22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大野市議会 2019-03-13 03月13日-一般質問、討論、採決-04号

それ以来、私は36年間、中学校を中心に教員生活を続けてきました。 昨年の今ごろをふり返りますが、3年生の学年主任として、100有余名の生徒を卒業式にて、それぞれの進路へと送り出していました。 そして子どもたちを送り出した私自身も、公務員の定年までは2年を残していましたが、教員生活を卒業することを決意しました。 それは、学校現場の声をぜひ議会に反映させたいというふうに決意したからです。 

大野市議会 2017-06-05 06月05日-議案上程、説明-01号

4月20日から22日にかけて、関西大学から教員や学生などが本市を訪れ、現地調査や文献調査などを行うとともに、職員市民も交えて情報共有や意見交換を行う中で、本市を複数年度にわたり研究フィールドとして活用していきたいとの意向が示されたところであります。 今後、教員や学生などに継続的に本市を訪問していただき、研究拠点の設置などの成果につなげてまいりたいと考えております。 

大野市議会 2014-07-23 07月23日-一般質問-03号

地域教員免許をお持ちの方や、教員を目指している方、塾、家庭教師経験のある方などがサポートスタッフとして参加し、大学進学に照準を合わせた実践的な教育を提供したり、幼児への英会話や、小中学生への自学自習をサポートしたり、またパソコン指導を行ったりと、先生方が時間を掛けて根気強く子どもたちに教え、学ぶ喜びや伸びる喜び、達成感を実感できることに役立っているとのことです。 

大野市議会 2003-09-17 09月25日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

陳情6号 適正規模の少人数学級実現等を求める陳情書については、1学級複数教員配置の方が、教育効果が得られるのでないかとの意見も述べられ、採決の結果、賛成多数でその趣旨を了として、採択と決しました。 なお、2つの陳情に係る意見書を、別途市会案として提出することに決した次第であります。 以上であります。 

大野市議会 1985-03-10 03月10日-代表質問、一般質問-02号

運動部活動は、各学校における顧問教員等の取り組みに支えられ、多くの成果をもたらしてきました。現在の校内の教員では、いろいろなスポーツ種目の技術的な指導を行うことは不十分なスポーツ種目もあると聞いています。教員指導を行えない場合などには、外部指導者の協力を得ることも効果的であると考えます。運動部指導者の現状と外部指導者の受け入れについての見解をお伺いします。 

大野市議会 1981-11-28 11月28日-議案上程、説明-01号

学校給食は、教員栄養士・調理員が協力して作り方、献立の組み合わせなどを検討し、議論してこそ初めて、安全でおいしいものができます。献立を作るときに委託業者の調理員も加わって議論しながら、給食を作るというのは偽装請負となって違法になります。 他県では、民間委託された学校を調査した結果、手間の掛かる献立がなくなったり、同じ献立が繰り返されている、そういうことが判明しております。

大野市議会 1975-12-02 12月02日-議案上程、説明-01号

中学校においては、在校生が100人に満たない学校が出てきており、教員の配置やクラブ活動に影響が出てきております。子を持つ親や関係団体の意見を聞く審議会等を設けて、学校再編計画を早期に見直していくよう要望致します。 最後になりますが、5日間の審査を通じて、不用額が発生した事業が多く見受けられました。

大野市議会 1974-07-22 07月22日-一般質問-02号

また、県に対しましては、授業などにおけるICT活用を円滑に進めるため、教員のICT活用を支援するICT支援員の配置を強く要望しているところであります。 次に「生徒1人1台のタブレットを配置、運用するコスト」についてお答え致します。 

大野市議会 1974-07-02 03月12日-代表質問、一般質問-02号

中央教育審議会では、10年ごとの講習の受講による教員免許の更新制を答申しましたが、再生会議ではさらに厳格な修了認定の実施を求めております。教員免許更新制の背景には、全国的に教員の不祥事や不適格教員の問題が起こり、教員に対する信頼が大きく損なわれている事態があります。教育行政を預かる者としまして、本当に心が痛む思いであります。  

大野市議会 1970-07-24 07月24日-一般質問-03号

中学校といたしましては、生徒の要望に応え、多様な部を設置したいところではありますが、生徒数の減少と、それに伴う教員数の減少により困難な状況であります。 近年では、開成中学校や陽明中学校の規模の学校でさえチーム編成ができず、単独で大会に出場することが困難な部があると聞いています。 

大野市議会 1968-09-04 09月04日-議案上程、説明-01号

この拠点を利用し、9月14日から17日には、ゼミ合宿で30人近い学生らが本市を訪れる予定となっているなど、今後、教員や学生などがこの拠点を活用し、事業を進めていくと伺っております。 これを契機といたしまして、関西大学教員や学生が、地域と連携して、継続してまちづくりに取り組める環境づくりを進めてまいりたいと考えております。 次に、大野ポスター展について申し上げます。 

大野市議会 1968-03-07 03月07日-一般質問、討論、採決-04号

どもたちにとって、週29時間なり30時間は結構、大変な学習内容だろうなと思っておりますが、学校の1日の流れを見てみますと、朝の時間あるいは大休みの時間、昼休みの時間、適度にきちっとした休憩時間を取りながら学校が運営されておりますので、極端な心配はない、このように思っているところでございますし、それから教職員の働き方っていう観点から、それは過労につながっていくのではないのかなというお話もございますが、英語の専門の教員

大野市議会 1966-02-27 02月27日-議長の選挙、議案上程、説明-01号

また、複数の教員指導を行うティームティーチングや理解度に合わせた習熟度別少人数指導小学校高学年の教科担任制を進めるなど、一人一人を大切にした魅力ある授業づくりに継続して取り組んでまいります。 次に、小中学校でのICT機器の活用について申し上げます。 近年、情報化やグローバル化といった社会的変化が、私たちの予想を超えて加速度的に進展しています。 

大野市議会 1954-03-03 03月03日-議長の選挙、議案上程、説明-01号

まず学校再編についてでありますが、教育委員会では、平成16年度の大野市小中学校再編計画の策定から10年が経過し、本市の少子化傾向と相まって児童・生徒数の減少が進み、中学校では部活動数の減少や美術科などの専門教員の配置ができないなどの問題も生じてきていることから、学校再編は、早急に取り組まなければならない課題であると認識しております。 

  • 1
  • 2