208件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2020-11-28 12月03日-02号

市営住宅については、市市営住宅長寿命化計画の中で耐震性のない老朽木造住宅用途廃止を進めながら市営住宅適正管理に取り組んでいます。市営住宅の10月末時点の入居率管理戸数806戸に対し入居戸数720戸で、入居率は約89%であり、毎月の入居募集についても本年度募集戸数138戸に対し申込件数は52件であり、申し込み倍率は約0.4倍であります。

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

次に、同じく住宅整備費に計上された、木造住宅耐震改修促進事業補助金について、委員からは、耐震診断を行う際の支援については当初の予算額を上回る実績が上がっているものの、耐震補強工事に対する補助金については予算額の半分の実績となっていることについてただされました。 理事者からは、昨年度実績については耐震診断が40戸、耐震工事が6戸である。

福井市議会 2020-11-12 11月12日-03号

これらのほかに,介助が必要な高齢者等在宅生活を長期間継続できるように支援する住まい環境整備支援事業在宅の重度の障害を持つ方が日常生活に著しく支障がある場合に,段差解消などといった住宅改造改修費用の一部を助成する重度身体障がい者住宅改造助成事業日常生活用具給付等事業,安全・安心な住環境の創出のため,耐震性が劣る木造住宅において行う耐震補強工事に要する費用の一部を助成する木造住宅耐震改修促進事業

敦賀市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-11

152 ◯9番(今川博君) 令和2年度の当初予算の中にも木造住宅耐震化促進事業が計上されておりますが、住宅政策課にて毎年予算計上しております木造住宅耐震化促進事業費平成29年度、30年度、31年度における耐震診断件数補強プラン件数改修工事実施件数、そして住宅に係る支援制度の概要をお伺いいたします。

福井市議会 2020-03-02 03月02日-02号

また,安全で安心して暮らせる住環境を整えるため,東安居団地の建て替えや耐震性が劣ると判断された一戸建て木造住宅改修工事費用支援を行い,大規模地震発生時の備えを強化いたします。 さらに,治水・浸水対策として,河川水路をしゅんせつし,排水能力を高めるとともに,洪水調整機能を確保する調整池における排水設備の計画的な更新を行います。 

福井市議会 2020-02-21 02月21日-01号

加えて,木造住宅耐震改修への支援を継続し,安全で快適な住環境を確保してまいります。 水道事業については,今年度内に策定を予定している福井水道事業ビジョン2020に基づき,水道施設更新耐震化を進めてまいります。さらに下水道事業では,公共下水道普及拡大を進めるほか,老朽化した加茂河原ポンプ場足羽ポンプ場の全面的な更新及び処理能力の増強を行い,浸水被害の軽減を図ってまいります。 

敦賀市議会 2019-06-25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-06-25

登録件数をふやすための取り組みとしましては、今年度4月に送付した固定資産税納税通知に、木造住宅耐震改修とあわせて空き家空き地情報バンク等に関するチラシを同封いたしました。  これによる効果もあって、これまでに26件の空き家空き地情報バンクに関する問い合わせがあり、昨年度末に3件であった登録件数が15件にふえました。

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

次は、木造住宅耐震化促進事業について、伺います。木造住宅耐震化促進事業質問は今回で2回目となります。1回目は平成20年6月議会でございます。そのときの質問の背景は、1995年に発生した阪神淡路大震災では1981年以前の古い耐震基準によってつくられた建物が大きく被害を受けました。6,434名の尊い命が奪われました。そのうち地震により直接的に亡くなられた方が5,502名の方でございます。

福井市議会 2019-02-18 02月18日-01号

また,住宅政策では,東安居団地F棟について平成32年度完成を目指して整備を進めるとともに,木造住宅耐震改修への支援を継続し,安全で快適な住環境を確保してまいります。なお,平成年度から進めてきた森田北東部土地区画整理事業は,今月1日に換地処分公告を行いました。この事業により施工地区定住人口は倍増し,商業施設保育施設が立地するなど活気あるまちづくりが進んでいるところです。

福井市議会 2018-09-19 09月19日-05号

また,市単独河川水路整備しゅんせつ事業の2割,3,840万円や木造住宅耐震促進事業の2割,468万円など,災害対策は削減するべきではありません。 その他,学校施設改修整備事業や,中学校図書整備事業平成18年に合併した3地区地区整備費などの必要な予算を市民への説明も合意もないまま一方的に削減することは許されません。撤回するよう強く求めます。 

越前市議会 2018-09-06 09月07日-03号

木造住宅耐震化促進に向けた事業については、木造住宅耐震診断等促進事業木造住宅耐震改修促進事業があります。木造住宅耐震診断等促進事業につきましては、昭和56年5月31日以前に建築された旧耐震基準一戸建て木造住宅所有者に対しまして耐震診断士を派遣して耐震診断及び補強プランの作成を支援する事業でございまして、経費10万円のうち個人負担1万円となっております。

福井市議会 2018-02-19 02月19日-01号

また,東安居団地E棟について6月中の完成を目指して整備を進めるとともに,F棟の設計を行うほか,木造住宅耐震改修への支援を継続し,安全で快適な住環境を確保します。 ガス事業については,ガス管の計画的な入れかえを行い,耐震化を進めます。また,福井ガス事業あり方検討委員会の答申を踏まえ,平成32年4月に民営化する方針とし,事業譲渡先の選定と事業引き継ぎをしっかり行ってまいります。 

勝山市議会 2017-06-16 平成29年 6月定例会(第3号 6月16日)

昨年にも新潟県糸魚川市の大火がありましたが、それも木造住宅密集地に燃え広がったものでした。  勝山市では、江戸時代、現本町付近から後町付近は何度も大火に見舞われております。長淵大火に続き、明治に入って立石から出火、町屋1,200軒余り、お寺は18カ寺焼失したともありました。これは勝山大火と呼ばれております。  昭和8年には、成器女子校町役場が焼失し、翌日、尊光寺も焼失したそうです。

越前市議会 2017-06-14 06月15日-03号

建設部長芹川進君) 空き部屋具体的活用や今後の予定については、現在市営住宅長寿命化計画に基づき、老朽化した木造住宅61戸の用途廃止を順次進めており、その移転先として、他の市営住宅空き部屋を確保しております。 また、市営住宅募集につきましては、退去状況などに応じて、毎月約20戸ほど募集しております。 

福井市議会 2017-06-12 06月12日-02号

例えば,空き家の抑制や木造住宅耐震化率の向上などがございます。 重点的な取り組みといたしましては,子育て世帯高齢者世帯への支援の充実を図るため,戸建住宅で2世帯以上が同居するためのリフォーム補助や同一小学校区内直系親族が近居するための住宅取得補助,そして,U・Iターンする若年夫婦子育て世帯への住宅取得補助,さらに,空き家の増加を抑制するためのリフォーム補助購入補助などがございます。 

鯖江市議会 2017-03-13 平成29年 3月第408回定例会−03月13日-02号

規模火災から見えた問題点についての御質問でございますけれども、議員、おっしゃるとおり、昨年の12月22日に発生した糸魚川の大規模火災につきましては、主に昭和初期に建造された木造住宅密集地帯で発生した火災であり、主要道路以外の路地は狭く、火炎が広がりやすい環境で、強い南風により火の粉などが飛び火となって延焼が進む中、大量放水可能な水利が少なかったことが原因であると考えられております。