62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小浜市議会 2019-09-17 09月17日-04号

それに対して、小浜災害見舞金および被災者生活支援金支給に関する規則第7条第1項で、「市長は火災が被災者故意または重大な過失によると認定した場合は災害見舞金支給しない」と規定されており、それ以外は支給対象となるため、被災者宅が火元であっても、その原因被災者故意または重大な過失ではない場合は、支給対象となるとの答弁でした。 

大野市議会 2019-09-10 09月10日-一般質問-03号

滞納にならないようにするのが一番ベストでございますけれども、もしそのような事態が起きているようなことであれば、事前にその家の家庭の事情をですね、園を通じてお聞きするというようなことをさせていただきまして、もしそういうお困り事があれば、また福祉こども課の方にもご相談いただくようなこともさせていただきますし、もしですね、そういったことではなくて、故意的にですね、そういう滞納のようなことが進むようなことになりましたら

小浜市議会 2019-06-13 06月13日-01号

第14条は、故意または過失により施設等を損壊または滅失した場合の損害賠償について規定をしております。 27ページをお願いいたします。 第15条は、この条例施行に関し必要な事項市長が別に定める旨を規定しております。 附則でございますが、第1条で施行期日を、第2条で準備行為について規定をしております。 以上、6月定例会に提案を予定させていただいております条例改正等説明とさせていただきます。

勝山市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3号 3月 6日)

みずからの権限をきちんと発揮しようとする意識が強いが、故意に他の機関の意見を取り入れない傾向もある。これを変えるには、弁護士や医師、現職の警察職員児童相談所に配備する取り組みが有効ということで、これは県が今後取り組むべき課題と書かれてありました。  そして、国としては、実行ある具体策ということで、児童虐待防止に関する法改正をめぐって、体罰禁止規定懲戒権のあり方が論点となっています。

勝山市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第2号 3月 5日)

また、処遇改善費が一時金という形で支給されますと、支給額個人個人ばらばらで、支給額故意的になったり、本給に反映されないと実は持続的な改善にはなりにくいという問題もありますが、施設での処遇改善本給か、手当か、一時金か、どのような割合支給をされているのか、実情について説明を求めます。 ○副議長下道惠子君) 松井健康福祉部長。              

小浜市議会 2018-12-14 12月14日-03号

予防接種義務のなかった世代はある意味被害者とも言えますが、それよりも風疹予防接種をしてないということは、新生児の未遂の故意による殺人や傷害の加害者になり得るぐらい認識を持っていただきたいと思います。 そこで、今後風疹罹患予防に関する小浜市の周辺状況および対策についてお伺いいたします。 ○議長藤田善平君) 民生部次長佐々木君。 ◎民生部次長佐々木宏明君) お答えいたします。 

小浜市議会 2018-08-27 08月27日-01号

第15条は、故意または過失により施設等を損壊し、または滅失したものは損害を賠償しなければならない旨を規定しております。 第16条は、規則への委任事項を定めております。 附則でございますが、第1項で施行期日を、第2項で準備行為について規定しております。 以上、上程議案説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。 △質疑議長下中雅之君) これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。

小浜市議会 2017-12-14 12月14日-02号

こうやって読むとわかるんですけど、なかなか霞堤、うん、遊水地とわかったような気持ちで今までおりましたけど、こういうふうな構造が故意的に作ってあるというふうなことだと思います。それを理解しながら災害も見ていかなならんというふうに思います。 それでは次、具体的な対応事例や現在進行中の事案等についてお伺いをいたします。 ○議長下中雅之君) 産業部次長、岩本君。

勝山市議会 2017-04-28 平成29年 4月臨時会(第1号 4月28日)

がしかし、この誤りの原因は、先ほど申し上げましたとおり地方自治法238条の3の規程の不知によりまして、手続が可能との判断から工事を発注し、工事完成間際になって、ようやく公職選挙法に抵触するおそれがあるということに気がついたことによるものでありまして、故意ではなくて過失によるものとしておりますので、決して故意規定違反を犯したものではないと認識しております。

勝山市議会 2017-03-06 平成29年 3月定例会(第2号 3月 6日)

故意ではなく過失によるものではありますが、本来上記の法令を熟知していれば実施されなかったはずである工事を、結果的に施工してしまったということでございます。  このことによりまして、勝山市に損害を与えた山岸正裕氏に対し、民法第709条に規定された不法行為による損害賠償を求めているということはこれまで御報告しているとおりであります。  

敦賀市議会 2016-12-19 平成28年第4回定例会(第5号) 本文 2016-12-19

しかしながら、この中には、子ども広場に必要な職員を置くことができるとか、入場料個人は200円ですよという内容とともに、第17条に損害賠償として、「子ども広場に入場した者は、故意又は過失により施設附属設備器具等を汚損し、損壊し、又は滅失したときは、市長が定める額を賠償しなければならない」と、このような条項も書かれております。  そもそも条例とは一体何でしょうか。

福井市議会 2016-12-07 12月07日-04号

こうした最近の高齢者運転による事故を見る限り,故意ではないのは当然として,過失とも言いがたいケースが散見されます。 例えば,本人は普通にブレーキを踏んだつもりでも,その反応が遅くなったため間に合わなかったことや,間違えてアクセルを踏んだことが上げられます。また,認知症など高齢者特有の病気を患って起こした事故過失と言えるのかどうか判断が難しいところです。 

福井市議会 2016-02-29 02月29日-02号

それゆえ,窓口に訪れた相談者生活保護を受けられないという誤解を抱かせ,申請を受け付けないことは,故意でなくとも絶対にあってはなりません。 生活保護が必要な困窮した市民に生活保護申請できないと誤解を抱かせてはならないという認識があるかどうか,まず,答弁を求めます。 このような行き違いを防ぐためにも,生活保護申請用紙窓口に置いた上で相談を行うべきではないでしょうか。 

小浜市議会 2015-12-21 12月21日-04号

修繕の内容を問う質疑があり、これに対し、故意の場合は当然弁償を求めることになるが、今回はそういうものはなく、施設老朽化消防施設点検において指摘があった事項に対応するものであるとの答弁でした。 第10款教育費、第5項社会教育費、第6目文化財保護費旭座整備事業補正予算額2,770万円について。 旭座の基本的なスタイルは畳なのか椅子なのか。

福井市議会 2015-11-11 11月11日-04号

そういった環境を故意につくることが,今,行政に求められております。 また,本県の育児休業取得割合が,女性88.4%に対し,男性は1.6%です。広島県は,県が率先して男性育児休業取得を推進したところ,2007年に0.6%だったのが,2012年には7.2%に上がりました。また,日本生命保険相互会社という大手保険会社は,会社を挙げて男性育児休業取得を推進したところ,100%を達成したとのことでした。

おおい町議会 2015-09-10 09月10日-02号

情報漏れを危惧することについては、新聞報道もなされておりますけれども、内閣官房社会保障改革担当室ですか、これに聞きますと、漏えいは想定せざるを得ない、職員故意情報を漏らした場合は罰則を設けています。とまあ何とも心もとない答えが返ってきたとある報道誌が伝えております。 もしサイバーテロ等によって情報漏れた場合は、年金情報漏れとは比べ物にならない打撃となります。

越前市議会 2015-09-04 09月07日-03号

こうやってちょっと故意的に矢印をつけましたが、非常に近年ここ四、五年増加の一途をたどっております。こういうふうな、これは県内の状況でございます。非常に大変な状況が続いてきております。そのような中で、188番という悪徳商法に関する電話相談窓口を案内する消費者ホットラインとして局番なしの電話番号での案内が消費者庁のほうから発表され、この間7月1日から始まっています。