8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

越前市議会 2018-05-23 05月23日-01号

夢ある子ども育成事業については、4月16日に公益財団法人日本サッカー協会と4度目となる元気な自立都市越前を創造するための協定締結しました。5月22日の武生東小学校を皮切りに、本年度も市内の全ての小学5年生と中学2年生を対象に夢の教室を開催し、同協会と連携して夢や目標を持った児童・生徒の生きる力育成を図ってまいります。 

敦賀市議会 2017-09-14 2017.09.14 平成29年第3回定例会(第3号) 本文

お尋ねのサッカー場の規模といたしましては、日本サッカー協会サッカー競技規則に定めるものとし、全国的規模の公式戦を開催できるフィールド105メートル掛ける68メートルを1面、300平方メートル程度の管理棟と器具庫、小型車、大型車(バス)を合わせて30台程度が駐車できる駐車場を設けるものとし、可能であれば練習やジュニアの試合に使用できるグラウンド68メートル掛ける50メートルをあわせて設ける規模で検討

敦賀市議会 2015-09-15 2015.09.15 平成27年第4回定例会(第3号) 本文

そしてあと日本サッカー協会は、各都道府県サッカー場が欲しいんです。私のサッカー協会のほうの理事なんかに聞いていただければ1億円出ます。都道府県サッカー場をつくれば日本サッカー協会から1億円出るという事業があります。そういうのもありますし、先ほど言ったように観光ということで、経済効果でいいます。  和倉のほう、全部で5面ですけれども、年間利用者は2つのグラウンド合わせて10万人です。

敦賀市議会 2012-09-18 2012.09.18 平成24年第3回定例会(第2号) 本文

日本サッカー協会では、2015年に世界のトップテンに入り、サッカーファミリー500万人を目指し、6歳以下からも普及、育成サッカーの楽しさを教える事業を展開しています。そのためにも都道府県市町村ベルにおいてサッカー環境の整備は不可欠であります。  話を本市に戻しますと、敦賀FCの少年チームが2回と中学生チームが1回、福井県予選を突破し優勝を果たし、全国へと出場いたしました。

敦賀市議会 2005-12-14 2005.12.14 平成17年第5回定例会(第3号) 本文

日本サッカー協会では、2015年までには世界のトップ10に入り、サッカーファミリー500万人を目指し、6歳以下からも普及、育成サッカーの楽しさを教える事業を展開しています。そのためにも、都道府県市町村ベルにおいてサッカー環境の整備、CO2削減にも効果のある芝生のグラウンドの普及に努めています。  

敦賀市議会 2002-12-09 2002.12.09 平成14年第5回定例会(第1号) 本文

殿下には、皇族として文化スポーツ福祉環境国際親善等さまざまな分野において幅広く御貢献され、本年開催されたFIFAワールドカップにおいては日本サッカー協会名誉総裁として御尽力されたことは記憶に新しいところであります。ここに市民の皆様とともに慎んで心から哀悼の意を表するものであります。  

敦賀市議会 2002-06-21 2002.06.21 平成14年第2回定例会(第3号) 本文

彼らは、小学生のときから日本サッカー協会の強化策のもと、世界各国で試合経験を積み、オリンピックではあのブラジルを破り、アジア大会では優勝し、アジアナンバーワンになったのです。  こういった選手の活躍やワールドカップの盛り上がりの大きな要因に、グラウンドやピッチの整備が挙げられます。もしもこの大会が土のグラウンドで行われていたらどうでしょう。

  • 1