114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2019-09-09 令和 元年 9月第421回定例会−09月09日-02号

この思いは非常に長い話になるので省きますけれども、それほど日本の女性活躍は、世界各国のジェンダーギャップ指数でも毎年経済フォーラムが調査して報告しているんですが、依然として低いんです、最下位クラスなんです。そういうことも含めて、この3本柱の提起の中で女性活躍をうたい上げた、これは大変大きいと思います。  

鯖江市議会 2019-08-28 令和 元年 9月第421回定例会-08月28日-01号

次に、農業振興についてでありますが、ことしは梅雨明けが遅く、一時期天候不順があったものの、その後、日照は十分に確保され生育は順調に進んでおり、作況指数は100で、平年並みとなる見込みで、「いちほまれ」につきましても市内での作付面積は40ヘクタールで昨年の1.3倍となり、早ければ来月中旬には刈り取りできる見込みとなっております。

鯖江市議会 2019-03-15 平成31年 3月第417回定例会−03月15日-04号

その報道によりますと、内閣府が7日に発表しました1月の景気動向指数、2015年を100とみなしているわけでありますけれども、その速報値が、景気の現状を示す一致指数が前月比2.7ポイント低下をし、97.9であったと。3カ月連続でもって悪化をしていたと。また、内閣府中国経済の減速を受けて、日本国内の景気が後退局面に入った可能性がある。

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

そういう実態の中で、今、国のほうとしては、世界経済フォーラム、WEFの去年12月に発表されたジェンダーギャップ指数ですね、男女共同参画の指数では、やっぱり149カ国中110位ということで、全く進んでいないということで、国のほうも、何かいろいろな面での地方でのロールモデルというのは非常に望んでいるんですね。  

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

そして、その部分を含めると、積み立てしていく余裕はなかなかないのではないかとは思いますけど、普通、財政調整基金というのが財政力の指数の低いところほど一般財源の安定性は高く、一般財源変動に備えるための財政調整基金に対する必要性は低いと考えられますね。もうほとんど補助金でいくんやという形ですから。

鯖江市議会 2018-08-29 平成30年 9月第415回定例会-08月29日-01号

次に、農業振興についてでありますが、今年産の大麦につきましては、昨年秋の台風や今年2月の豪雪の影響により、収量は例年の約4割となりましたが、米の作柄については、7月に台風などの天候不順があったものの、今年度から本格生産となりました「いちほまれ」を含め順調に生育が進んでおり、作況指数は102の「やや良」となる見込みです。  

鯖江市議会 2017-12-11 平成29年12月第412回定例会−12月11日-02号

これは非常にびっくりしたんですが、それともう一つ、その1カ月前にはちょうどジュネーブの会議、世界経済会議、あそこでやりましたジェンダーギャップの指数というんですか、あれが出ておりましたが、あれも144カ国のうち日本は114位でした。きのうもまた帝国リサーチか何か新聞に出ていましたが、女性の起業者、何と福井県は全国で46位と出ていました。

鯖江市議会 2016-12-12 平成28年12月第407回定例会−12月12日-02号

これは、財政指数地方税収入額、課税対象所得額などがありますが、鯖江市は427位と最も弱い分野と言えます。市民所得を伸ばすには、やはり安定した企業を誘致する、鯖江ブランドを確立し、観光客を呼び込む、地場産業の活性化を図るなどの幅広い取組が必要と思われます。  そこで、お伺いします。

鯖江市議会 2016-09-06 平成28年 9月第406回定例会−09月06日-03号

また、こちらも、先ほど、議員から御指摘ございましたけれども、経常収支比率や財政指数といった指標につきましても、目標は既にクリアをしておりまして、また、本市が抱えている財政的な負担を示す実質公債費比率や将来負担比率につきましても、国が法律で定めておる早期健全化基準をクリアするなど、良好な財政状況を保つことができていると考えております。  

鯖江市議会 2016-09-05 平成28年 9月第406回定例会−09月05日-02号

昨年度は計画策定というものが主でありまして、本年度から本格的に動き出した施策もある中で、まだ十分な評価というものは非常に難しい時期であると認識をしておりますけども、この中で、KPI(重要業績評価指数)というものがお示しをされまして、先日、鯖江市総合戦略推進会議にも説明が行われたということでありますけども、まず、この示されたKPI(重要業績評価指数)、この結果について、市としてはどのように捉えているのかお

鯖江市議会 2015-09-02 平成27年 9月第402回定例会−09月02日-01号

平成27年産米の本県の水稲作指数は、8月15日現在、「やや良」と見込まれています。平成22年度よりブランド化に取り組んでいますさばえ菜花米は、年々作付面積が拡大しており、今年は30.9ヘクタールの圃場で栽培されていますが、平成28年産米の作付面積は約33ヘクタールが予定されており、市では40ヘクタールを目標に生産拡大を図ってまいります。

鯖江市議会 2014-12-09 平成26年12月第398回定例会−12月09日-03号

なお、収量につきましては、水稲でございますと、現在本県嶺北地方の予想収穫量といたしまして、1反10アール当たり510キログラムで、作況指数につきましては、5年ぶりのやや不良の98というふうにされてございます。また、全量JAへ集荷されております大麦につきましては、10アール当たり297キログラムが収穫をされております。  そういった状況でございます。 ○議長(末本幸夫君) 山本敏雄君。

鯖江市議会 2013-11-27 平成25年12月第394回定例会−11月27日-01号

次に、農業振興についででありますが、平成25年産米の作柄は、北陸農政局の発表では、予想収穫量は10アール当たり532キログラムという結果となり、作況指数は、やや良の102となりましたが、主力のコシヒカリでは、収穫前の暴風雨による倒伏で乳白米の発生がふえるなどの品質低下を招き、JA拠出量に占める1等米の比率は、残念ながら前年比14.5%減の82.1%という結果になりました。  

鯖江市議会 2013-09-10 平成25年 9月第393回定例会−09月10日-03号

地方交付税財政指数についてをお聞きしたいと思います。  まず最初に、財政指数について説明をさせていただきたいと思います。財政指数とは、地方公共団体財政力を示す指数ですが、この財政指数が1.0を上回れば、自主財源の割合が高く財政力が強い団体ということになり、1を超える団体は普通地方交付税の交付を受けられないとなっています。不交付団体ということになります。