134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-12-10 令和 元年12月第422回定例会-12月10日-03号

地元では、京都大学大学院地球環境学堂の外国人留学生の方たちとの活動交流も始まっておりまして、院の留学生の彼らの感覚からすると、今ほど部長の答弁の中にもありましたけれども、これだけの資源を有するものづくりの産地、うるしの里の魅力は、日本古来の伝統工芸に触れられ、みずからもまき絵体験などできることでもあり、また漆の器で食文化を体験できる喫茶「椀椀」などや、滞在型で農作業を経験したり、さらには市の無形文化財

鯖江市議会 2019-09-10 令和 元年 9月第421回定例会−09月10日-03号

そこで、高齢者コミュニティバス利用を高めるために、単位老人クラブやふれあいサロンなどの活動の場を通してコミュニティバスを活用し、グループ活動での市内の施設文化財などを見学する自主的な余暇活動を進める中で、常習的にコミュニティバスを利用する習慣性をつけていただくことで閉じこもりを解消し、認知機能の維持にもつながると思われます。

鯖江市議会 2018-12-21 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号

これに関して、来年以降も台風の接近があると予想されるが、今回補正予算の対象となっているスポーツ施設のフェンスや文化財に指定されている樹木等について、老朽化を含め日々の点検を行っているのかとの質疑があり、スポーツ施設については普段から点検を行っており、文化財については台風通過の翌日に所管の全施設を点検している。今後も引き続き老朽化を把握しながら点検を行っていきたいとの答弁がありました。  

鯖江市議会 2018-12-10 平成30年12月第416回定例会−12月10日-02号

次に、鯖江市では、市東部の山頂に築かれた市指定文化財、今北山・磯部・弁財天古墳群については、国指定史跡への格上げを目指して発掘調査を実施してきました。調査の結果、北陸最大級の前方後円墳、全長75メートルの今北山古墳や、福井県では初となる北陸地方最古級と見られる弁財天山高地性環濠集落が発見されました。多くの出土品から2世紀後半におけるこの地が邪馬台国を支えた国となった可能性もあると見られております。

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

教育費では、新年度以降に市内各小学校で不足する机、椅子の購入費に520万円、中央中学校の玄関スロープの屋根設置工事費に120万円、9月の台風21号で損傷した県指定文化財「照臨寺のセンダン」の修繕に対する県補助金の交付決定を受け、市補助金として44万円余、弓道場のブロック塀の控え壁設置工事費に240万円を計上しました。

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

それと、またこうした各地域での伝統芸能等の無形文化財の映像や出版物を多言語文章で記録保存していくことも鯖江市にとって重要な政策だと私は思います。ぜひ、電子化デジタルアーカイブで過去の貴重な写真出版物の記録保全に取り組んでいただきたいと思います。  この2点について、御答弁をよろしくお願いいたします。 ○議長(佐々木勝久君) 浮山まなべの館館長。

大野市議会 2018-02-26 02月26日-副議長の選挙、議案上程、説明-01号

本市では、越前おおのブランド戦略に基づき、あらゆる面から越前おおの総ブランド化の展開を推進しているところでありますが、歴史文化、伝統分野での取り組みについて、さらなるブランド発信につなげていくため、産経建設部商工観光振興課内に観光振興室を設け、教育委員会生涯学習文化財保護室が所管する博物館業務の一部を移すとともに、本願清水イトヨの里の所管を建設整備課湧水再生対策室に移すなど、観光振興の面からも文化財

鯖江市議会 2017-12-22 平成29年12月第412回定例会−12月22日-04号

文教施設災害復旧費では、中央中学校のテニスコートフェンスの復旧に133万円、国指定重要文化財瓜生家住宅の表門の復旧に241万円余、御幸公園グラウンドのフェンスなど、スポーツ施設の復旧に310万円などを計上しました。民生施設災害復旧費では、水落児童館屋根などの復旧に704万円余を計上しました。その他の公共施設・公用施設災害復旧費では、市役所新館の外壁などの復旧に363万円余を計上しました。  

大野市議会 2017-06-05 06月05日-議案上程、説明-01号

国の重要文化財である旧橋本住宅は、江戸時代中期の山村の生活を物語る貴重な建築物として本市の観光名所となっておりますが、この冬の積雪により、カヤが屋根から落ちたことから、安全確保のために本年4月から一般公開を休止しているところであります。 今後は、文化庁や県と協議を行い、早急にカヤのふき替え工事を実施いたしたく、今定例会に補正予算案として提出させていただいているところであります。 

鯖江市議会 2017-03-14 平成29年 3月第408回定例会−03月14日-03号

この福井新聞での報道の伝統行事とは、北中山地区の一部、河和田地区に400年から続くおこないの行事であり、市の無形文化財指定を受けたばかりの伝統行事であります。異常気象地球温暖化で、降る雪の量が、積雪が少ないということで、無形文化財にしてまで残そうという伝統行事に影響を及ぼすのではないかという、この地球温暖化の警告を発している記事と憂えるところでございます。  

鯖江市議会 2016-12-12 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号

また、市指定の文化財も2点存在しています。そこで、お伺いしますが、長泉寺山の自然と歴史文化財的価値について、御見解をお願いいたします。 ○議長(小竹法夫君) 軽部教育委員会事務部長。 ◎教育委員会事務部長(軽部利宣君) 長泉寺山につきましては、標高が110メートル前後の市街地の中にある手ごろな丘陵地であり、西山公園の展望台から少し足を伸ばせば豊かな自然環境の中で散策することが可能です。

大野市議会 2016-09-12 09月12日-一般質問-02号

お亡くなりになった方々が多数おられ、文化財の破損や、観光地への影響、あるいは農作物など、さまざまな面で甚大な被害が出ております。 まずは、お亡くなりになられました方に、謹んで哀悼の意を表するとともに、被害に遭われました方々に心よりお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧、復興をお祈りする次第であります。 

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

◆2番(大門嘉和君) 舟津神社というのは、県の文化財がたしか2件ほどありますし、市の文化財も何件がございまして、鯖江市でもいわゆる宝の一つでもあります。そこの周辺の整備というのも、考えていった方がいいんじゃないかと、そういうふうに思いますので、ぜひよろしく御検討をお願いしたいと思います。  では、次に五郎丸踏切の拡幅工事の現状についてお伺いしたいと思います。

鯖江市議会 2016-06-01 平成28年 6月第405回定例会-06月01日-01号

各産地の伝統工芸にかかわる文化財地域に残る伝統、伝承などを洗い出し、文化財等を取りまとめ、地域の魅力を発信する明確なテーマを設定し、一連のストーリーを作成することが必要となります。県や越前市、越前町と連携し、日本遺産の認定を通した地域情報発信、活性化に取り組んでまいります。  また、漆文化のユネスコ無形文化遺産登録に向けた取組も進めてまいります。

鯖江市議会 2015-12-07 平成27年12月第403回定例会-12月07日-02号

また、子育て世代に対する経済的な負担や不安感を軽減することによって、子育てにやさしい環境づくりに取り組むとともに、本市の豊かな自然や歴史文化財等を活用したコンパクトシティを推進することによって、活力のある、住み続けたいと思えるような魅力あるまちづくりを目指してまいります。