1834件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

第42条でございますけれども、今回の無償化と直接関係のない部分となりますが、特定地域保育事業者の認可要件となっております連携施設について規制緩和を行うものでございます。  本条例で規定する連携施設とは、事業者が職員病気等により保育できなくなった場合に代替保育を行う施設や、2歳児卒業後に受け入れをする施設でございます。

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会 資料

──────┤ │第 60 号議案│敦賀市森林環境譲与税基金条例の制定の件   │産 経 建 設   │ │       │                      │          │ │       │                      │7/8 可  決  │ ├───────┼──────────────────────┼──────────┤ │第 61 号議案│敦賀駅交流施設

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会(第1号) 本文

昨年度に整備が完了しました病児・病後児保育施設、松原児童クラブ及び第2粟野南児童クラブにつきましては、4月から供用を開始しており、利用者の方々が安心して利用できる施設運営に努めているところです。  一方、幼児教育保育を無償化する改正子ども・子育て支援法が先月10日に可決され、10月からの実施が決定いたしました。

敦賀市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第4回定例会 目次

────────────  39  報告第9号 繰越計算書の報告の件(平成30年度敦賀市下水道事業会計) ────  40 ○日程第6 第55号議案〜第74号議案(説明、質疑、委員会付託 ただし、第       55号議案〜第59号議案、第74号議案は説明・質疑省略)  (説 明)  第60号議案 敦賀市森林環境譲与税基金条例の制定の件 ────────────  40  第61号議案 敦賀駅交流施設

鯖江市議会 2019-06-10 令和 元年 6月第418回定例会−06月10日-04号

第417回定例会において継続審査となり、公共施設使用料改定特別委員会に付託いたしました議案第14号 公共施設使用料改定に伴う関係条例の整備について、および、先般、所管の委員会に付託いたしました議案第30号 令和元年度鯖江市一般会計補正予算(第1号)ほか10件を議題とし、各委員長から委員会の審査結果について報告を求めます。  最初に、公共施設使用料改定特別委員長の報告を求めます。  

鯖江市議会 2019-05-31 令和 元年 6月第418回定例会−05月31日-03号

そのような認識のもとで、これは平成29年3月に改定をさせていただきましたが、市の教育大綱の中で、生涯学習地域コミュニティの中核施設として役割を果たしています公民館というものを、地域における生涯学習・まちづくり活動を支援する場として位置づけをさせていただきまして、その充実に努めることといたしております。  

鯖江市議会 2019-05-30 令和 元年 6月第418回定例会−05月30日-02号

最初に衛生組合の新炉建設と市との関係についてでございますけれども、鯖江広域衛生施設組合では、ごみ焼却炉施設等の新炉建設問題に絡んで鯖江市の状況が主になると思われます。市のごみの現状が、ごみ焼却施設等整備基本構想・循環型社会形成推進地域計画の策定に影響を及ぼすと思われますが、御所見をお伺いしたいと思います。 ○議長(佐々木勝久君) 牧野市長。

敦賀市議会 2019-05-24 2019.05.24 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文

次の公共施設整備基金積立金7860万6000円につきましては、民間処分場抜本対策事業に係る負担金としまして山梨県上野原市からの歳入が7855万6000円ございましたので、これを予算化しまして同額を基金に積み立てるとともに、本年1月から3月末までの間にふるさと納税によって御寄附いただいた寄附金5万円についても、あわせて基金へ積み立てさせていただくものでございます。  次に、24ページ。  

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

委員からは、指定管理に係る企業等からの提案書を見ると、3施設の連携を行えば、もっと効率よく集客が図れるという内容が多くの提案書に記載があり、近接の3施設をまとめて指定管理者を募集してはどうかとの意見が述べられ、その場合に委託料の金額の見込みはどうなるかとの質問が出されました。  これに対し理事者は、人件費などの算出において一定額の減額があることも考えられるとのことであります。  

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

次に、第21号議案 敦賀市公共施設整備基金条例の一部改正の件について、主な質疑として、もともとある公共施設整備基金公共施設維持補修基金を合わせて新しい基金とするという理解でよいかとの問いに対し、そのとおりであるとの回答があり、関連して、公共施設維持補修基金が廃止され一つの基金になることにより、維持補修のための財源の状況が見えにくくなってしまうのではないかとの問いに対し、決算認定の際には説明させていただくが

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

続いて、地域密着型サービス施設整備等事業費補助金について、第7期介護保険事業計画における市内の施設整備として、地域密着型特別養護老人ホーム認知症高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所の各1カ所を整備するため、2億960万円を計上するものであるとの説明がありました。

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

しかし、主な介護者であるそのお母さまは、毎回、どちらかの施設予約を取り、週末にそのお子さんを車に乗せて福井市施設まで連れて行き、月曜日にはまた迎えに行かなければならず、働きたいが、とてもじゃないが外で仕事をする余裕がないと、本当に困っていらっしゃいました。  また、自身や家族の急病のときなど、不測の事態を危惧され、せめて大野の病院施設で預かってもらえたらとおっしゃっておりました。  

大野市議会 2019-03-12 平成31年  3月 定例会-03月12日−一般質問−03号

大野市公共施設等総合管理計画の中でも、地方交付税や市税の落ち込みによる歳入全体の減少が掲げられており、来年度、公共施設使用料金を見直す方針とのことですが、施設区分ごとに施設利用者は異なる中、どのように見直していく方針なのか伺います。  併せて現在取り組んでいる公共施設の総量縮減に向けた取り組み状況をお伺いします。  

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

施設が赤字でも市民に税金を還元するという意味で市民が利用できる施設、そういう市民が利用できるということは大変重要であります。  例えば、リラ・ポートなんかは約5000万円の指定管理料。これは赤字と見ていいと思いますけれども、市から5000万円入れていますけれども入湯税が1500万ぐらい返ってきます。運動公園プール、これも5000万円近くの赤字です。ただし、両方とも市民利用ができます。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

福祉保健部長(山本麻喜君) 公立保育園のうち5園が築後40年を経過するなど老朽化が進んでおりまして、施設全体の改築、改修を検討する時期に来ております。今後、敦賀市公共施設等総合管理計画との整合性を図りまして、また保護者からの保育ニーズや今後の人口動態等も考慮しながら個別施設計画の立案を行っていきたいと考えております。  以上でございます。