14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鯖江市議会 2015-12-08 平成27年12月第403回定例会−12月08日-03号

また、人気度、これは寄附総件数で見ると人気度というのがあると思うんですけど、1位、宮崎県の綾町6万4,000余、2位が山形県天童市5万8,000件、3位が北海道上士幌町で5万4,000件余となっております。  ここでお尋ねしたいと思います。本市がふるさと納税を推進する意味合い、理由は何なのか、改めてお尋ねしたいと思います。 ○議長(末本幸夫君) 斉藤政策経営部長

鯖江市議会 2012-03-05 平成24年 3月第386回定例会−03月05日-02号

2月末現在、実際に受け入れてる都道府県は、東京青森山形の1都2県に過ぎないとの報道がありました。また、昨日の新聞でも全国の市区町村を対象にした調査で回答のあった自治体のうち、86%は何らかの理由で難色を示しているとの報道もありました。明日は我が身でございます。困っている自治体を助けるのは当然の善意義務だと考えます。

鯖江市議会 2011-03-09 平成23年 3月第381回定例会−03月09日-03号

それから、もう一つは、今、これまでは、魚沼のコシヒカリがおいしいお米だというふうに言われてきたんですが、今ほかの他産地で、ご存知だとは思いますけれど、北海道でもななつぼしとか、あるいは山形のつや姫とかですね。九州なんかでも熊本の森のくまさんとかですね。佐賀のさがびよりとか、こういったものが非常に、特Aの産地として脚光を浴びているんですね。

鯖江市議会 2009-03-10 平成21年 3月第371回定例会−03月10日-02号

参考までに、全国上位の都道府県を見ましても、福井県以外に、秋田県山形県、新潟県富山県石川県鳥取県といった日本海側勢が名を連ねていました。  この調査結果で、福井県が全国から注目を浴びています。先ごろ福井県に来られた橋本大阪府知事も、西川福井県知事に、「福井県に教えを乞いたい」とのお話も報道されておりました。  

小浜市議会 2002-12-09 平成14年 12月 定例会(第7回)-12月09日−02号

食生活の改善といえばそれまでですけれども、そういう面から見ていきますと、今小浜市が学校給食におきまして、今後どういうような方向に考えておられるのかということをお尋ねしていくわけですけれども、学校給食の発祥の歴史をずっと調べていきますと1889年、明治22年、山形県の鶴岡市で私立の忠愛小学校というところで始まったようです。

鯖江市議会 2002-06-20 平成14年 6月第327回定例会−06月20日-03号

これは、山形県の酒田市というところでございますけれども、そういうところもありますので、どうかひとつお考えをいただきたいなと、このように思っているところでございます。  合併問題につきましても、きのうから微に入り細に入り大変細々としたご答弁があったところでございますので、これ以上のことは申し上げるつもりはございません。  

鯖江市議会 2002-03-13 平成14年 3月第326回定例会-03月13日-03号

また、皆さんも御存じと思いますが、山形県の中学で男子生徒がマットに押し込まれて死亡した事件では、いじめの現場となった体育館に50人くらいの生徒がいて、ふだんよりはひどいなと気がついていたといいます。そのときのことを後悔して、いじめを知っていたのに何もしなかったと泣きながら電話相談にかけてくる生徒がいたそうです。  以上は、全国のほんの一例ですが、そこでお尋ねいたします。  

鯖江市議会 2000-03-17 平成12年 3月第316回定例会−03月17日-03号

ちょっと余談にはなりますが、昨年末の読売新聞に出ておりましたことですが、福祉のまちとして知られている山形県最上町では、福祉関係施設で働く職員給与総額が年間13億円に上り、基幹産業であるお米の収入が約10億円、だから、このまちでは、福祉がいわば第2の産業になっていますと。

鯖江市議会 1997-09-09 平成 9年 9月第303回定例会−09月09日-02号

1980年代に入って間もないころ、地方の小さな都市山形県の上山市と申しますか、で始まった情報公開制度がその意義と必要性から今や国に先じて地方ではほぼ根をおろしたと言われております。現在で情報公開制度を持った地方自治体は全都道府県合わせて1割を超す市町村、395余りの自治体に及んで普及をしていると言われております。

鯖江市議会 1994-12-14 平成 6年12月第288回定例会−12月14日-03号

先日の山形家裁で審判が下された中学生マット死事件、いじめの深刻さを改めて浮かび上がらせております。東京中野富士見中のいじめ自殺事件を初め、岡山県で5、9月に相次いだいじめ自殺、昨年北海道鉄道自殺した女子中生の例など、悲惨ないじめの死が起きるたびに荒涼とした現代子供たちの世界を見る思いがするわけであります。

福井市議会 1967-11-09 11月09日-03号

せんだっても会派の視察で宮城県大崎市山形県大江町の道の駅を見て回りました。3カ所を見て回りましたが,一番来場者数の多かったところでは年間360万人もの来場者があったそうでございます。当日も大変なにぎわいぶりでありました。もちろんそのようなまねはできませんが,360万人の二,三%でもの人が立ち寄ってもらえることで,地域の活性化にもつながってくるのではと思います。

  • 1