3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2014-09-17 09月17日-一般質問-03号

また、児童扶養手当母子父子家庭医療助成更新手続きなどにつきましては、専用の受付会場を設けるとともに、勤務時間外にも受け付けをし、さらに本年は、臨時福祉給付金子育て世帯臨時特例給付金申請受け付けも合わせて行うなど、ひとり親家庭負担軽減に努めております。 こうした取り組みにより、ひとり親家庭の相談や事務手続きにつきましては、現在のところニーズに対応できているものと考えております。 

大野市議会 2011-06-13 06月13日-一般質問-02号

また母子父子家庭医療助成事業として20歳までの児童とその親に対し、健康保険対象医療費と入院時食事療養費自己負担額全額助成を行っております。 さらに市が単独で行っている支援といたしましては、ひとり親家庭児童小学校中学校に入学する際、小学校で1万円、中学校で2万円の就学支度金を支給しているほか、児童が修学旅行に参加した場合にも小学校で1万円、中学校で2万円の助成を行っております。

  • 1