463件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-20 令和 元年12月第422回定例会−12月20日-04号

初めに、議案第61号 令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)中、第1表 歳入歳出予算補正、歳入全般、歳出、款1議会費、款2総務費(農林水産統計費を除く)、第2表 債務負担行為補正、夢みらい館・さばえ管理運営事業(指定管理者)、第3表 地方債補正についてでございます。  

鯖江市議会 2019-12-09 令和 元年12月第422回定例会−12月09日-02号

平成30年度一般会計では、歳入の根幹をなす市税の収入は、景気の回復による個人所得の増などにより1億2,000万円余の増額となったものの、歳出面においては扶助費などの社会保障関係経費など義務的経費は依然高い水準で推移をしており、鯖江市の財政の硬直性は依然として高い状況にあると言わざるを得ない段階であります。

鯖江市議会 2019-11-27 令和 元年12月第422回定例会-11月27日-01号

第421回定例会において継続審査となりました議案第47号 平成30年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてから、議案第54号 平成30年度鯖江市農業集落排水事業会計決算の認定についてまで、以上8議案について、決算特別委員長から審査の経過ならびに結果について報告を求めます。  決算特別委員長 福原敏弘君。             

鯖江市議会 2019-08-28 令和 元年 9月第421回定例会-08月28日-01号

    │ ├────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │第46号│令和元年度鯖江市介護保険事業特別会計補正予算 │ 教育民生 │  〃  │ │    │(第2号)                  │      │    │ ├────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │第47号│平成30年度鯖江市一般会計歳入歳出決算

鯖江市議会 2019-05-31 令和 元年 6月第418回定例会−05月31日-03号

直接的には、今ほど説明もありました本市の会計年度任用職員制度を導入することによりまして、また民間企業労働単価が引き上げられると、そういうことも想定されますので、本市の人件費はもとより、市が発注する工事費、委託料、また物品の購入単価、そういったものが上昇するということによりまして、歳出面におきまして、市の財政に影響が出るというようなことも想定されております。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

政策経営部長(中嶋誠一君) トップランナー方式についてのお尋ねでございますけれども、これは、もともとはといいますか、いわゆる骨太の方針2015の中で言われたものでございますけれども、歳出の効率化を推進するという観点から、歳出の効率化に向けた民間への業務委託などの業務改革で、他団体のモデルとなるようなものを地方交付税基準財政需要額の算定に反映するという取組を推進しましょうということにしたものでございます

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

歳出をしっかりやっていけば、市民の生活向上を図るとともに、環境整備も含めまして、よりよい豊かな生活はできますけど、それを進めるに当たりましては、やはり財布の中にお金がなければいけないというところで質問をさせていただきたいと思います。  まず最初に、市税の増加積算について質問させていただきたいと思います。

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

歳出においては、社会保障関係経費のうち、特に扶助費の増加傾向が続いているほか、夢みらい館・さばえの耐震改修やラポーゼかわだの全面的改修および文化センターの大規模改修に係る経費を計上しております。公債費については、平成26年度、28年度に発行した公募債の償還により1億7,001万円の増額となりました。

鯖江市議会 2018-12-21 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号

初めに、議案第76号 平成30年度鯖江市一般会計補正予算(第4号)中、第1表 歳入歳出予算補正、歳入全般、歳出、款1議会費、款2総務費、第2表 当委員会所管分の債務負担行為補正、第3表 地方債補正についてでございます。  歳出コミュニティバスの運行事業費について、理事者から、これは平成31年4月に行うコミュニティバスのダイヤ改正に伴う時刻表修正などを行うためのものである。

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

私が市長に就任当時、予算編成にも苦労するような財政状況の中で、財政再建こそが当面の最大の課題と位置づけ、これまで他市に先駆けて行財政改革プログラムを策定し、職員適正化計画に基づく人員配置の適正化や起債の繰上償還、指定管理者制度の導入、下水道事業計画の見直し、市民公募債の発行、地方創生交付金の活用など歳入歳出両面から積極的に財政健全化に取り組んでまいりました。

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

第415回定例会において継続審査となりました議案第61号 平成29年度鯖江市一般会計歳入歳出決算の認定についてから、議案第68号 平成29年度鯖江市農業集落排水事業会計決算の認定についてまで、以上8議案について、決算特別委員長から審査の経過ならびに結果について報告を求めます。  決算特別委員長 水津達夫君。           

鯖江市議会 2018-09-10 平成30年 9月第415回定例会−09月10日-02号

今回は健全化法の取組についてということで、財政健全化法により平成19年度の決算から健全化判断比率と公営企業の資金不足比率を、監査委員の審査を付した上でということで、毎年、年度ごとに監査委員から鯖江市歳入歳出決算健全化審査意見書というのをいただいておりまして、その中にも同じようなことが書かれているわけですけど、これが法律によりまして、議会に報告し公表しなければならないとしています。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

の認定に│ 決算特別 │継続審査│ │     │ついて                    │      │    │ ├─────┼───────────────────────┼──────┼────┤ │ 第62号 │平成29年度鯖江市国民健康保険事業特別会計歳入│   〃   │  〃  │ │     │歳出決算の認定について            │      │    │ ├───

越前市議会 2018-06-01 06月12日-05号

教育厚生委員長(安立里美君) 〔登壇〕ただいま議題となりました議案第36号平成30年度越前市一般会計補正予算第2号のうち、教育厚生委員会に付託されました 第1条 歳入歳出予算の補正の第1表歳入    歳出予算補正  歳出第3款 民生費    第10款 教育費につきまして、委員会の審査の結果を御報告いたします。