142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-06-10 令和 元年 6月第418回定例会−06月10日-04号

6、消費税率を10月1日に8%から10%に引き上げる法案は既に可決成立施行されているが、過去に2回延期された経緯もあり、今回も引き上げが延期された場合は、使用料を消費税率8%として再算定し、本条例を改正すること。7、指定管理者に対する指定管理料については、使用料改定後1年間の実績を見て精査したいとの説明であったが、この場合においても議会と十分な協議を行うこと。  

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

その時点では秋の国会に改正健康増進法が提案され、法案成立する見込みでありましたが、自民党との調整が難航し、法案の提出が延び延びになりました。このことは既に御承知のことであります。しかし、当初の厚生労働省の原案よりやや後退する内容で、ことし7月18日、改正健康増進法がようやく成立しました。  

鯖江市議会 2018-06-12 平成30年 6月第414回定例会-06月12日-03号

幼保の無償化については、利用の必要性が認められたゼロ歳から5歳の子供に対して、政府は来年の通常国会で関連法案を提出し、増税時期に合わせ一部を前倒しして2019年、来年の10月から全面実施することとし、また、認可外保育施設の利用料について、3歳から5歳児では月3万7,000円を上限に補助することを決めたとございます。  

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

我が国にとって今回の法案成立女性議員の比率を引き上げる第一歩であることは間違いないが、男女比ではなく、根本的な要因を見つめ直すべきという指摘もあります。重要なことは、男女に関係なく、誰もが政治家として活躍できる社会の実現にあります。そこで、候補者男女均等法の成立によって、本市の同法に対する考え方と今後の取組についてお尋ねをします。 ○議長(佐々木勝久君) 内方総務部長。

鯖江市議会 2018-03-06 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号

先ほどお答えもいたしましたけれども、人手不足ということでこれらを踏まえまして、今ある企業の市外への流失防止、それと事業拡大を中心に考えておりまして、今後は国の生産性向上の法案に基づきます既存工場の増設などにも力を入れまして、人手不足の解消にも同時に注力をしてまいりたいと考えております。  以上です。 ○副議長(木村愛子君) 林太樹君。 ◆8番(林太樹君) ありがとうございます。

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

その時点から今回の文化振興基本法案の改正に沿った内容で、今回の伝統芸能まちさばえ創出事業もそのような形で支援をさせていただいているところでございます。 ○議長(佐々木勝久君) 遠藤 隆君。 ◆9番(遠藤隆君) 要項がかわるわけではないんですね。 ○議長(佐々木勝久君) 浮山まなべの館館長。 ◎まなべの館館長(浮山英穂君) かわるわけではございません。 ○議長(佐々木勝久君) 遠藤 隆君。

鯖江市議会 2017-12-22 平成29年12月第412回定例会−12月22日-04号

次に、議案第81号 鯖江市職員の退職手当に関する条例等の一部改正について、この議案の提出が、なぜこのタイミングになったのかとの質疑に対し、鯖江市職員の退職手当については国家公務員退職手当法に準じているが、今回の国家公務員退職手当法の一部改正法案が、衆議院解散があったため、国会提出が11月17日となり、法案成立も12月8日であった。そのため、この議案の上程が本日になってしまったとの答弁がありました。

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

今ほど部長の答弁の中にもありましたように、国交省が新法案骨子を公表しております。その点でちょっと紹介しながら質問させていただきたいと思います。  新法案骨子のポイントとして、国や地方団体公共事業用地として取得するための調査手続を簡素化する。その前にもう一つ、所有者不明の空き地に5年以上の利用権を設定して、公園など公益性のある事業目的に使えるようにする。

鯖江市議会 2017-06-12 平成29年 6月第409回定例会−06月12日-02号

厚生労働省は受動喫煙防止が努力義務とされてから10年以上経過したが、依然として受動喫煙は多く、努力義務としての取組では限界として、昨年10月にまとめた強化法案では、一つ、市として特に健康上の配慮を要する者が利用する施設、これは医療機関、小中高校などは敷地内禁煙。二つ、大学老人福祉施設体育館、官公庁施設バスタクシーなどは屋内・車内禁煙喫煙専用室設置も不可であります。

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

これはデータヘルス計画から離れるんですけど、今、国会におきまして、女性健康包括的支援法案というものを何とか通そうかということで頑張っているわけでございますけれども、なかなか通ってきません。この女性の生涯にわたる健康包括的サポートの法律が通りますと、人生の各段階に応じて大きく変化する女性特有の心身の変化に応じた対応ができるようになると言われております。

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

こういうことになりまして、今回の、今参議院に移りましたけども、さまざまな法案というものが随分強行採決をされると、こうした事態が起こってきているわけです。  これは、野党と言われる人たちだけではなしに、国民全体にとって大変不幸な事態だと思うわけです。参議院のときに、随分アベノミクスというものが喧伝されました。その成果というものが大いに訴えられたわけです。

小浜市議会 2015-10-06 平成27年  9月 定例会(第4回)-10月06日−05号

年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計歳入歳出決算の認定について        認定第9号 平成26年度小浜市加斗財産区運営事業特別会計歳入歳出決算の認定について        認定第10号 平成26年度小浜市水道事業会計決算の認定について   日程第2 陳情第3号 年金積立金の専ら被保険者の利益のための安全かつ確実な運用に関する意見書(決議)の採択を求める陳情書   日程第3 陳情第6号 安全保障関連法案

小浜市議会 2015-06-24 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月24日−03号

安倍内閣は、昨年7月に閣議決定した集団的自衛権の行使容認を進めるため、国会に「国際平和支援法」という新法と10の法案を一括提案する「平和安全法制整備法」を提出いたしました。その法案は、戦後日本の国のあり方を180度変えるもので、極めて重要なものであります。  戦後70年、日本は一人の戦死者も出さず、また、一人の外国人を戦死させることもなくきました。

鯖江市議会 2015-03-11 平成27年 3月第399回定例会−03月11日-04号

これはきのう、我が清風会の林議員もお触れになりましたけれども、今国会におきまして、法案が提出されておりまして、恐らく今国会成立し、早ければ来年夏の参議院選挙からそれが適用されるという報道がなされております。  それで、世界的にどうなのかということでありますが、この制度昭和20年に現行制度がつくられまして、約70年ぶりの改正になります。戦後70年を機にこれを改正するということであります。

鯖江市議会 2015-03-10 平成27年 3月第399回定例会−03月10日-03号

今回の選挙権年齢引き下げについての議論、法案でございますけれども、このような状況にある現在では、新聞教育に活用するNIEの学習や、記事をもとにグループで討議を行うディベート学習、それから外部から講師を招いてディスカッションをするなど、多様な学習方法を工夫しながら、子供たちの政治への関心を高めるとともに、民主主義が、権力の分立によって国民自由権利を守っていること、国民意思の反映を図る仕組みを

鯖江市議会 2015-03-09 平成27年 3月第399回定例会−03月09日-02号

マイナンバーは、公正な社会保障を実現していくためにも、また社会保障給付や納税に関する情報を一元的に把握するため、全国民に番号を割り当てるマイナンバー、共通番号制度の関連法案が2月24日に国会成立いたしました。これを受け、新制度は2016年1月に運用を開始されます。 番号の用途は、当面、年金介護といった社会保障や税、災害対策などの公的部分に限られます。