495件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

敦賀市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第4回定例会(第2号) 本文

世界平和を目指すのは誰も悪いことだとは言わないですけれども、実態が見えないんです。敦賀市主体ではないんですかと、どう見ても。  ほかのさっきも言いました美浜町、南越前町、長浜高島、米原で、ハーモニアスポリス構想についてどのような協議がされていて、どういうふうに今後地域間協調を目指してやっていこうというふうになっているのか。どんな状況なのか。

敦賀市議会 2019-05-24 2019.05.24 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文

すなわち、敦賀市監査委員には、   敦賀市鉄輪町1丁目8番4号    安 久   彰 氏   敦賀市平和町12番5号    中 村   淳 氏 でございます。  以上の方々は、それぞれ人格高潔にして経験もまた極めて豊かであり、委員として最適任と認められますので、ここに提案する次第です。  何とぞよろしく御同意賜りますようお願い申し上げます。 ◯議長(和泉明君) お諮りいたします。  

敦賀市議会 2019-03-19 2019.03.19 平成31年第2回定例会(第5号) 本文

また、本体工事に伴い移設する物件として、平和女神像は5月にプラザ萬象に移設する。植栽関係については専門業者に管理保管を依頼し、記念碑等は一旦浄化センターに仮置きし、新庁舎外構整備時に再び移設する。また、市民ホールの壁画については制作者の親族交渉中である。基本的には新庁舎に設置してほしいという要望をいただいている。

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

議員ご承知のとおり、日本国憲法は、その前文と第1条で国民主権を明記し、平和主義、基本的人権の尊重とともに、日本国憲法の三大原則の一つとされています。  一方、憲法第92条では、地方公共団体組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定めると規定しております。  

大野市議会 2019-03-11 平成31年  3月 定例会-03月11日−代表質問、一般質問−02号

四つ目は、前文平和文章を乗っ取って、正義文章が顔を出してきている危険性だといわれています。  平和文章は、戦争に置き換えることはできません。  しかし、正義文章は、正義戦争に変装することができます。  五つ目は、大学、第7条から、幼児期の教育、第11条。  

鯖江市議会 2019-03-05 平成31年 3月第417回定例会−03月05日-03号

県、市連合婦人会もこのころに結成され、戦後平和社会で、女性みずからが地位向上を目指し、男女共同参画社会の一員として頑張ってこられました。  これまでの歴史をつくってこられた先輩たちに感動し、感謝する今、女性活躍社会に求められるものは、社会全体の働き方改革であったり、価値観の変革ではないでしょうか。  

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

天皇陛下はお言葉の中で、「平成の30年間、日本国民平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代をもちましたが、それはまた、決して平たんな時代ではなく、多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。  世界は気候変動の周期に入り、わが国も多くの自然災害に襲われ、また高齢化、少子化による人口構造の変化から、過去に経験のない多くの社会現象にも直面しました。  

敦賀市議会 2018-12-18 2018.12.18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文

さらに、思いやりや優しい敦賀の市民性を子供たちに体現しながら受け継ぐ場として、命のとうとさや平和の大切さも学べるとても大切な施設であると期待をします。  この事業は、今までにそれぞれの分野の市民が多数参画してつくり上げた金ケ崎周辺整備構想の中にあって核となる位置づけの施設であり、市民の思いがこもったものです。  

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

教育審議官(鈴木和欣君) 中学校での授業でSDGsについて学ぶ機会をということでのお尋ねでございますが、中学校社会科公民分野で学習する4つの内容、1つ、私たちと現代社会、2つ、私たちと経済、3つ、私たちと政治、4つ、私たちと国際社会の諸問題、あるいは公民分野の目標であります「(3)国際的な相互依存関係の深まりの中で、世界平和の実現と人類の福祉の増大のために、各国が相互に主権を尊重し、各国民協力

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

新ムゼウムにつきましては、次代を担う敦賀の子供たちが平和のとうとさや命の大切さについてみずからのふるさとの歴史を通じて学び、体験することができる場でありまして、かつ観光客誘致の観点からも重要な施設であると考えており、財源のめどもできたことから行政において整備することとしたところでございます。  

敦賀市議会 2018-12-05 2018.12.05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文

また、笙の川西側の松原地区、平和町などは少しおくれているような気がいたしますので、今後、何らかの形で救っていただきたいなと。  これを要望して、私の質問を終わります。 ◯議長(和泉明君) 以上で本日の一般質問を終わります。   ──────────────── ◯議長(和泉明君) 次の本会議は、明日午前10時から再開いたします。  

鯖江市議会 2018-09-11 平成30年 9月第415回定例会-09月11日-03号

第3期は、「我が国における今後の教育政策の方向性」ということで、「改正教育基本法に規定する教育目的である『人格の完成』、『平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康国民育成』と、教育の目標を達成すべく『教育立国』の実現に向け更なる取組が必要」であるということでございます。

大野市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会-09月03日−議案上程、説明−01号

本追悼式は、先の大戦の犠牲者に思いをはせ、哀悼の意を表すとともに、平和への誓いを新たにするものです。  多くの戦没者の皆さまの尊い犠牲の上に今日の平和があり、そして現在のふるさと大野が築かれていることを参列者の皆さまとともに心に刻むことができましたが、戦争を体験された方々が年々少なくなっていく中、戦争歴史を後世に伝えていく必要性を痛感しています。  

敦賀市議会 2018-08-30 2018.08.30 平成30年第3回定例会(第3号) 本文

それも想定内だったんですけれども、そういうことも想定の中でやっておかないと、例えば敦賀でいえば平和町だとか新松島だとか両方から来たときにどうなるのだとか、そういうことも入れますと、本当に今の100年に一度の雨、あるいは80年に一度の雨というふうにこの中にありますけれども、想定外というよりも、もう想定の中に入っているということも含めまして、ぜひそのことを実行というか、その中に避難所も含んでしっかりしたものをつくっていただいて

大野市議会 2018-07-23 平成30年  7月 定例会-07月23日−一般質問−02号

 目標の7 エネルギーをみんなにそしてク       リーンに  目標の8 働きがいも経済成長も  目標の9 産業技術革新の基盤をつくろ       う  目標の10 人や国の不平等をなくそう  目標の11 住み続けられるまちづくりを  目標の12 つくる責任、つかう責任  目標の13 気候変動に具体的な対策を  目標の14 海の豊かさを守ろう  目標の15 陸の豊かさも守ろう  目標の16 平和