420件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

勝山市議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会(第3号 6月15日)

これまで貸出枠拡大各種減免制度昨年度の特別奨学金制度の実施など、さまざまな対応を行ってきておりますが、利用拡大にはつながってないと思います。  一方、昨年度の特別奨学金制度は別として、これまでの減免制度は、勝山市へのUターンを促すことを主たる目的としています。  従来から、運用基金利子によるとしてきており、結果として債権を含む基金運用額は、当初の倍額程度になっています。

敦賀市議会 2021-02-24 令和3年第1回定例会 目次 2021-02-24

──────────────────────── 226   1.鳥獣被害防止計画について   2.学校給食における地産地消について  11番 浅 野 好 一 君 ───────────────────────── 234   1.敦賀市内道路交通網について    (1) 災害有事での迂回路整備    (2) 新幹線敦賀開業後に向けての道路整備   2.国民健康保険税について    (1) 各種減免制度

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

なお,国の基準を超える本市独自の減免制度を導入することは,その減収分を他の被保険者市民全体で負わなければならないという課題があり,現時点では導入は困難であると考えております。 次に,市・県民税につきましては,福井市税賦課徴収条例及び同条例施行規則に基づき,その年の所得が激減し,生活が著しく困難となった方の減収程度に応じて減免を行っております。

勝山市議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会(第3号 9月16日)

チラシには、国保税の特例減免制度は知られていない上に分かりにくく、そして自分は対象でないだろうとか、少額の軽減なら手続も難しそうだしいいとか、申請を諦める人も多くいたそうで、このチラシは本当に喜ばれたと書いてありました。  そして3番目の質問ですが、令和2年度の市町別1人当たりの医療費についてですが、コロナ医療感染の危惧もあり、各医療施設への往診などが減っていると考えられます。

敦賀市議会 2020-09-10 令和2年第5回定例会(第3号) 本文 2020-09-10

こうした中で、介護保険料後期高齢者医療保育料市営住宅下水道については減免制度というものがあるんですね。水道料金下水道料金には猶予もあります。申請が必要だけれども制度を知らない市民が多い。滞納者にペナルティを負わせるだけでなくて、減免猶予制度を知らせ、利用を促すべきだと思います。  

福井市議会 2020-09-09 09月09日-04号

新型コロナ影響による特別猶予減免制度があることを納付書に目立つように記載すべきと考えますがどうでしょうか,答弁を求めます。 さて,感染防護の名の下に,福井市は市施設利用者の氏名を名簿にして提出させています。利用した市民からは,机や椅子などの消毒やマスクの着用などは分かるが,名簿の提出は気持ちが悪い。

敦賀市議会 2020-06-18 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 2020-06-18

事業者への資金繰りの給付や貸付け、先ほどのような生活資金の貸付けや様々な減免制度、学生支援など、敦賀市のホームページでも分かりやすく載せていただいています。また、RCNや広報などでも掲載していただいていますが、現実にはまだまだ支援の内容を知らないという方が多くおられます。今の苦境を乗り越えるには、どこに相談したらいいのか。また、どんな支援を受けられるのか。

敦賀市議会 2020-06-16 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 2020-06-16

1番、コロナ禍から市民暮らしを守るということで、1番、減免制度の拡充について質問をいたします。  新型コロナウイルス感染拡大防止のための自粛要請は、経済や暮らしに大きな影響を与えています。そこで政府は、コロナ禍減収した、所得が減った、そういった世帯に対して申請があれば市民税などの税金の徴収猶予をすることとし、国民健康保険税など社会保険料についても猶予減免をすることとしました。

敦賀市議会 2020-06-08 令和2年第4回定例会 目次 2020-06-08

  79 ○日程第2 一般質問  14番 前 川 和 治 君 ─────────────────────────  79   1.新しい生活様式を取り入れた働き方について   2.ICTの活用について   3.市庁舎の建て替えによるごみのリサイクルについて  16番 山 本 貴美子 君 ─────────────────────────  90   1.コロナ禍から市民暮らしを守る    (1) 減免制度

敦賀市議会 2020-06-08 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 2020-06-08

国民健康保険税及び介護保険料について、新型コロナウイルス感染症影響により一定程度収入が減少した被保険者等に対する減免制度を創設するため、今議会条例改正案を提出いたしました。  また、上下水道料金につきましては、老朽化する施設更新等に係る財源確保のため本年10月から改定することとしておりましたが、現在の状況に鑑み、料金改定を6か月間延期し、令和3年4月から行うことといたします。

鯖江市議会 2020-06-05 令和 2年 6月第424回定例会−06月05日-02号

これが資格証明書でありますとか、あるいは短期保険証でありますとか、通常の保険証とは違う保険証が交付されると、こういうことになっているわけなんですけれども、その実態というのはまずどこにあるのか、そして、今回取られています緩和措置納税猶予でありますとか、減免制度でありますとか、そういうものが、どういうものとして今行われようとしているのか、そのことについてお尋ねしていきたいという具合に思います。  

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-23

こういった悲しい事態を防ぐためにも今回の値上げは見送るべきであり、福祉減免制度制度化すべきです。  人は水がないと生きていけません。日本の水道法にも、水道国民日常生活に直結し、その健康を守るために欠くことのできないものであると明記されています。全国の自治体で、生活保護世帯高齢者世帯障害者のおられる世帯独り親世帯に対し、水道料金減免制度化している自治体があります。