55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鯖江市議会 2018-12-21 平成30年12月第416回定例会−12月21日-05号

次に、議案第97号 鯖江市都市公園等における指定管理者の指定についてでございますが、選定委員会の審査の結果、候補者の持つノウハウ、技術を生かした実務的な判断と地域貢献の配慮が伺えること、また、自主事業を展開する中で、来園者の増加や都市公園のPRにも期待し、候補者として選定したとの説明がありました。

福井市議会 2018-09-05 09月05日-04号

応援隊は,水道事業に精通している職員技術で構成されており,被災地の早期の復旧に向け支援活動を行っております。 また,中部地方支部主催の大規模災害を想定した合同訓練に本市も継続して参画しており,相互の連携を深めるとともに,大規模災害に備えた危機管理体制のさらなる強化を図っているところでございます。 

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

というのはかねてから望まれていたわけでもございますし、それから、今私のところが進めているオープンデータによるITのまち、これはサテライトオフィスの事業所なんかもかなりこちらの方に来ているわけでございますけれども、やはり魅力というのは、プログラマーの養成、システムエンジニア等の養成、そういうようなものを主管にしておりますので、とにかく私のところが今やっております50年先を見据えた人材育成、そういったIT技術

鯖江市議会 2017-09-11 平成29年 9月第411回定例会−09月11日-02号

プログラマーというIT技術が非常に不足しているので、首都圏人材を求めるのが非常に困難になってきているんです。それで、地方東京と同じ、いわゆる首都圏と同じ条件雇用の場をつくれば、地方から出ていった学生さん、雇用の場があれば必ずUターンしてきます。東京と同じ条件ですから。東京と同じ条件であれば最低賃金で大体108円違いますから給与の点で5万から7万円違うんです。

鯖江市議会 2016-12-13 平成28年12月第407回定例会-12月13日-03号

現在の総合戦略におきましても、今ほど、申し上げました既存の技術集積を生かした新産業の創出とあわせまして、既存産業の高度化を一番に掲げ、地域企業技術活力の向上、成長分野への進出や異業種展開を促進することで、さらなる地域の発展、経済の活性化を図ることとしております。  また、昨今、市内の企業経営者の方から、人手が足りないということをたびたびお聞きもしております。

鯖江市議会 2015-03-09 平成27年 3月第399回定例会−03月09日-02号

産業環境部長(中村修一君) 体験型のIT学習施設でございますかね、そういったものの整備の御提案かと思いますけども、鯖江市につきましては、オープンデータの先進地でもございますし、それから、最近、IT、すごく全てのものがインターネットにつながるという中で、プログラムをする、いわゆるIT技術の不足というのがすごく問題になっております。

鯖江市議会 2013-12-10 平成25年12月第394回定例会−12月10日-03号

3番が技術が不足している。4番が工事規模および工期が非常に短いということがございまして、そんな中で不調というのがあると言われております。私はこれぐらいしか調べられなかったんですけども、もちろん本市としましても、きちっとした調査をされておると思いますので、この不調というのはどういうことなのかということを先にお聞かせいただきたいと思います。 ○副議長(佐々木勝久君) 池田副市長。

鯖江市議会 2013-05-28 平成25年 6月第391回定例会−05月28日-01号

このオープンデータへの取り組みをより広めるため、今月10日には自治体やIT技術を対象にした、福井オープンデータ&ご当地アプリ開発プロジェクト・キックオフセミナーが開催され、世界や日本の流れが紹介されるとともに、本市の取り組みも紹介し、オープンデータを普及するための課題などが議論されました。

鯖江市議会 2009-12-09 平成21年12月第375回定例会−12月09日-03号

次は、技術育成と登用についてでございます。  団塊の世代における大量退職者の時代を迎え、それを受け、水道事業に高い水道技術に精通した職員育成や登用を長期的に見た場合、どのように考えていらっしゃるのか御意見をお聞かせください。 ○議長(山崎文男君) 都市整備部長 田中憲男君。

鯖江市議会 2009-09-09 平成21年 9月第374回定例会−09月09日-03号

都市整備部長(田中憲男君) 国の補助制度を使って、耐震化の相談窓口の設置や耐震診断技術育成によりまして、耐震化の促進やアドバイス等ができないかという御質問でございますが、御案内のとおり本年4月の機構改革で、建築関係の専門業務を一元的に行うために都市整備部内に建築営繕室を設けられたところでございます。  

鯖江市議会 2007-05-31 平成19年 6月第362回定例会−05月31日-02号

現在、当市における建築技術はどうなっているのか。鯖江市には昔は建築専門の職員がいて管理・監督をしていたんですけど、現在どうなっているのか。これもお尋ねいたします。  また、今後のために当市の監督管理室を設置して、そういうことのないことを考えるのかお尋ねいたします。  一応九つについてお尋ねいたします。  次に、鯖江市の上水道について。  

鯖江市議会 2006-06-14 平成18年 6月第357回定例会-06月14日-03号

そこで、産地における伝統的工芸品製造の実態と技術育成についてのご見解をお聞かせいただきますようにお願いをいたします。  次に、4点日の「継体天皇即位1500年」記念事業につきまして、お尋ねをいたします。  午前中に木村議員より、この点につきましては質問がありましたが、私は特に行政の産地振興との連携方針につきまして、特に重点的にお聞きをいたします。