384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第4回定例会(第5号) 本文

二度と戦争はしない、戦争のための武器は持たないと誓った日本国憲法に反するもので、このようなかがの入港を快く思っていない市民が少なからずいる中、観光として予算化することについては賛成できません。  市道西浦2号線整備事業費2億8400万については、電力会社が全額負担して整備するもので、原発依存の事業としてこれまでも反対してきました。  そもそも市道西浦1号線、2号線は、もともと県道でした。

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

また、自衛隊の求めに応じて、住民基本台帳の開示は、自衛隊法によるとの説明でしたが、自衛隊法97条や同施行令120条は、求めることができるだけであって、自治体協力する義務存在しないし、市民個人情報の提供は、憲法13条や市の個人情報保護条例に違反していることを指摘しておきます。  

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

議員ご承知のとおり、日本国憲法は、その前文と第1条で国民主権を明記し、平和主義基本的人権の尊重とともに、日本国憲法の三大原則の一つとされています。  一方、憲法第92条では、地方公共団体組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定めると規定しております。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

さらには、生涯学習の理念、第3条、私立学校、第8条、家庭教育、第10条というように全てに国が関わってくるなど、新教育基本法は、本質において五つの憲法的な違反問題が本質的に浮かび上がっているのではないかといわれていますので、この点について教育長の見解を質問したいと考えています。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

地域福祉計画は、敦賀市子育てから高齢者介護障害者支援等、福祉政策を実施していくための憲法とも言えると担当の所管の方も言われていました。まさにいい言葉だな、本当にそのとおりだと思いました。第3期の総括をしっかり行いながら第4期地域福祉計画作成に取り組んでいただきたいと考えます。  この質問は以上で終わります。  次に、子育て支援について質問いたします。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

1946年に、新しい憲法のもと女性参加選挙が行われ、その翌年には、参議院選挙で福井から奥むめお先生を初め、全国で10人の女性議員に当選されました。私も奥むめおさんの著書はバイブルにしております。県、市連合婦人会もこのころに結成され、戦後平和社会で、女性みずからが地位向上を目指し、男女共同参画社会の一員として頑張ってこられました。  

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

市営住宅は、憲法25条の生存権で住まいを保障するものです。公営住宅法目的として、国と自治体協力して、健康文化的な生活を営めるように住宅を整備し、低所得者に安い家賃で貸すことで国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与するとあります。  敦賀は民間の賃貸住宅、アパートがとても家賃が高いんですね。

大野市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会-12月03日−一般質問−02号

私たち全国民生存権保障した憲法、この憲法国民保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によってこれを駆使しなければならないということも、12条でうたっています。  私は、そういった点を強調して質問を終わりたいと思います。 ○議長(山崎利昭君)  以上で榮 正夫君の質問を終結いたします。  会議の途中でありますが、暫時休憩いたします。    

敦賀市議会 2018-09-13 2018.09.13 平成30年第3回定例会(第5号) 本文

民間の施設と違うところは、公共施設は住民に対して等しく基本的人権保障し、憲法保障している集会の自由表現の自由保障する場であるということです。指定管理者の導入で民間企業委託することによって、それが本当に守られるのか疑問です。そのため昨年12月議会敦賀市文化センター指定管理者制度の導入について反対しましたが、賛成多数で決まってしまいました。  

敦賀市議会 2018-03-20 2018.03.20 平成30年第1回定例会(第5号) 本文

国民健康保険は、憲法25条「すべて国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」とある生存権を遵守する立場から、1961年、市町村保険者となって住民の命、健康を守るために公的な医療保険加入していない住民の保険として制度化されました。  

鯖江市議会 2018-03-06 平成30年 3月第413回定例会-03月06日-03号

憲法13条でもって基本的人権が定められているわけですけれども、これは基本的人権といいますけれども、やっぱり人権を守るということは人格そのものですね。  その一番の中心点になっているというか、文書として出されているもの、公的な証明として出されているものは戸籍だというぐあいに思うわけです。

大野市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−一般質問−03号

一方、2018年度予算案は、一般会計総額97兆7,128億円と過去最大となり、28日衆議院で可決され、憲法の規定によって年度内予算成立する運びとなります。  しかし、予算案では高齢化で膨らむ一方の社会保障費は過去最大となり、また核開発を続ける北朝鮮の脅威による防衛費も5兆1,900億円と過去最大となり、政府財政健全化の道のりは、遠のく一方ではないかと危惧しているところであります。  

小浜市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月14日−02号

国は少子化対策として幼児教育保育高等教育の無償化などを盛り込んだ、人づくり革命と生産性革命の2本柱の新しい経済政策パッケージを閣議決定しましたが、幼保の続きであります小中義務教育については何も言及せず、このままでよしと考えているのかもしれませんが、義務教育なら、憲法24条で「全ての国民法律の定めるところにより、その能力に応じて等しく教育を受ける権利を有する。

鯖江市議会 2017-12-12 平成29年12月第412回定例会−12月12日-03号

生活保護制度目的基本原理についてのお尋ねでございますが、生活保護制度生活保護法で定められておりまして、日本国憲法第25条に規定する「すべて国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という理念に基づきまして、国が生活に困窮する全ての国民に対しまして、その困窮の程度に応じ必要な保護を行い、最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としたものでございます。