78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2014-09-16 平成26年 9月第397回定例会−09月16日-02号

このエネルギー基本計画の中では、今、議員おっしゃったように、重要なベースロード電源に位置づけてございます。一方で、省エネルギー、再エネルギーって、今、火力発電の効率化、これによって原子力を低減させると一方で書いてあるんです。私は、恐らくそういう方向に行くんだろうと思います。ただ、今、それを示すエネルギーの電源の効率配置、エネルギーのベストミックス、これが全然示されていないんです。

敦賀市議会 2014-03-11 2014.03.11 平成26年第1回定例会(第3号) 本文

このエネルギー基本計画案で、高速増殖原型炉もんじゅについて実用化の時期を示さず、本来の役割とは異なる核廃棄物の減容化の研究強化を掲げ、位置づけが曖昧になり、核燃料サイクル政策全体も中長期的な見直しの可能性に含みを持たせており、我々が期待する夢の原子炉の実現が一歩後退した感が否めません。  

大野市議会 2014-03-10 平成26年  3月 定例会-03月10日−代表質問、一般質問−02号

再生可能エネルギーは、自然の資源を活用して地球温暖化や環境破壊を防止し、永続的に利用ができるエネルギーであることから、国においては、平成24年7月から固定価格買取制度をスタートさせ、導入を促進しております。  本市の再生可能エネルギー有効資源としましては、広大な森林から育まれる木質バイオマスや水力があります。  

敦賀市議会 2013-09-20 2013.09.20 平成25年第3回定例会(第4号) 本文

今後のエネルギーとしてのイメージアップとしても敦賀市で原発でなしにそういったエネルギーにも力を入れていくんだという立場からも、そういった誘致をしていくということも必要ではないかなと思うんですが、そこら辺ちょっとお聞きします。 ◯市長(河瀬一治君) この団地につきましては、国から大きな支援をいただいてつくったというのは議員も御承知のとおりでありまして、いろいろと規制があります。

鯖江市議会 2013-06-11 平成25年 6月第391回定例会−06月11日-03号

再生エネルギーエネルギーも、電気事業者による買い取り義務の対象でありますし、持続可能な循環型社会の構築と環境保全に寄与できるまちづくりというものを進めていくことが非常に大切かなと思うところから期待したいと思いますし、私も一緒に頑張ってまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。  以上で、質問を終わらせていただきます。

敦賀市議会 2012-12-11 2012.12.11 平成24年第5回定例会(第2号) 本文

生活とか雇用も大事だと言っていますが、それ以上に福島原発のような状況になった場合、財産とか全て失われるわけですから、いつ帰れるかわからない、こういう状況を踏まえるのであれば、直ちに廃炉に向けた将来的に決断することによって、それだけ今後の方法としては電気の節約や原発にかわるエネルギーですけれども、これもドイツなんかは10年後にはなくそうとしておりますけれども、そういった意味においても直ちに廃炉にすべきではないかなと

鯖江市議会 2012-03-05 平成24年 3月第386回定例会−03月05日-02号

こうした状況の中、二酸化炭素などの温室効果ガスの発生が少なく、枯渇の心配のない太陽光やバイオマス燃料等のエネルギーの重要性は増大してきておりまして、市内におきますエネルギーの普及の動機づけや、起爆剤として市が率先してエネルギーの利活用に取り組むことは非常に重要なことだというふうに認識をしております。

小浜市議会 2011-09-16 平成23年  9月 定例会(第6回)-09月16日−03号

また福井県におきましても、エネルギー研究開発拠点化計画の実務者検討会を5月に設置し、エネルギー、自然エネルギーの普及などに関する研究開発や実証について検討しているところでございまして、本年11月ごろに方針を決定の上、来年度から施策を推進していく予定と聞いております。  

敦賀市議会 2011-09-15 2011.09.15 平成23年第4回定例会(第3号) 本文

北欧のアイスランドでは83%、ノルウェーでは46%、オーストリアでは27%、スウェーデン34%、ポルトガルで21%、こういったふうに日本の原発以上の自然エネルギーを、もう既にそういう環境に優しいエネルギーに切りかえてきているんです。  こういった世界の流れの中で、それも日本の狭い地震国の上に建っている原発、いつ起きるかわからない。

小浜市議会 2011-09-15 平成23年  9月 定例会(第6回)-09月15日−02号

また福井県におきましても、エネルギー研究開発拠点化計画の実務者検討会を5月に設置いたしまして、エネルギー、自然エネルギーの普及に関する研究開発や実証について検討しているところでございまして、本年11月ごろに方針を決定の上、平成24年度から施策を推進していく予定というふうに聞いております。  

敦賀市議会 2011-09-14 2011.09.14 平成23年第4回定例会(第2号) 本文

その間、やはり市長もおっしゃられていたと思いますが、原子力を利用しながらエネルギーの開発、そして確立をしていく。そのために安全性向上対策をされた上での敦賀3・4号機の増設は必要だと私は思っております。市長もそうおっしゃられておったと思いますけれども、その必要性を国に対して要望していくに当たり、どのような時期に行っていくのか。  

鯖江市議会 2011-09-12 平成23年 9月第384回定例会-09月12日-02号

また、公共施設への太陽光の設備の導入でございますが、エネルギーにつきまして、国の方策等、これから出てくるかと思いますが、これらも加味しながら国の動向を見ながらですね。鯖江市役所内に設置しました節電関係ですけども、鯖江市役所設備等を検討しています省エネ検討委員会の中でいろいろ検討していきたいと思います。

敦賀市議会 2011-06-21 2011.06.21 平成23年第3回定例会(第3号) 本文

敦賀においても太陽光発電の推進、そしてほかでもやられている太陽熱利用設備とかクリーンエネルギー、これはハイブリッドカーあるいは木質バイオマスの熱利用機器、その他のエネルギー、こういったことに対しても市から独自の補助制度をよろしくお願いいたします。 ◯副議長(北條正君) 質問時間が切れましたので、終了してください。  次に、山崎法子君。