119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

次に、消防本部における救急の体制について申し上げます。  理事者の説明では、平成30年中の救急出場件数は1,494件で、前年に比べ128件の増、搬送人員は1,436人で、前年に比べ123人の増で、出場件数及び搬送人員ともに過去最多となり、65歳以上の高齢者の搬送人員は、全体の68㌫を占めているとのことであります。  

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

消防長 松本耕治君 登壇) ◎消防長(松本耕治君)  私からは、消防本部が所管いたします  議案第31号 大野市消防団員定員、任免、服務、報酬等に関する条例の一部を改正する条例案 についてご説明申し上げます。  この条例案は、消防団員の処遇改善の一環として災害時における出場手当の見直しを行うため、所要の改正を行うものであります。  

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

消防本部といたしましては、これらの諸課題に対応するため、本年4月1日に大野市消防団活性化推進委員会を設置し、各分団から推薦された団員を委員として、活動環境の整備や処遇改善の在り方、さらには消防団協力事業所に対する支援策の拡充など、議論を重ねながら持続可能な消防団づくりに取り組んでいるところでございます。 ○議長(山崎利昭君)  廣田君。

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

第2に、歳出の項目では、消防本部市民生活課、教育総務課、建築営繕課、用地対策課、秘書広報室、総務課で、それぞれ賛成多数に属してきました。  消防本部については、公正取引委員会消防緊急通信施設事業に係る富士通ゼネラルが談合に関わっているとしたことについて、富士通ゼネラルが東京地裁に処分取り消しの訴訟をし、現在、7回の公判が開かれ、弁論準備の段階であるとのことでした。  

大野市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会-09月03日−議案上程、説明−01号

訓練は、奥越地域震源とする震度6弱の地震に加え、台風接近に伴う大雨により洪水危険が高まっているとの想定で、国、県の防災関係機関のほか、消防本部消防団災害協定団体自主防災組織と近隣住民など712人の方々にご参加いただき、情報伝達や住民避難、緊急物資搬送、緊急交通路確保訓練などを実施いたしました。  

敦賀市議会 2018-06-26 2018.06.26 平成30年第2回定例会(第5号) 本文

内容といたしましては、3月定例会での本委員会における委員から指摘のあった庁舎建物の構造について、消防庁舎に係る消防本部との連携の調整、さらには構造にかかわる専門性が極めて高い問題であることから、専門技術者との再検討、協議等により想定以上に時間を費やした。また、工期、コスト面、技術面を念頭に置き、北側低層階部分については付加制震、南側高層階部分については免震としたい旨の説明がありました。  

敦賀市議会 2018-06-13 2018.06.13 平成30年第2回定例会(第2号) 本文

なお、消防の緊急車両についてですが、敦賀美方消防組合消防本部に確認しましたところ、笙の川が越水し、消防庁舎の車庫が浸水する危険性が高いと判断した場合には、速やかに緊急車両を浸水危険性の低い場所へ移動する措置をとるとのことであります。  以上です。 ◯3番(北川博規君) 救急車両については、また消防議会で取り上げたいなと思いますけれども。  

大野市議会 2017-09-21 平成29年  9月 定例会-09月21日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

理事者からは、消防本部と協議を重ねた結果、陣痛とは異なる激しい腹痛時の異常時や、家族の不在時、またタクシー利用が困難な深夜帯で緊急を要する場合には、救急車が利用できる旨を記載したチラシを母子手帳の交付の際に配布し、周知を図るとの説明を受けました。  

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

初めにお断りいたしますが、今回の私の質問ですけれども、火災への備えについてでありますけれども、その内容で、消火活動に絡む問題点や消防の運用に生じた課題の対策、検討などについては、鯖江・丹生消防本部ならびに消防組合議会領域でございまして、今回の質問の対象とはしない。総合防災、また、火災を含めた複合災害の観点から、特に市が関与すべき事項につき質問していきたいと思います。  

敦賀市議会 2017-03-09 2017.03.09 平成29年第1回定例会(第3号) 本文

防災拠点としての機能というものは、議員御提案のとおり市庁舎にとって大変重要なものであり、その観点から防災センター及び消防本部の立地する現所在地の優位性についてこれまで御説明をさせていただいたところでございます。  そのような中で、国の示す財政措置が年度末に出されたということ。

大野市議会 2017-03-07 平成29年  3月 定例会-03月07日−一般質問−03号

福井県防災航空隊では、さらなる安全管理の徹底を図り、事故防止に万全を期してまいりますとのことであり、当消防本部といたしましても、今後の救助活動において、さらなる安全管理の徹底に努めてまいります。  それでは、私から議員質問の3項目目「防火対策」についてお答えいたします。  

敦賀市議会 2016-06-15 2016.06.15 平成28年第2回定例会(第3号) 本文

◯市長(渕上隆信君) きのうの答弁と同じようになってしまいますけれども、建てかえということを前提に申し上げますと、防災拠点として考えた場合は防災センターと消防本部のある現在の所在地が優位性が高いというふうに考えております。また、まちづくりの拠点として考えれば、中心市街地を含めた市有地が候補地として考えられます。  

敦賀市議会 2016-06-14 2016.06.14 平成28年第2回定例会(第2号) 本文

◯市長(渕上隆信君) 建てかえとなればということでございますが、防災拠点として考えた場合は、防災センターと消防本部のあります現在の所在地のほうが優位性があるかなというふうに思います。まちづくりの拠点として考えれば、中心市街地を含めた市有地が候補地として考えられますが、いずれにしましても新たに土地を取得するということに関しましては、土地の購入の費用がかかることを念頭に考えなくてはなりません。  

大野市議会 2016-05-30 平成28年  6月 定例会-05月30日−議案上程、説明−01号

本市では、このような大規模災害の発生に備え、災害対策本部を設置する市庁舎を中心に、結とぴあ、城下町広場消防本部などの各施設を含めた周辺地域一帯を防災拠点エリアとして位置付けて整備を完了し、本年4月2日に山崎参議院議長をはじめ、多くの皆さまのご臨席を賜り、防災拠点エリアの落成式を挙行したところであります。  

大野市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−一般質問−03号

最後になりますが、グループ制を導入しまして2年ですね、消防本部消防署に対しましては、職員力、組織力の向上というものは、安全・安心な生活を送る市民にとって期待も大きいと思われます。  4課8係1分署体制から、3課1室5グループ1分署となりまして、どのような効果があったのか、それを1点。