138件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-02-20 平成31年 3月第417回定例会-02月20日-01号

全国にも誇れるこうした貴重な文化遺産は、郷土に対する愛着と誇りを醸成するための有効資源であります。兜山古墳につきましても、市民の皆様はもとより市内外の皆様が訪れ、学習し、憩える場所として整備してまいります。  次に、風疹の抗体保有率が低い39歳から56歳までの男性を、予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間無料で予防接種を実施します。

鯖江市議会 2018-05-28 平成30年 6月第414回定例会-05月28日-01号

次に、漆文化のユネスコ無形文化遺産登録に向けた取組についてでありますが、昨年度、漆芸分野の第一人者である東京芸術大学名誉教授の三田村有純先生を講師に招いた夜学塾を実施し、海外にも通用する新たな製品開発に取り組みました。講座で製作した試作品は、クラフト系の全国展覧会、全国漆器展にて入選を果たすなど、確実に成果が出てきております。

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

最初に、「文化遺産を活かした地域活性化事業」の中から、「伝統芸能のまちさばえ」創出事業について、お伺いします。  「文化遺産を活かした地域活性化事業」とは、文化庁の採択事業で、我が国の「たから」である地域の多様で豊かな文化遺産を活用した、伝統芸能・伝統行事の公開・後継者養成、古典に親しむ活動など、各地域の実情に応じた特色ある総合的な取組に対して補助金を交付するものでございます。

小浜市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月15日−03号

さらに、ここ小浜には日本遺産にも認定されている往来文化遺産、御食国若狭おばまと鯖街道という歴史があります。大陸とのつながりも含めまして、健康意識の高い台湾中国の富裕層へとターゲットを定めてアプローチをしていくのはストーリー的にもつながっていくので、よいのではないでしょうか。  

小浜市議会 2017-06-23 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月23日−03号

内外海半島の海を利用したリゾート地構想などや食に関するまちづくり、京都に負けず劣らずの歴史文化遺産の活用など、受け入れ態勢の整備が求められると思います。北陸新幹線全線開業を見据えた市の振興策の基本的な進め方をお聞きいたします。 ○議長(下中雅之君) 企画部次長、東野君。 ◎企画部次長(東野克拓君) お答えいたします。  

小浜市議会 2017-06-22 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月22日−02号

一方、日本遺産を構成する社寺、民俗文化財についても御食国と鯖街道の大きな魅力であり、これらの文化遺産観光客を呼び込む手段として活用するため、今まで秘仏の特別公開や社寺ライトアップを実施してまいりました。さらには、昨年度、旭座において放生祭りの地区の出し物の上演や本市と京都に共通する民俗文化財である壬生狂言や六斎念仏の共演を行いました。

鯖江市議会 2016-08-24 平成28年 9月第406回定例会-08月24日-01号

なお、越前漆器協同組合では、漆文化のユネスコ無形文化遺産登録に向け、この全国大会に先駆けて11月5日から30日まで、国内外の漆芸家の作品展示である国際漆芸展を予定しております。  現在、日本漆器協同組合連合会加盟の産地や、漆にかかわる産業の方々との連携を進めており、登録に向けた運動の一環として機運を高めてまいります。

鯖江市議会 2016-06-14 平成28年 6月第405回定例会−06月14日-03号

産業環境部長(中村修一君) 漆文化のユネスコ無形文化遺産登録に向けての今後の展開についてのお尋ねでございます。古来より受け継がれてまいりました日本の漆文化、これを守り伝え、産業としての振興、発展を図ろうとするものでございまして、産地全体としてのこれからの取組が非常に重要となってまいります。

鯖江市議会 2016-06-01 平成28年 6月第405回定例会-06月01日-01号

また、漆文化のユネスコ無形文化遺産登録に向けた取組も進めてまいります。越前漆器の産地を抱える本市の取組としては、6月19日に開催される越前漆器国際シンポジウムや11月24日から27日にかけて開催される伝統的工芸品月間全国大会での国際漆芸家特別展示会などを通して、文化遺産登録に向けた機運の醸成に努めてまいります。  

大野市議会 2016-05-30 平成28年  6月 定例会-05月30日−議案上程、説明−01号

今後は、認証した「おおの遺産」につきまして、市民共有文化遺産として再認識していただくとともに、保存活動や後継者育成を支援することで「おおの遺産」を次世代へ正しく伝承してまいりたいと考えております。  次に、子ども・子育て支援について申し上げます。  昨年度から、子ども・子育て支援新制度施行され、国においては待機児童解消に向けたさまざまな施策が展開されております。  

敦賀市議会 2015-12-10 2015.12.10 平成27年第5回定例会(第3号) 本文

その中にあって、柴田氏庭園は、粟野地区のみならず敦賀を代表する歴史文化遺産であり、スマートインターチェンジと市街とを結ぶ道沿いに存在します。整備した新たな観光の拠点とすることで点から線、面につないでいけるものと、できるものと考えます。  このような観光拠点整備に対する市長のお考えをお伺いいたします。

鯖江市議会 2015-09-14 平成27年 9月第402回定例会−09月14日-02号

文化のユネスコ無形文化遺産登録についてお伺いしたいと思います。  2014年12月に、東京芸大の三田村有純教授と、輪島市の漆芸家らでつくる「日本の心・新たな創造会議」が中心となりまして、日本の漆文化をユネスコ無形文化遺産にという運動が始まりました。漆器は英語で「JAPAN」と表記されるほど、日本代表する工芸品です。