3843件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2020-12-05 12月06日-04号

アスベスト含有量についての調査ということだったので、9月議会産業建設委員会で確認しましたら、本市公共施設についてはアスベスト調査は既に行い、しっかりと対策されていることがわかりました。 今は聞くことが少なくなったアスベストですが、ちょっと気になりましたのでいろいろ調べましたら、アスベストの処理には結構手間や費用がかかることがわかりました。

越前市議会 2020-11-28 12月03日-02号

まず、時代に即した産業政策についてのお尋ねですが、本市産業振興については市総合計画の5本の柱の一つに元気な産業づくりを位置づけ、基本施策として平成17年度に市産業活性化プラン策定し、知性と想像力に富んだ北陸一の産業技術都市づくりに取り組んでおり、平成30年県工業統計調査における本市平成29年製造品出荷額等は6,139億340万円で、県内に占める割合は29.1%と県内一を誇っています。

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者奈良市長、河瀬副市長大蔵企画部長小森総務部長川崎市民福祉部長小泉産業環境部長、五十嵐産業環境部農林審議監伊藤建設部長渡辺今立総合支所長藤原企画部理事刀禰総務部危機管理幹蒲総務部理事産業環境部理事山崎市民福祉部理事出口市民福祉部理事教育委員会事務局理事児玉建設部理事企画部理事平野建設部理事産業環境部理事小泉建設部理事

大野市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

委員からは、新たな産業団地への誘致に向け、これまでにも申し上げているように、当市のトップを先頭として全庁体制でしっかり取り組み、一日も早い完売に結び付けてもらいたいとの強い要望が述べられました。 次に、水環境湧水再生について申し上げます。 現在、産経建設部が所管する(仮称)水循環湧水文化再生計画策定民生環境部が所管する第三期環境基本計画策定が進められています。 

福井市議会 2020-06-12 06月12日-04号

まず,第39号議案 令和2年度福井一般会計補正予算農林水産業費中,森林環境譲与税基金積立金について委員から,森林環境譲与税関連事業である森林経営体ステップアップ事業森林経営管理事業木材産業競争力強化対策事業の3つの事業に多額の余剰金が生じた理由について問いがあり,理事者から,森林環境譲与税関連事業は昨年度から開始した事業であることもあり,森林経営体ステップアップ事業木材産業競争力強化対策事業

大野市議会 2020-06-09 06月09日-一般質問-03号

また安倍総理杉本福井県知事コロナ以後の観光業宿泊業、外食産業活性化を図りたいと考えています。 市内の児童・生徒には、夏休みぐらい羽を伸ばして大いに楽しんでもらうべきときであると思います。 オンライン化やAIが登場し、これまで以上に創造性が必要とされるこの時代ペーパー試験で良い点を取ること、又は貯金箱を作ることが真の学力につながるとはあまり思いません。 

大野市議会 2020-06-08 06月08日-一般質問-02号

国民旅行、余暇を産業化せず、海外からの客を呼ぶインバウンド政策コロナ禍によって観光旅行業界の惨憺(さんたん)たる現状です。 こうした結果から大野市の今後を考えたときに、市民の命と健康、生活を大切にせず産業団地と道の駅などの大型事業に税金を投入する姿は同じように思うのです。 また交流人口を増やすというのは、海外から客を呼ぶという事と同じではありませんか。 

福井市議会 2020-06-08 06月08日-02号

平成27年3月の長野-金沢間の先行開業により沿線地域交流人口も大きく拡大し,観光産業等の発展に寄与しています。そのため,金沢-敦賀間についても,令和5年春の開業に向けて着実に整備を進めていくことが本市発展のためにも大変重要だと考えております。 北陸新幹線並行在来線関連事業につきましては,全国新幹線鉄道整備法に基づく建設負担金並行在来線開業に関連する利用促進策調査などを実施するものです。

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 名簿 2020-03-23

水道部長   佐 野 裕 史 君          米 島   學 君   総務部長   池 澤 俊 之 君  敦賀病院                     事務局長   田 辺 辰 浩 君   企画政策部長 芝 井 一 朗 君  会計管理者  鈴 木 早 苗 君   市民生活部長 辻   善 宏 君  福祉保健部                     政策幹    板 谷 桂 子 君   産業経済部長

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-23

第9号議案から第17号議案までの9件については、いずれも討論はなく、採決の結果、第9号議案 令和2年度敦賀港湾施設事業特別会計予算、第10号議案 令和2年度敦賀国民健康保険事業勘定の部及び施設勘定の部)特別会計予算、第11号議案 令和2年度敦賀介護保険特別会計予算、第12号議案  令和2年度敦賀産業団地整備事業特別会計予算、第13号議案 令和2年度敦賀後期高齢者医療特別会計予算及び第15

おおい町議会 2020-03-23 03月23日-03号

~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第3 議案第33号 土地取得について(産業団地造成用地) ○議長尾谷和枝君) 日程第3、議案第33号土地取得について(産業団地造成用地)を議題とします。 本案について提案理由説明を求めます。 中塚町長。 ◎町長中塚寛君) ただいま議題に供していただきました議案第33号土地取得について御説明申し上げます。 

おおい町議会 2020-03-16 03月16日-02号

また、町の人口減少対策にも大きくかかわってくるこのエリアでもあり、これから投資される費用というのは大変大きなものになると予測されますために、議会としても注目しておりまして、産業団地造成によります人口減少対策にも対応した地域振興対策特別委員会を設置しまして、提案される計画整備審議に責任が持てるよう、独自調査による情報収集等を行いまして、前向きな提言を行うため研究を重ねております。 

敦賀市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-11

当初は、地域間協調基本理念とし、敦賀港を中心とする擬似的臨港工業地帯を形成、定住人口増加目的としていたはずですが、昨年、周辺地域との産業分野での個別連携がある程度形が取れるようになると、いつの間にか産業構造の複軸化、エネルギーの多元化という、そもそも目的としていた定住人口増加という目的一つ手前戦略目標であったところを目的とする構想になったのかなというふうに、基本計画の概要とかということを見