225件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

おおい町議会 2020-03-02 03月02日-01号

てなってきますと、あと火葬場、それから不燃物処理場という大きな問題点があるわけです。一般的にこの2つの施設につきましては、住民が敏感に感じるところでございまして、しかしながら約束事があるということから、そろそろ重い腰を上げなきゃならないと。小浜と十分な折衝をしなきゃならないというところに差しかかっておるわけです。

小浜市議会 2019-06-27 06月27日-03号

その後、平成21年度に若狭町が独自に火葬場を建設しましたため、現在は小浜市とおおい町の受け入れを行っているところでございます。若狭霊場は、議員がおっしゃいましたように建設から約50年近くが経過していることもありまして、施設の老朽化が進み、修繕等の維持管理費の負担が課題となっております。

おおい町議会 2018-06-26 06月26日-03号

ごみ焼却場も火葬場も不燃物埋立場にしても、本町参加しても大きなメリットは見られません。各自治体への負担金、建設分担金の増大やごみ焼却場等で本町の住民に負担を負わせる危険性が増大してくるのであります。現存の清掃センターは、今年24年目や12年目の施設を改修いたします。今後、これらの施設は同様年数使用できると考えると、本町参加する意味もなくなると思います。

おおい町議会 2018-06-20 06月20日-02号

火葬場の問題について質問いたします。 本町長年の課題でありながら、歴代町長は必要性を認めながらも何の手も打ってこなかったのでございます。中塚町長も、ここに選挙期間中のマニフェストを見させていただいておりますけれども、そういうことは一言も書いてない。この時点で広域行政に移るというような頭があったのでそれを書かなかったのかなというような気もしますけれども、考えておられない。

小浜市議会 2018-03-14 03月14日-03号

死亡者につきましては、警察の調査が終わり、事件性がなく、市に移管された場合、「行旅病人救護費及び行旅死亡人取扱法」に基づき、小浜市長が火葬等を行います。法におきましては、行旅死亡人とは、行旅中に死亡し、引き取り者のない者、住所、居所、もしくは氏名が知れず、かつ引取者のない死亡人、引取者のない死体をいいます。 

おおい町議会 2017-09-26 09月26日-03号

質疑、火葬業務委託事業の整備計画の現状は。答弁、6月に設立された若狭広域行政事務組合で検討することとなっている。 質疑、学校給食保護者実費弁償金の未済について、実態はどうなってるのか。答弁、28年度未済額合計は11万1,560円だが、基本的に払う意思はある。振替との関係で恒常的におくれている。 質疑、高校の通学費支援事業で、通信制の生徒は支援がないのか。

小浜市議会 2016-03-11 03月11日-04号

環境衛生関連の施設には、ごみ焼却施設、埋め立て処分場、リサイクル施設等の廃棄物処理施設のほかに火葬場もあり、広域化を進める上で新たな枠組みの各市町の中でこれらの施設を分担して持ち合うことが合理的であると考えております。設置場所につきましては、法的規制地形条件等さまざまな課題をクリアしていかなければなりません。 

福井市議会 2016-03-02 03月02日-04号

東京で,あるいは都市部で急増しております直葬,直接火葬するということや,全国各地では墓じまいといって,維持費のかかる墓を手放す人が後を絶たないと言われております。 第2次世界大戦の敗北によって,日本人は戦前の価値観を全て否定し,捨ててしまったと言われています。封建的な日本家族制度は諸悪の根源として,大家族を否定し,伝統的な家族制度は消滅してしまいました。

敦賀市議会 2015-12-21 平成27年第5回定例会(第5号) 本文 2015-12-21

公共施設使用料等の統一減免基準によって施設利用料の有料化や値上げが行われ、敦賀斎苑の火葬炉の使用料も値上げが行われました。そして敦賀市は、標準スケールという独自の手法を用いて、これまで敦賀市が行ってきた子育て応援育児用品支給事業、ひとり親家庭の入学、進学祝いの支給、障害者のRCNチャンネル利用料の助成など福祉事業を廃止しました。

勝山市議会 2015-03-05 平成27年 3月定例会(第3号 3月 5日)

平成27年度の予算案では、そのほかに市内に配置した冷凍庫に、一時有害鳥獣を集積しておき、別途葬祭業者が冷凍庫より有害鳥獣を収集し、自社の焼却炉で火葬する方法を試験的に始めることとしております。  議員おっしゃったとおり、集積場所までの運搬については、地区の方にお願いしたいと考えております。

小浜市議会 2014-12-12 12月12日-03号

新たな火葬場につきましては、広域で建設・運営を行うことを目指し、平成21年度から、高浜町・おおい町・本市の3市町で構成し、さらに本市副市長を会長といたします広域斎場整備協議会というものを設立いたしまして、今後の斎場の具体的な内容や建設候補地などについて協議・検討を行っておるところでございます。 

小浜市議会 2014-06-18 06月18日-02号

現在、小浜市にあります斎場なんですけれども、大変老朽化してきまして、私も何度か利用というか、寄せていただいたことがあるんですけれども、駐車場とかもないですし、どうかなというようなことも思うんですけれども、これ、今までの、火葬場というと電気系統とか、そういうような技術面や環境問題とかもありますので、とりあえず現在の火葬場について、現状について、よろしくお願いします。

小浜市議会 2014-03-24 03月24日-05号

次に、同項、第4目火葬場費、霊場建設検討委員会経費5,000円について、火葬場が古くなってきている中、新しい斎場建設の計画はどうなっているのかとの質疑に対し、基本的に高浜町、おおい町、小浜市の広域で斎場建設計画に取り組んでおり、現在、副市長をトップに協議会を設置して、その中で関係課で協議をしているとの答弁でした。 

おおい町議会 2014-03-11 03月11日-03号

質疑、火葬場の負担金が増加している。小浜、高浜、おおいの共同斎場の協議が3年を経過しているが、進んでいるのか。答弁、共同斎場は候補地を絞っており、説明できる段階に来ている。2市町と足並みをそろえて説明する。 質疑、本郷消火栓設置5カ所の位置は。答弁、岡田区の一滴文庫から小原食品の間、給食センター、国道ヤンマー事務所裏、尾内希望ケ丘ニュータウンの5カ所である。