29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鯖江市議会 2018-06-11 平成30年 6月第414回定例会−06月11日-02号

また、2011年、松本で始まった30・10運動は、宴会での食べ残しをなくそうとの具体的な運動です。昨年度よりSDGsに取り組んでいる鯖江市は、市役所としてこれらの運動を積極的に推進し、さらに各種団体や市民の皆様に普及啓発すべき立場にあると思われます。まずは、市役所や職員がかかわっている宴会から食べ残しゼロを実践し、公民館や地区関係の宴会、NPO団体、各種団体へと協力を呼びかけるべきです。

福井市議会 2016-10-26 平成28年10月26日 議会運営委員会-10月26日−01号

私はきのう、きょうと北信越市議会議長会の用務で松本へ行ってきましたけれども、そこでの議長同士の意見交換の中でも、今、マスコミを初め、オンブズマンの方々も地方議会に注目し、その目が厳しくなっているということでした。しかし、それは当たり前のことですから、福井市議会もどこから見ても政務活動をしているということでしっかりやって行きましょうということの確認をあえてお願いしたいということが一つです。

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

それからもう1点、長野県の松本でありますけども、福井県としても先ほど宴会5カ条という形でいろいろとやっていただいておりますけども、その中の2番目、酒宴の席では開始30分、終了10分など、席を立たずにしっかり食べきる運動、時間をつくろうということで、実は松本がこのような取組をしています。宴会場でこのようなコースターがありまして、実は、これには「残さず食べよう!

福井市議会 2016-03-16 平成28年 3月16日 予算特別委員会-03月16日−01号

昨年度、文部科学省の生涯学習政策局でも進んだ事例ということで長野県松本、鳥取県あるいは徳島県の事例とあわせて、福井市の取り組みも事例5というふうに紹介されておりました。そういう面ではまさに全国から注目されているし、ある面では行政の対応も含めて隅々まで地域住民の願いがかなえられるような仕組みがあるのかなと思っております。  

大野市議会 2015-12-16 平成27年 12月 定例会-12月16日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

中部縦貫自動車道が日本海側と太平洋側をつなぐ国土東西軸の要として機能し、大規模災害時の緊急輸送・救急医療活動の支援等に資するためには、松本から福井市までの全線開通も課題だと考えますので、県を超えてタイアップした要請活動にもご尽力いただきたいと存じます。  次に、重点道の駅「(仮称)結の故郷」について申し上げます。  

福井市議会 2015-03-03 平成27年 3月定例会-03月03日−03号

福井市独自の安定ヨウ素剤の配備計画について,12月定例会では,西村議員が松本などが市独自に被曝医療を研究していることを紹介しました。松本などの取り組みについて研究や調査を行っていただきたいと思いますが,どうでしょうか,答弁を求めます。  

福井市議会 2014-06-23 平成26年 6月23日 予算特別委員会-06月23日−01号

さらに、本市から岐阜県を経て長野県松本に至る中部縦貫自動車道についても今年度北陸自動車道と接続し、平成28年度には大野インターチェンジまで開通すると聞いております。これらの高速交通ネットワークが着実に形成されつつある状況は本市が目指す交流人口の増加や経済の活性化のために非常に喜ばしいことであると思っております。  

大野市議会 2013-06-10 平成25年  6月 定例会-06月10日−一般質問−02号

中部縦貫自動車道は、高規格幹線道路網計画約1万4,000㌔㍍に位置づけられている高規格幹線道路であり、長野県松本から福井市までの延長約160㌔㍍の一般国道、国道158号自動車専用道路であります。  ただ、白鳥から飛騨清見に東海北陸自動車道の重複区間が約40㌔㍍存在しているため、重複区間を含めますと約200㌔㍍となります。  

鯖江市議会 2011-12-13 平成23年12月第385回定例会−12月13日-03号

一部、今から紹介させていただきますけれども、我が市民創世会と公明党の合同視察によりまして、先日、長野県の松本さんの方へとお邪魔をさせていただきました。この松本さんは、以前より映画であったり、ドラマ、CM等々でたくさんのそういった撮影が行われてきた地でございました。

福井市議会 2011-06-27 平成23年 6月定例会-06月27日−02号

毎回質問をさせていただいている問題でありますが,大野市と福井市を直結する国道158号は,長野県松本から福井市内の国道8号までを連絡する国道として,市民の日常生活はもとより,救急救命に及ぶ災害支援等における命の道であるとともに,産業,とりわけ観光の振興にとって最重要路線でもあります。  これらの重要性からバイパス工事が進められており,現在国道8号から美山地区朝谷町までが併用されております。

福井市議会 2007-03-19 平成19年 3月19日 予算特別委員会-03月19日−01号

横文字でいうとクラインガルテンという表現もされるようですが、長野県の松本では、ログハウスのようなところで、いえば市民農園ですね。年間使用料が30万円から50万円規模のもので、200キロメートル、500キロメートル離れた大阪や東京から、週末や月末にやって来る。こういう手法も実践しているわけです。

敦賀市議会 2007-03-08 2007.03.08 平成19年第1回定例会(第3号) 本文

各地方自治体では、失業や病気で所得が減った人は国民健康保険証取り上げを控えるという福岡県、あるいは母子世帯や乳幼児に対しては滞納でも国民健康保険証を交付する長野県松本、宮城県の石巻市など、是正が各地で始まっています。敦賀においてもこうした対処をすべきだと考えますが、市長の見解を伺っておきます。  また、ことし各地で国保税値下げに踏み切る自治体が生まれています。

小浜市議会 2006-06-08 平成18年  6月 定例会(第3回)-06月08日−01号

4月19日北信越市議会議長会評議員会が松本で開催され、議長が出席いたしました。  同日、民生文教常任委員会協議会が開催されました。  4月20日北信越市議会議長会定期総会が松本で開催され、正副議長が出席いたしました。  同日、環境・安全対策委員会が開催されました。  同日、小浜市防犯隊出動式が行われ、企画総務常任委員長が出席いたしました。  

敦賀市議会 2006-03-14 2006.03.14 平成18年第1回定例会(第3号) 本文

先日、長野県の松本に視察に行ってきました。ここは給食センターが3つありまして、3つの合計で1万8647食の給食をつくっているんですけれども、その中で90人のアレルギー給食をつくっているそうです。給食センターの中でつくるのは実際難しいという、今、教育長の答弁でしたけれども、給食センターのそばにある食品庫を改造してアレルギー給食をつくる部屋をつくって松本は実施したそうです。

大野市議会 2005-06-15 平成17年  6月 定例会-06月15日−一般質問−03号

一般国道158号は、福井市を起点として美山町・大野市および和泉村を経て長野県松本に至る幹線道路であります。  また本市においては、県都福井市および沿線市町村を結ぶ重要な道路であり、通勤・買い物・レジャー等日常の生活はもとより防災・救急救命活動に至るまで本路線に依存している状況であります。  

大野市議会 2004-03-09 平成16年  3月 定例会-03月09日−代表質問、一般質問−02号

一般国道158号は、福井市を起点として美山町・大野市および和泉村を経由して松本までの本県と東海中部圏を最短距離で結ぶ246㌔㍍の広域幹線道路であります。  また福井市との人や物の交流は極めて多く、通勤・通学など日常の生活はもとより、地域振興・防災・救助活動に欠かせることのできない重要路線であります。  

大野市議会 2003-09-17 平成15年  9月 定例会-09月17日−一般質問−03号

中部縦貫自動車道は、福井市と長野県松本を結ぶ高規格幹線道路であり、全線の整備により、奥越前は福井県の東の玄関口となり、中京圏はもちろん、東海・関東地方とのアクセスが飛躍的に向上いたします。  これにより、文化・観光資源を生かした地域振興・産業経済の発展など、無限の可能性を秘めており、地域活性化の強力な起爆剤として位置付け、その早期開通に向けて積極的に取り組んでおります。  

  • 1
  • 2