33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鯖江市議会 2020-03-03 令和 2年 3月第423回定例会−03月03日-03号

影響が長期化すれば、雇用所得環境が悪化し、景気後退に拍車がかかるおそれがあるとの見方を示しました。  県は、新型コロナウイルスによる肺炎感染拡大影響で、県内の主要38宿泊施設で、28日現在、延べ3万1,200人のキャンセルが出ているとし、1・2月分で延べ1万800人、3月以降分で延べ2万400人に上り、経済損失は約6億円に上ることを明らかにしました。

鯖江市議会 2019-08-28 令和 元年 9月第421回定例会-08月28日-01号

北陸財務局福井財務事務所が、先月30日に発表した福井県内経済情勢によりますと、県内経済は、雇用所得環境改善が続く中、各種政策効果もあり景気が緩やかに拡大しつつあるとの見通しを出しておりますが、海外経済の不確実性人手不足企業への影響に注視する必要があり、本市におきましても、平成30年度の税収は前年度と比較して伸びてはいるものの、依然として大きな伸びは期待できない中、今後も高齢化進展等による

鯖江市議会 2019-03-04 平成31年 3月第417回定例会-03月04日-02号

平成31年度の予算におきます個人市民税9,200万円増収の要因についてのお尋ねでございますけれども、福井財務事務所公表平成31年1月の県内経済情勢によりますと、県内経済は緩やかに拡大しつつあるとのことでございまして、経済の上向きに伴いまして、企業生産が緩やかに拡大しており、雇用所得環境改善しているというふうにされております。

越前市議会 2019-02-20 02月20日-01号

1月29日に発表された内閣府の月例経済報告では、景気は緩やかに回復しているとしており、先行きについては雇用所得環境改善が続く中で各種政策効果もあって緩やかな回復が続くことが期待される、ただし通商問題の動向世界経済に与える影響中国経済先行きなど海外経済の不確実性金融資本市場変動影響に留意する必要があるとしています。 

福井市議会 2019-02-18 02月18日-01号

国の経済動向ですが,10月に消費税率の引き上げが予定される中,各種施策効果もあって雇用所得環境改善が続き,内需を中心とした堅調な景気回復が見込まれることから,平成31年度の国内生産実質成長率は1.3%,名目成長率は2.4%程度になるとされています。このような状況を踏まえ,国の平成31年度一般会計予算案は当初予算としては初めて100兆円を超える総額101兆4,571億円となっています。 

鯖江市議会 2018-03-05 平成30年 3月第413回定例会-03月05日-02号

平成30年度当初予算編成方針の中で、国の経済状況および動向として「我が国の景気は、緩やかな回復基調が続いているとされており、先行きについては、雇用所得環境改善が続くなかで、各種政策効果もあって、緩やかに回復していくことが期待されるが、海外経済の不確実性金融資本市場変動影響に留意する必要があるとしている」とあります。  

越前市議会 2017-11-29 11月29日-01号

内閣府が10月25日に発表した10月の月例経済報告では、景気基調判断を5カ月連続景気は緩やかな回復基調が続いているとし、先行きについては雇用所得環境改善が続く中で各種政策効果もあって緩やかに回復していくことが期待をされる、ただし海外経済の不確実性金融資本市場変動影響に留意する必要があるとしています。 

福井市議会 2017-02-21 02月21日-01号

国の経済見通しでは,未来への投資を実現する経済対策など各種政策推進等により,雇用所得環境が引き続き改善し,経済の好循環が進展する中で,民需を中心とした景気回復が見込まれることから,平成29年度国内生産実質成長率は1.5%程度名目成長率は2.5%程度になるとされています。 このような状況を踏まえ,国の平成29年度一般会計予算案は,前年度より0.8%増の97兆4,547億円となっております。

  • 1
  • 2