3530件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

越前市議会 2020-12-09 12月19日-06号

理事者からは、近年の市民税の税収等を見ても、個人市民税、固定資産税、そして法人市民税、いずれも堅調に推移しており、産業振興の効果は出ていると考えている、その上で今回の債務負担行為について、中期財政計画において将来負担比率等への影響を盛り込んで提示しており、今後も健全財政を維持できるよう努めていきたいとの説明がなされました。 

越前市議会 2020-12-05 12月06日-04号

最後に、市民プラザたけふについてお聞きします。 11月1日にアル・プラザ武生3階部分を改修しオープンしました市民プラザたけふですが、先般の市長答弁で既に4万人ものの来場者があったということで、大盛況の中央公園近隣のように人が集まりまして、中心地が盛り上がることを期待しております。 まず、市民団体や市民が利用できるスペースを兼ね備えた市民交流センターについてお聞きします。 

越前市議会 2020-11-28 12月03日-02号

総合窓口など窓口対応が改革されると聞いておりますが、訪れる市民が迷いなく手続や相談ができるようにするには、職員がこれまで以上に丁寧な対応を求められます。総合窓口の設置により何がどのように便利になるのか、お聞きをいたします。 近隣の自治体では窓口業務を民間に委託した例もありますが、市民からの評判も低く市民サービスの低下を招き、正職員負担も増加したと聞いております。

越前市議会 2020-11-28 11月28日-01号

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者奈良市長、河瀬副市長大蔵企画部長小森総務部長、川崎市民福祉部長小泉産業環境部長五十嵐産業環境部農林審議監伊藤建設部長渡辺今立総合支所長藤原企画部理事刀禰総務部危機管理幹蒲総務部理事産業環境部理事、山崎市民福祉部理事、出口市民福祉部理事教育委員会事務局理事児玉建設部理事企画部理事平野建設部理事産業環境部理事小泉建設部理事

大野市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

さらに委員からは、今後、市民に対して湧水文化を伝えていこうとする場合、これまでの産経建設部の水に関する取り組みをしっかりと環境基本計画の中に位置付けることも重要であるので、所管する民生環境部との連携を十分に図られたいとの意見が出されました。 次に、鳥獣害対策について申し上げます。 

福井市議会 2020-06-12 06月12日-04号

さらに委員から,約23万人の市民マイナンバーカードを未取得であるが,今後通知カードが発行されなくなることや,マイナンバーカード利便性などについてどのように広報していくのかとの問いがあり,理事者から,昨年度から市民課にマイナンバー専用窓口を設置したほか,市役所に出向かなくても交付申請ができるよう,全ての公民館に加え市内事業所にも出張窓口を開設するなど,普及拡大に努めているところであり,今後も継続して

福井市議会 2020-06-09 06月09日-03号

ホームページ,SNS以外の情報提供手段として市政広報速報性では劣りますが,市民の目に届きやすいツールだと思いますし,今後も注意喚起の役割を担っていくと思います。限られた紙面の中で市民に必要な情報を伝えるため,どのような点を工夫しているのか,お伺いします。 次に,新型コロナウイルス感染症から市民の生命と健康を守る方策について伺います。 

福井市議会 2020-06-08 06月08日-02号

例年は遺族市民ら約50人の参列となっていますが,屋外ではあるものの会場のスペースが限られていることもあり,本年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため市民の方への御案内は行わず,参列者を限定して執り行う予定です。 次に,福井戦没者追悼式についてですが,毎年8月15日に市民福祉会館で開催しており,昨年は遺族市民ら約200人が参列されました。 

福井市議会 2020-06-01 06月01日-01号

まず,市民の皆様におかれましては,新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,長期間にわたる外出自粛休業要請,そして学校の臨時休校等に御理解と御協力をいただき,心から感謝申し上げます。 さて,福井県においては,3月18日に初の感染者が発生して以来,継続的に感染が確認され,一時期人口10万人当たりの感染者数が全国1位になるなど大変厳しい状況が続きました。

大野市議会 2020-03-24 03月24日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

委員からは、東ティモールへの水支援が令和元年度をもって終了するが、これまでの水支援は多くの市民からの貴重な寄付により行えたものであることを認識し、東ティモールへの水支援の意義や活動を通じて醸成されたものを市民に還元し、健全な水循環まちづくりにつなげてもらいたいとの意見が述べられました。 

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 名簿 2020-03-23

久 伸 君   副市長    中 山 和 範 君  都市整備部長 小 川   明 君   病院事業管理者           水道部長   佐 野 裕 史 君          米 島   學 君   総務部長   池 澤 俊 之 君  敦賀病院                     事務局長   田 辺 辰 浩 君   企画政策部長 芝 井 一 朗 君  会計管理者  鈴 木 早 苗 君   市民生活部長

敦賀市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-23

新しく参入される方と以前からいらっしゃる方たちが連携し、しっかりと話し合いを重ねながらまちづくりを進めていってほしいとの意見、国道8号の2車線化については、市民の方から交通事故を心配する声も寄せられているが、空間の整備によって、いろいろな使い方で市民の方が楽しめるようになるとのことであった。

勝山市議会 2020-03-23 令和 2年 3月定例会(第5号 3月23日)

市民・国民の中の低所得者困窮は、ことしから始まったわけではなく、20年間のデフレによる経済悪化の中でも消費税が5%から8%に増税された平成26年以降の6年間は、特に顕著に低所得者困窮という傾向が出ていたわけです。しかも消費税は10%に増税され、今回のコロナパンデミックで株価の暴落、これによる経済悪化市民生活困窮に歯どめがかからないといった状況が予測されます。