64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

昨年12月1日付けで発令した地下水注意報については、基準となる春日公園地下水位が、12月4日には6.94㍍まで低下しましたが、水田たん水の開始や降雨の影響などにより、12月25日には5.54㍍まで回復したため、解除しました。  その後も、地下水位の回復傾向は続きましたが、2月7日ごろから再び低下してきており、本日の地下水位は5.69㍍となっています。  

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

それで地下水注意報発令というのは、降雪量が多いときに、消雪ですね、消雪に大量に地下水を使うので地下水が1㍍42㌢と、このような警報の発令があったんですけども、こういった融雪以外で、こういった枯渇をしたということは過去にございましたか、お尋ねいたします。 ○議長(山崎利昭君)  建設整備課長、伊戸君。

大野市議会 2018-11-26 平成30年 12月 定例会-11月26日−議案上程、説明−01号

12月から3月までの間は、地下水位が6.0㍍から地下水注意報、7.0㍍から警報を発令することとしており、今後、地下水位を注視しながら、状況に応じて市ホームページや広報車などで節水を呼び掛けてまいります。  それでは、市政の重要課題の進捗状況について、第五次大野市総合計画の構想実現のための柱「人が元気」「産業が元気」「自然が元気」「行財政改革」に沿って申し上げます。  

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

◆11番(石川修君) 今回、10月22日、台風の当日の時系列を見させていただきますと、朝、5時2分から強風注意発令からずっと出てきまして、大雨雷注意報とかいろいろ出てくるわけなんですけども、その中で今、管理監がおっしゃられたような河川の水位の移り変わりというものも出ているんですけども、その中で今、日野川のことをおっしゃいましたけど、夜中2時に氾濫危険水位ということになってございます。

大野市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−一般質問−03号

現在の地下水の状況ですが、今回の大雪の影響を懸念しておりましたが、地下水注意報の発令基準に至るような深刻な地下水位の低下はなく、井戸枯れの発生などは起こっておりません。  地下水位は、降水量をはじめとする自然環境の影響が大きいものではありますが、これまでに関係者が一丸となって取り組んできた成果が表れているものと考えております。  

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

今回の大雪の状況でございますが、2月4日の日曜日の深夜から強く降り始めまして、福井地方気象台からも大雪注意報が発令されまして、翌5日の朝に大雪警報に切りかわったところでございます。2月6日にいち早く雪害対策本部を立ち上げまして、市内全地区公民館に除雪基地を開設いたしまして、基地職員に加えまして支援職員を派遣して、除雪協力事業者の皆様とともに除排雪作業を開始いたしました。

敦賀市議会 2017-09-13 2017.09.13 平成29年第3回定例会(第2号) 本文

近年、急な落雷も多くなりまして、竜巻注意報も頻繁に発令されるようになりました。登山者の安全を確保するためにも、敦賀三山は最低、避難小屋の整備をお願いしたいと思います。  次にトイレですが、登山の途中は、男性も女性も登山道から脇にそれてそれぞれ用を足しています。特に登山道から整備されて登りやすくなった野坂山は、いこいの森から一気に頂上に到達する女性も多くなりました。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

いずれも強風注意報または乾燥注意報など、北陸特有の冬場の気象条件のもとでの火災でございました。12月下旬の新潟県糸魚川市の火災は、鎮火まで約30時間、建物の焼損面積が約4万平方メートルの大火災で、建物の焼損面積が1万坪を超えたため、消防庁定義する「大火」となりました。新潟県により災害救助法が適用され、また、風害による被災者生活再建支援法火災では初めて適用されたといいます。  

敦賀市議会 2016-03-11 2016.03.11 平成28年第1回定例会(第4号) 本文

災害時におけます流れといいますか動きといいますか体制につきましては、地震の際を申し上げますと、発生後、震度数にもよるわけでございますが震度3でございますと関係職員が参集いたしまして体制を整えまして、また風水害の場合におきましては注意報警報の発表に合わせまして、防災関係でございましたり、また土木関係の部署が待機、警戒体制をとります。  

敦賀市議会 2015-12-09 2015.12.09 平成27年第5回定例会(第2号) 本文

まず大雨洪水注意報が発令いたしますと危機管理職員が2名ないし3名、課において待機をいたしますし、また大雨洪水警報が発令されますと危機管理職員の全員が課において待機をし、それぞれ今後の天気、これは降雨予想ということになろうと思いますが、確認などを行います。また注意報の発令によりまして建設水道部を中心に職員河川の水位確認、それから道路状況のパトロールをあわせて行います。  

鯖江市議会 2015-06-01 平成27年 6月第400回定例会−06月01日-02号

各担当が、水位の変動や注意報気象情報を的確に把握し、気象状況を勘案しながら操作に当たっているところでございます。  情報の収集に当たりましては、論出川排水機場に設定しております水位のオープンデータの活用ですとか、市民協働アプリ「さばれぽ」において、地域の方々から最新の情報を提供していただくというようなことで、ITの活用も図っております。  以上です。 ○議長(末本幸夫君) 佐々木一弥君。

敦賀市議会 2015-03-11 2015.03.11 平成27年第1回定例会(第4号) 本文

また、大雨注意報が発令された場合は職員は自宅待機をいたします。さらに、雨雲のレーダー等により異常降雨の発生が予測される場合や大雨警報が発令された場合は、松島ポンプ場に待機し、早期にポンプを稼働できる体制をとっているところでございます。  以上です。 ◯22番(常岡大三郎君) よく道路の融雪なんかは自動で入りますよね。そういう形にしてはどうか。そういう整備はするつもりはございませんか。

敦賀市議会 2015-03-10 2015.03.10 平成27年第1回定例会(第3号) 本文

特に水関係では注意報とか警報、そして特別警報などがあります。これらといえば事前ですけれども、ある意味直面してからの対応ではないかなというふうに思います。  やはり雨の降る前、降るだろうというときからそれなりの準備というのも必要ではないかなと。タイムラインというのはそういうところから入っておりますので。確かにオオカミ少年になるかもしれません。

大野市議会 2015-03-10 平成27年  3月 定例会-03月10日−一般質問−04号

水害土砂災害雪害などの気象注意報が発表され、災害の発生する恐れがあると判断した場合には、注意配備を取り、防災担当者による情報収集を行います。  次に、気象警報が発表された場合には、警戒配備を取り、職員が登庁し、被害情報及び災害応急対策に関する情報収集や、災害対策連絡室設置について検討することとしております。  

敦賀市議会 2014-09-18 2014.09.18 平成26年第3回定例会(第4号) 本文

理事 市民生活担当(元山淳司君) 警報に対する基本的な考え方ということでございますけれども、基本警報とか注意報につきましては、気象庁が大雨とか強風などによりまして災害のおそれがあるときには、まず注意報を、そして重大な災害が起こるおそれがあるときには警報を、さらに重大な災害が起こるおそれが著しく大きい、そういったときには特別警報を発表して注意とか警戒を呼びかけるものでございます。

敦賀市議会 2014-09-17 2014.09.17 平成26年第3回定例会(第3号) 本文

産業経済部長(唐津晃君) とうろう流しと大花火大会につきましての中止判断のルール化ということでございますが、敦賀観光協会におきましては、来場のお客様の安全を第一に考えまして、例えば津波警報または注意報が発令された場合には中止するなどといった中止判断基準を定めております。本年度につきましても、こういった基準をもとに実施の可否につきまして協議を行いました。  

敦賀市議会 2014-09-16 2014.09.16 平成26年第3回定例会(第2号) 本文

しかし近年、冬期、特に降雪時には民間で掘られた井戸などにおいても一斉に取水し消雪に利用されるため、地下水が異常低下し、地下水位低下の注意報がたびたび発令され、また塩水化も懸念されることから、消雪施設での使用は難しい状況でございます。  このことから、現在では消雪の水源としては河川水の使用基本としております。