574件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井市議会 2020-12-17 12月17日-05号

それは請願にも触れられているように,戦前,戦争に反対する学者の学問,言論を弾圧し,異論は認めないと言って戦争へ暴走した過ちの歴史から,日本政府が学び取った教訓だったからです。学術会議人事に介入することは,これまで形式的任命と言ってきたことと矛盾し,学問の国家と政治からの独立と自由を明らかに侵すものです。 

大野市議会 2020-12-17 12月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

陳情にもありますように、政府与党核兵器禁止条約への不参加を表明し、その理由として世界唯一戦争被爆国である日本こそ中立的な立場から、核保有国と非保有国との橋渡し役を果たしていくべきとの方針を示しております。 公明党は来年1月22日の発効が決まった核兵器禁止条約に関しては、核兵器を違法とする初めての国際法規範であり、大きな意義があると考えております。 

福井市議会 2020-12-07 12月07日-02号

唯一戦争被爆国である日本委員会議に参加せず,その場にいませんでした。国連の議場の日本の席には誰が置いたのかは分かりませんが折り鶴が置かれており,その翼には「あなたがここにいれば」と英語で書かれていました。 この核兵器禁止条約日本時間の今年10月25日未明,批准した国・地域が50に達して,条約の規定により来年1月22日に発効することが確定しました。

大野市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

核兵器禁止条約に対して政府は、日本唯一戦争被爆国であることから核兵器禁止条約が目指す核兵器廃絶という目標を共有しているものの、北朝鮮の核、ミサイル開発による日本及び国際社会の平和と安定に対する重大かつ差し迫った脅威を踏まえ、国民の生命と財産を守る責任を有する立場があります。 したがって、現実の安全保障上の脅威に適切に対処しながら地道に現実的な核軍縮を前進させる道筋を追求することが必要です。 

勝山市議会 2020-12-07 令和 2年12月定例会(第2号12月 7日)

核の傘に依存して、唯一戦争被爆国でありながら、核兵器禁止条約に背を向け続ける日本政府に対し、国内外からおかしいのではないかという批判と失望の声が続いています。この核兵器禁止条約の参加を求める意見書を採択した自治体は、全国で500近くに上ろうとしています。正確には480幾つでしたか、それぐらいになろうとしています。  考え方ですが、朝な夕なに市内に流れるクマのアナウンス。

小浜市議会 2020-09-17 09月17日-04号

冷戦の真っただ中、ソ連によるキューバへの核ミサイル配備を巡り、アメリカソ連の全面戦争の一歩手前まで至りました。最終局面で沖縄からソ連に向けて核ミサイル発射命令が出されましたが、寸前で回避されました。 ベトナム戦争が激烈だった1960年代後半、アメリカは幾度か核兵器を使用しようとしましたが、世界の世論がそれを阻止いたしました。 平和のために核兵器が必要だという核抑止力論があります。

勝山市議会 2020-09-15 令和 2年 9月定例会(第2号 9月15日)

歴代政府が禁じてきた集団的自衛権の行使を、安倍政権閣議決定で勝手に憲法解釈を変更して、安保法制戦争法を強行し、内閣法解釈を担う内閣法制局長官容認派にすげ替えるという禁じ手人事まで使いました。  秘密保護法拡大盗聴法共謀罪法など、憲法原則の人権・民主・平和に反する違憲立法を次々と強行し、どれも国民を監視し、戦争する国造りに直結する治安立法でした。  

大野市議会 2020-09-07 09月07日-一般質問-02号

ここへ来て、米中の貿易戦争は治まるどころか、企業攻撃、最近はミサイル発射などと伝えられておりますが、日本サプライチェーンで少なからず影響があり、米中貿易戦争は1日も早い終息をと思うばかりでございます。 この時期になるといつも私思うのですが、戦後75年がたちます。 戦没者慰霊祭広島長崎で行われました。 

鯖江市議会 2020-09-01 令和 2年 9月第426回定例会−09月01日-03号

たち公明党も、75回目の終戦記念日に、全国各地でさきの大戦で犠牲になられた全ての方々に心から哀悼の意を表し、そして、75年前の同じ8月、6日に広島、9日に長崎に原爆が投下され、平和がいかに大事か、戦争がいかに残酷なものかを学び、戦争遺構や戦争の記録を後世に残し、次世代に伝えていくことの大切さを街頭演説等で訴えさせていただきました。  

敦賀市議会 2020-06-16 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 2020-06-16

皆さんも御覧になられたと思うんですが、「少な過ぎる、遅過ぎる」という意味で、今から30年前の湾岸戦争での日本対応アメリカが不満をあらわにしたとされる言葉です。あまりふさわしい例えではないですが、必要なときにしっかりと必要な対応をしなければならないといったもので、今回、敦賀市の新型コロナウイルスに対する対応がこのようなものであったと感じるのであります。  

勝山市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会(第2号 6月15日)

戦争は、宗教対立などでも発生しますが、大本は経済的な問題で発生する、これが原因です。  コロナ問題は、戦争に例えられますが、戦争が勃発すると、自粛どころか様々な行動が禁止され、コロナ不況影響を見ますと、戦争が決着する前に経済が破綻し、爆撃で都市機能も破壊されて復興するにも大損害になることは容易に想像できます。こんな犠牲を覚悟してでも、軍事で国際紛争を解決するのがまともな判断なのでしょうか。  

大野市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

アメリカ発貿易戦争は、中国との対話が進むと思いきや、コロナウイルス対策貿易戦争一時停戦と民主党候補がバイデンになるのかサンダースになるのか、各州の投票結果を気にしつつも遊説で1期目の成果を強調しているようでございます。 日本においても、桜もそっちのけで令和2年度の予算を賛成多数で衆議院可決、過去最高額予算であります。 3月4日は折しも、国際女性デーであります。 

敦賀市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-10

この4人が戦争でそろったのがこの金ケ崎、それから滋賀県の姉川、それから長篠。三河の新城市です。それから桶狭間。これが4人がそろったところだということなんです。ちゃんとした歴史があるわけなんですよ。  十数年前に私、委員会視察新城市へ行ったときに、新城市は三英傑がそろったまちということで大々的な宣伝をしているんですよ。光秀が抜けたんですけれども、信長、秀吉、家康、三英傑がそろったところ。