1678件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

セミナーで親子が話を聞いて終わるのではなく、受講後に例えば異常気象により発生が予測される災害をテーマに、自分たちでできる災害対策は何かなど、自分で考え、行動し、確認するというような、次につながることをしっかり見据えた上での事業としていただきたいという意見が述べられたほか、開催日程について、夏休みの前半、後半に分けて開催するなど、受講を希望する子どもたち全てが参加できるような工夫をしていただきたいなどの

大野市議会 2019-03-13 平成31年  3月 定例会-03月13日−一般質問、討論、採決−04号

土曜日につきましても、11時間開所することが基本ですが、園の都合ではなく、地域の実情に応じて、保護者の希望を確認した上で閉所又は開所時間の短縮をすることは、差し支えないとされています。  市内の保育所、認定こども園におきましても、基本的に土曜日は開所としておりますが、保護者に対し、保育の利用希望調査を行った上で、利用希望がなかった場合には、閉所又は開所時間を短縮する場合があります。  

敦賀市議会 2019-03-08 2019.03.08 平成31年第2回定例会(第4号) 本文

7万人入るというのは希望的なものだと思いますし、700万円の赤字であれば今のムゼウムと変わらないということでございます。そういう再検討をしていただいているということも含めまして、今後も検討を続けるということで予算の議案は可決されたという経緯でございます。あらゆることを検討し直すという条件のもと可決したと私は思っております。  

敦賀市議会 2019-03-07 2019.03.07 平成31年第2回定例会(第3号) 本文

根底にこういう思いがあって、この敦賀市の地域福祉計画がつくられることを希望いたします。  次に、平成16年度ごろ、先ほど申し上げましたけれども、第1期地域福祉計画が作成され、その当時は国からのガイドラインに沿って作成をされたことと思いますが、あれから15年経過しております。社会情勢もすっかり変わりました。先ほど部長もおっしゃられましたけれども。  核家族化し、地域力も高齢化して希薄になっている。

敦賀市議会 2019-03-06 2019.03.06 平成31年第2回定例会(第2号) 本文

私の身近な方で、お孫さんが希望する保育園に預けることができないとか、1人は希望する保育園に預けることができても2人目、3人目となるとほかの保育園に行かなければならなくて、仕事を持つ身として、保育園に送り届けるには幾つもの保育園に送り届け仕事に向かわなければならない大変な状況があると聞き及んでおります。  

大野市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会-03月04日−議案上程、説明−01号

子どもを産み、育てたいと願う皆さんの希望をかなえることができれば、出生率は1.8まで押し上がるとし、制約となってきた子どもたちの教育に係る負担を社会全体で分かち合うため、本年10月からの幼児教育・保育無償化を盛り込んだ子ども・子育て支援法改正案を閣議決定しています。  

大野市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会-目次

○ 大野市総合戦略の「(2)新しいひとの流れをつくる」の項目の基本的方向の一つに  「Ⅰ・J・Uターンの促進」が掲げられているが、特に都市圏に住む田舎暮らし希望者  に対する衣食住や働く場など、本市のサポート体制はどのように行われているのか伺  う。 

越前市議会 2019-03-01 平成31年 3月第 1回定例会

理事者からは、南越駅周辺の民間資本の進出を図るために民間企業にアンケート調査を行ったり、どのような希望や条件があるのか、市場調査を行っていきたいと考えているとの答弁がなされました。 さらに、ほかの委員からは、民間のコンサルに委託するという考えはあるのかとただされました。 

鯖江市議会 2018-12-11 平成30年12月第416回定例会−12月11日-03号

空家等に関する施策を総合的にかつ計画的に実施するための基本的な指針には、「空家等の所在地の周辺住民からの当該空家等に対する様々な苦情や、移住、二地域居住又は住み替えを希望する者からの空家等の利活用の申入れに対しても、市町村は迅速に回答できる体制の整備をすることが望ましい。」このようにも書かれております。  空家等対策協議会の構成員は、法律に精通する方など専門知識を有する方々で構成されていきます。

敦賀市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文

しかし、それでもなお今後工夫して少しでも持ち出しを削減することを強く希望いたします。  また、現存する人道の港敦賀ムゼウム、右側の項目ですが、これにしても管理運営を委託する港都つるが株式会社に、花火大会ととうろう流し及びミライエの一部費用も含めた金額が入っておりますけれども700万円もの委託料を支払っています。

敦賀市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文

ちなみに3月末時点で都内で約21万9000個配布されているとのことですが、このヘルプマーク、敦賀市内でも希望者がいるのですが、作成、配布の予定の有無をお尋ねいたします。 ◯福祉保健部長(山本麻喜君) ヘルプマークにつきましては、9月定例会におきまして豊田議員からも御質問をいただいており、先ほど申し上げましたとおり大変有効だと認識しております。  

大野市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会-12月04日−一般質問−03号

中野工業団地、春日野工業団地、1区画ずつまだ残っている土地がございますが、いずれの施設につきましても、団地の分譲可能な面積が小さいということで、大きい方でも1万9,000平方㍍、5,000坪程度ということで、今、現在、われわれがいろいろ企業さんとお話をしていく中では、非常に大きな土地を求めて一括で場所を取りたいというようなご希望をされている企業が非常に多くなっております。  

越前市議会 2018-12-01 平成30年12月第 6回定例会

││  しかし、平成30年5月31日時点における臓器移植希望者数が、心臓で684人、 ││ 肺で325人、肝臓で313人、腎臓で11,931人、膵臓で206人(日本臓器移 ││ 植ネットワーク)となっているなど、心停止後のものを含めても臓器提供数が必要数を ││ 大きく下回っており、その理由としてドナーや臓器提供施設数が少ないことが指摘され ││ ている。                                    

鯖江市議会 2018-11-28 平成30年12月第416回定例会-11月28日-01号

あわせて、農地中間管理事業を活用した農地の大規模化と汎用化、生産コスト低減にも継続して取り組むとともに、米の主食用以外への転換、大豆などの地場産物を用いた6次産業化への支援、吉川ナスやさばえさんどーむブロッコリーを初め、野菜全般を新たなブランド「さばえ野菜」としてPRするなど、希望の持てる持続可能な農業を目指してまいります。  

敦賀市議会 2018-11-27 2018.11.27 平成30年第4回定例会(第1号) 本文

第2産業団地につきましては、来年春に分譲地の一部区画の造成が完了する見込みとなったことから、当該区画への進出希望企業の募集を先月9日から実施しております。地元雇用の安定確保に資する企業の立地に向け、積極的な誘致に取り組んでまいります。  産業振興について申し上げます。