12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野市議会 2018-03-16 03月16日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

理事者の説明では、消防車両については、災害現場で使えない状態であることを前提に更新をしており、消防車救助工作車など、消防関係の災害に使う車両については20年経過を基本に、非常備の消防団車両では25年経過を基本として更新することとし、不用となった車両は処分しているとのことでありました。 

大野市議会 2016-09-05 09月05日-議案上程、説明-01号

情報伝達や住民避難避難所の開設と運営、緊急物資搬送などに加えて、今回初めて、災害時に重機などの活動を止めて、一定時間静寂を保ち、要救助者の発する声や物音を聞くサイレントタイムを実施するなど、実践的な訓練を実施することができました。 暑い中、本訓練にご参加いただきました関係各位に対し、この場をお借りして厚くお礼を申し上げる次第であります。 

大野市議会 2014-12-01 12月01日-議案上程、説明-01号

凄まじい水蒸気爆発の模様がテレビ放送され、自衛隊警察消防の懸命な救助作業にもかかわらず、57人の方がお亡くなりになり、いまだ6人の方が行方不明となる戦後最悪の噴火災害となりました。 無念にもお亡くなりになられた方々に対しまして、心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆さま方に心よりお悔み申し上げる次第であります。 

大野市議会 1985-03-10 03月10日-代表質問、一般質問-02号

そのような中、先月、関東甲信越を襲った豪雪では、寸断された幹線道路、救援のための自衛隊の出動やヘリコプターによる被災者救助、そして市内の店舗から食料品が消える様子等の報道が連日流れ、大野市を襲った56豪雪をほうふつとさせるものでございました。そのような中、2月18日には、政府豪雪非常災害対策本部を設置し、対応に追われたところでございます。 

大野市議会 1980-11-27 11月27日-議案上程、説明-01号

これまで幾度も被災地をご訪問されてこられた両陛下は、退位等に関する皇室典範特例法が成立してからも国民に寄り添われる姿勢を貫かれ、今回のご訪問でも、農業被害や教育現場の状況、人命救助などに当たった関係者にもきめ細かい気配りをされるなど、そのお姿は被災者の方々のみならず、多くの国民の心に安らぎを与えられておられると感じております。 

大野市議会 1974-07-22 07月22日-一般質問-02号

最後に、自衛隊は、国防災害救助など、国民生命財産を守る非常に重要な任務を担っております。 東日本大震災では、10万人を超す自衛隊員が被災地に入り、災害救助災害復興に当たったことは、記憶に新しいところでございます。本市におきましても、過去に風水害雪害で救援、復旧などに大きな力を発揮していただいたところでございます。 

大野市議会 1970-07-24 07月24日-一般質問-03号

今回の地震と豪雨により、お亡くなりになられました方に、謹んで哀悼の意を表するとともに、被害に遭われました方々に、心よりお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げますとともに、救命救助また災害支援に携わっておられる関係者やボランティアの皆さま方に、深く敬意を表するところであります。 災害は、いつ起こるか分かりません。 

大野市議会 1949-05-30 05月30日-議案上程、説明-01号

この地震では、多くの自治体から応援職員が派遣されたほか、多数の自衛隊員警察官消防職員が被災地で救助や復旧作業に従事するとともに、平成25年に施行されました大規模災害復興法に基づく非常災害に初めて指定され、被災自治体が管理する道路港湾施設などのインフラ復旧事業を国が代行できるようになりました。 これらの取り組みを通じた被災地の一日も早い復興を願うものであります。 

  • 1