活用したいと考えておりまして、こうした考えのもと、県に対しては、県が策定作業を進めています「嶺南地域公共交通網形成計画」に掲載されている公共交通の充実を中心といたしました施策活用するように要望しております。 

大野市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

また国の水循環基本計画に基づく流域水循環計画として認定されている越前おの湧水文化再生計画に替え、本市全体の水循環を維持、回復するための新しい計画として(仮称)越前おの水循環湧水再生計画策定作業を進めていきます。 教育委員会では、文化財保存活用に向け文化財保存活用地域計画策定に取り組んでいます。 

大野市議会 2020-03-02 03月02日-副議長の選挙、議案上程、説明-01号

年度本市における幼児期教育、保育の提供体制などを示すとともに、次世代育成支援対策も踏まえた第2期大野市子ども子育て支援事業計画策定作業を進めてきました。 これまで、大野市子ども子育て会議で活発にご協議いただき、委員の皆さまからいただいたさまざまなご意見やご提案、また、大野市人口減少対策会議でのご意見大野市議会人口減少対策特別委員会の提言などを踏まえ、素案を取りまとめました。 

越前市議会 2020-02-27 02月28日-04号

年度社会福祉協議会策定作業を行っております地域福祉活動計画につきましては、昨年度策定いたしました市の地域福祉計画の実践的な計画としての位置づけでございます。 本計画に対します地域住民皆様意見反映につきましては、まず地区福祉ネットワーク会議の御意見計画反映をしてございます。その中で特に多かった御意見でございますけれども、やはり地域に担い手がいないということでございます。

小浜市議会 2020-02-20 02月20日-01号

令和年度に第5次小浜総合計画計画期間が終了いたしますことから、令和年度からの10年間を計画期間とする第6次小浜総合計画策定作業を進めているところでございます。 これまで人口推計等各種統計分析調査市民意識調査実施など、策定に向けた諸準備を進めており、今年度末には市民皆様や有識者で構成する小浜総合計画審議会を立ち上げ、本格的な策定作業に入る予定をしております。 

大野市議会 2019-12-18 12月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

大野市議会基本条例の規定により、現在策定作業を進めている第六次大野総合計画のうち、基本構想部分議会議決事項であります。 その他、市の重要計画においても、全国的に議決事項との位置付けが進んでおります。 今後の議会改革を議論する中で、議決事項の追加も視野に入れ、理事者と協議する時代が到来しているとの意見が述べられました。 

小浜市議会 2019-12-13 12月13日-03号

その策定作業におきまして、小浜市の雇用と就労に関して分析しました結果、本市におきまして、全国平均に比べて外貨を稼ぐ強みを持つ基盤産業は、箸産業などの製造業を初め生産用機械器具製造業水産養殖業などでございました。また、本市宿泊業飲食業などの観光関連産業は、全国平均に比べて、稼ぐ力は弱いんですが総従業者数に占める割合が大きい産業、いわゆる雇用吸収力がある産業というふうに分析しております。