14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

敦賀市議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第2回定例会(第1号) 本文

また、技術士法施行規則が改正され、2次試験の上下水道部門の選択科目でございます水道環境上水道及び工業水道に統合されたことにより、資格基準から水道環境削除するものでございます。  条文の改正でございますが、第3条第3号中「短期大学」の次に「(同法による専門職大学の前期課程を含む。)」

敦賀市議会 2015-12-11 2015.12.11 平成27年第5回定例会(第4号) 本文

水源涵養機能を高めるための財源として、上水道料金に上乗せし水道資源保全基金を導入したらどうかとの提案でございますが、敦賀市上水道の水源は地下水でありまして、地下水工業水道や一般家庭等でも広く利用されています。そのため財源を上水道料金に上乗せするということは上水道の利用者だけから徴収することになり、負担の公平性の観点から困難であると考えています。  

鯖江市議会 2006-12-01 平成18年12月第360回定例会−12月01日-01号

次に、日野川地区工業用水水源負担金についてでありますが、当市の責任受水量はどのようになっており、今後の有効活用はどのようにするのかとの質疑があり、これに対して、日野川地区工業用水の鯖江市の責任受水量は1万トンであり、今後の有効活用については、今年5月に福井県・越前市・鯖江市が一体となって、工業用水の利用促進のために日野川工業水道事業推進協議会を設立し、用水型企業の誘致促進など、事業化に取り組んでいるとの

鯖江市議会 2006-09-12 平成18年 9月第359回定例会-09月12日-02号

それから、今後の対応でございますけれども、今年の5月に県と、それから越前市、私どもと三つの自治体で、日野川地区工業水道事業推進協議会というものを設立いたしまして、この協議会を中心に工業用水利用の事業化に今後努力をしてまいりたいというふうにしております。 ○議長(玉邑哲雄君) 教育長、今立善教君。

敦賀市議会 2005-03-24 2005.03.24 平成17年第1回定例会(第5号) 本文

次に、第23号議案 平成17年度敦賀市産業団地整備事業特別会計予算については、主な質疑として、工業水道調査の調査内容について質疑がありました。回答といたしまして、当団地は全体で1440立米までしか上水道供給できない。一昨年前くらいから大量の水を使いたい企業があり、雇用等の理由もあったが、供給できないということでお断りしたケースがあった。今後こういったケースは考えられる。  

鯖江市議会 2004-12-24 平成16年12月第348回定例会−12月24日-04号

商工費で日野川地区工業水道水源建設負担金が計上されているが、施設が完成すると、鯖江市も工業用水を責任受水量により受水しなければならないと思うが、需要はあるのかとの質疑があり、これに対して、技術革新により、水を再循環して使用したり、業態変化などにより工業用水の需要は大幅な縮小を余儀なくされている。これを踏まえ、責任受水量の削減や水価の抑制などを県に強く要望しているとの答弁がありました。  

越前市議会 1994-08-02 08月02日-01号

                              │└─────────────────────────────────────────┘┌─────────────────────────────────────────┐│             環境整備特別委員会の設置について             ││                                         ││  ガス事業、水道事業及び工業水道事業並

越前市議会 1992-08-03 08月03日-01号

                              │└─────────────────────────────────────────┘┌─────────────────────────────────────────┐│    環境整備特別委員会の設置について                     ││                                         ││  ガス事業、水道事業及び工業水道事業並

敦賀市議会 1990-03-09 1990.03.09 平成2年第1回定例会(第1号) 本文

また、工業団地計画で重要施設となる工業水道の調査についても、近畿通商産業局において本年度に実施される手はずとなりました。  今後は、土地利用計画樹立の上で詳細な地質調査が必要となりますが、国や県と緊密な協議のもと、補正予算で対処してまいりたいと考えております。  次に、港湾問題について申し上げます。  

越前市議会 1961-12-22 12月26日-07号

              ││      (各委員会審査結果報告)                       ││ 第16 議案第36号 平成17年度越前市簡易水道事業特別会計予算        ││ 第17 議案第47号 平成17年度越前市水道事業会計予算            ││ 第18 議案第48号 平成17年度越前市ガス事業会計予算            ││ 第19 議案第49号 平成17年度越前市工業水道事業会計予算

越前市議会 1961-03-14 03月25日-07号

                   ││ 第17 議案第 3 号 平成8年度武生市簡易水道事業特別会計予算         ││ 第18 議案第 5 号 平成8年度武生市下水道特別会計予算            ││ 第19 議案第13号 平成8年度武生市水道事業会計予算             ││ 第20 議案第14号 平成8年度武生市ガス事業会計予算             ││ 第21 議案第15号 平成8年度武生市工業水道事業会計予算

越前市議会 1948-08-04 08月04日-01号

                             │└─────────────────────────────────────────┘┌─────────────────────────────────────────┐│             ガス水道特別委員会の設置について             ││                                         ││  ガス事業、水道事業及び工業水道事業並

  • 1